TAG

男性心理

男は「リアクション上手」な女に弱い

モテる女性はたいていはリアクション上手です。 男性が何か話した瞬間に、驚いてくれたり喜んでくれたり、悲しんでくれたり感心してくれる女性がやはりモテるのです。 たとえば飲み会などでも、男性は場を盛り上げよう、女性を楽しませようとかなり気を使っているのです。 だからこそ、何気ない話にも、「へぇ~!」とか「え、ほんとですか!?」というようなリアクションが返ってきたら、こちらの想像以上に男性は喜んでくれます。 逆に、男性が一生懸命話しているのに「それがどうしたの?」という顔をしていたり、うなづきさえして […]

「ワルなオトコ」は男性の憧れ

男性は誰しもワルイオトコにどこかしら憧れをもっています。 前科三犯とかの本物の悪党ではありません。 ちょっとした「不良」、「ワル」、「やんちゃなオトコ」というところでしょうか。 ワルだけれども仕事はきっちりこなし、部下のミスの責任もきちんと引き受ける、話せる上司であり、家庭も大事にする。 そしてセンスもいい。雑誌の記事などでも、“ワル”関連のものは多くの男性が密かに読んでいて、参考にしていることでしょう。 タレントでもちょっと“ワル系”に人気があったりしますよね。 ワルのアイテムとしては、バイク […]

プライドをくすぐるコトバ

一般的に、男性はプライドが高いといわれます。 ですから、プライドをくすぐることは、男心をつかむための基本中の基本です。 プライドをくすぐられると、男性は女性が想像する以上に喜んでくれますし、優しくなったりします。 逆に、プライドを傷つけられると、これまた女性が想像する以上に落ち込んだり怒ったりしてしまいます。 男心は、複雑な女心にくらべたら、意外と単純なモノ。 ちょっとプライドをくすぐってあげるだけで、恋愛が成就したり、職場の人間関係がうまくいったり、周りの空気が和やかになったりするのです。 な […]

男性が大切にしたい女性

「放っておけない」「また会いたい」「なぜかずっと一緒にいたいと思う」男性にそう思わせるかどうかの『境目』は、実に小さなものです。 ピンチを切り抜ける強さ 20代も折り返した男性達が、ふとした瞬間に心奪われるのが、いざという時にピンチを力強く切り抜ける女性です。 人間関係のトラブル、仕事、受験、資格試験、転職、リストラ、事故、病気、家庭の問題……困難にも果敢に挑む女性の力強さと図太さが、男性の心を鷲掴みするのです。 男性をリードする強さを発揮する女性もいます。 切羽詰まった時に、冷静に解決策を考え […]

付き合う前に出る言葉の意味

淡い期待を持たせるような一言を言ってくる男性は多いです。 しかし、それらを全て真に受けてしまうと、とんでもない『罠』にハマってしまうことも。 ここでは男性からの台詞の裏に潜む『本音』を紹介します。 「今、好きな人がいる」 『なんとなく気になる』人から、「今、好きな人がいるんだ」と言われたとします。 「好きな人がいる、ということは、まだ付き合ってはいないから、私にもチャンスがある?」と考えるかもしれません。 前向きに考えられるのはいいことです。 なぜなら、恋愛においてポジティブであることはプラスに […]

幸せな恋愛への近道

交際に至れば、「自分のどこを好きになったのか」を知ることができますが、付き合うことができなかった場合は、「どこがダメだったのか」という理由は分からずじまいのことが多いでしょう。 「あの時、こうしてくれれば好きになったのに」「あの性格さえ少し直してくれたら、付き合えたのに」というヒントを知ることができたら、どんなにいいでしょう。 どんなに努力しても報われないのは、実は男心の『本音』を間違って理解しているからです。 とはいっても、男性から直接聞き出す人は相当なレアケースでしょう。 恋愛に関する悩みの […]

今の彼を魅力的に見せる『過去』

俳優並みに整った顔立ち、勉強もスポーツもできる文武両道など、誰から見ても『いい男』というのは例外なくもてるものです。 その彼に「ずっと一緒にいたい」と思われるには、どうしたらいいでしょう? 実は女性にもててきた男性は、外見だけで女性遍歴がすごいと思われることも多く、そのせいで本命の彼女にふられたり、意中の女性から敬遠されたりという経験を併せ持っています。 そのため、やっとできた彼女に余計な心配をかけないよう、昔のことをあまり話さなかったり、自分の過去を知る友達に会わせなかったりと、女性の影をちら […]

『しっかり』と『おっとり』

人間には、相手のギャップを見た時に心が動く性質があります。 普段はしっかりしているのに、財布や携帯などの必需品をうっかり忘れ、すごく慌てた顔を見せた時や、いつもクールな人が電車の中で妊婦さんにサッと席を譲った時、いつもはのんびりしている彼があなたを守るために毅然とした態度を見せた時など、いつもと違う一面を見た時、「相手のことがもっと好きになった」という人は多いものです。 恋愛でもオンとオフのギャップに心が動き、ずっと大切にしたいと思うのです。

ズルズル付き合う男

長期間付き合っているカップルの男性には、気まぐれでわがままなタイプの人がいます。 その時の感情だけで動きを合わせてばかりいるため、将来について話し合うことができず、いつまで経っても結婚話が出てきません。 また、2人の仲が冷め切っている場合も同様です。 別れないのは単に惰性です。 惰性かそうでないかは、キスをするかしないかで分かります。 夜の営みはしてもキスはしてくれない、仮にしてくれたとしてもおざなりで素っ気ない……「彼がキスをしてくれなくなった」と思ったら、2人の関係をもう一度振り返ってみまし […]