TAG

感情

感情に関連する言葉は女性なら‘第一言語’男性なら‘第二言語’

女性達の大きな過ちが彼氏や夫が話をしている途中で我慢出来なくなってしまうことです。 女性心理学博士自身も以前はよくやっていたのだそうです。 セラピストという職業柄、そうした癖はどんどんひどくなっていったといいます。 彼が自分の悩みごとを話していた時、彼女は彼の話すスピードよりも早く理解していたのです。 その男性は話を続けていましたが、彼女は我慢できなくなっていました。 そして、とうとう彼の話を遮って「きっとこういうことよ」と彼に代わりすべて話したのだといいます。 彼女の見立てというのはほとんど間 […]

貴女にだけしかぶつける事のできない‘彼自身の感情’があるかもしれない

男性は時々自分の感情表現を性行為で表現してしまう 貴女はこれまでに、次に挙げるような経験をしてきた事はないでしょうか。 例えば夫や彼氏がえっちをしたくて貴女に迫って来ているとします。 だけど、そんなに興奮している風でもなくなんだかピリピリとした雰囲気を見せています。 貴女は彼に何とか話しかけようとするが彼自身は性行為をする事しか興味を示していないのです。 彼の様子が明らかにおかしい…そんな風に感じている貴女は決して間違ってはいません。

感情爆発させた女性の上手な対処法

全ての女性に当てはまるわけではありませんが、とかく感情的になる傾向が女性にはあります。 物事を論理的に考えられないタイプとの会話は、男性にとって時に厄介なものです。 特に起こりやすいのは、話が噛み合わずに気づいたら相手を怒らせていたという事態です。 例えば、「(彼の)車に乗って外出したい」という感情が先走ってしまい、現実にはエンストで彼の車は使えないのに、バスやタクシーといった次善策を受け入れられない状況の場合、男性側はどう対応すればいいでしょうか。 まずは相手の感情を受け止めること。

ポーカーフェイスの裏を見抜け

人の気持ちや感情は強ければ強いほど、かしこく表情を取り繕ったとしても顔の様子がいつもと変わり、伝わってしまうものです。 例えば、相手に対して好意を持っていたり、リラックスしていたりする時には、頬にある頬骨筋が動いて口角が上がり、自然な笑顔やリラックスした表情となります。

喜怒哀楽のある男性がオススメ

感情に寄り添える男性 古今東西、いわゆるカッコいい男性というのは、言葉少なくクールというところではないでしょうか。 男性は女性に比べて感情の起伏が少ないと言われています。 ただし恋愛をする時には、喜怒哀楽を素直に出せる男性とのお付き合いの方が女性にストレスを与えないと思います。 といっても、喜怒哀楽の「怒」で火が着いたように怒るというのではありません。

第六感の使い方

恋に盲目になっていませんか? 女性の第六感を信じ過ぎないようにしましょう。 基本的に「彼が浮気をしているかも?」と疑うことは一切やめましょう。 彼を信じて下さい。 嫉妬の感情は全てを台無しにします。