TAG

恋愛

恋愛に関連する心理テストです―あなたが男性に対して示す態度について

今から行う心理テストで、貴女がどれだけ自分自身を犠牲にしているのかがわかります。 今の関係でも過去の関係でもいいので次の項目に当てはまる事があれば注意して下さい。 a.たいていそうb.しばしばそうであるc.時々はそうであるd.めったにない,または全くない 自分の心を見つめなおし、気持ちに素直になっていくのが自分自身を変化させる一歩となります。 Q1.彼氏や夫が不愉快になったり怒る事のないよう、側にいる時は気を使わなければならない Q2.彼氏や夫が示す態度を見ていると、自分が大切に思われていないよ […]

ホストの恋愛テク・ギャップを演出する言動

そもそもホストというのは、各人持ち味が異なるものです。 王子系、俺様系、癒し系……キャラクターがある程度確立されています。 そして、基本的にはそれぞれの個性に応じて固定ファンがつき、そのキャラクター設定に沿った接客をしますが、ここからが一流ホストのテクニックが入ります。 例えば、その一流ホストは傍若無人で強気といったキャラクターで売る“俺様系”だとしましょう。 そんな彼が、常連の女性客に対してふと「そういえば、お前の実家の犬って太郎って言うんだよな」など、過去ちょっと話しただけの内容をピンポイン […]

ホストの恋愛テク・“髪の毛”で掴め

女性の心を惑わせ、大金を使わせるホストの手腕というのは、その是非はともかく、一流ともなると心理学的にも理に適ったテクニックを使っていて、同性からも感服する部分があるのではないでしょうか。 例えば、ある一流ホストはさりげなく女性客の髪を触ったり、頭を撫でたりするのが基本としているそうです。 確かに髪の毛を触る行為には、セクシャルな意味が込められています。 女性は髪を触られると、相手に対しての親密度が高まるともいわれています。

短時間でも相手を魅了する“声”

好きな女性と会話している時、短時間でできるだけ距離を縮めたかったら、なるべく小さな声で話しましょう。 小声で話をすると、内容が聞き取りづらいため相手が近づいてくれる、という単純明快なメリットが1つ。 他にも、実は声を落として話をすると、聞いている者の気を引きつけることができる、という説があります。

ほめ言葉を引き立てる“けなし”

人をほめる際は、最初にけなすようなことを言ってからほめると、驚くほど高い効果があります。 ひたすら称賛するより、一度けなしておいてから持ち上げると、ほめ言葉が強く心に残るのです。 ただし、けなしの内容はごくささいな欠点にしておく必要があります。 あまりにも痛烈な批判をすると、たとえその後ほめ言葉を言っても、最初のインパクトが強すぎて「嫌味な奴」と印象しか残りません。

距離を近づける“ほめ言葉”の選び方

「ほめる」というのは、相手によい感情を持ってもらうには最も確実な方法です。 人間には「自己肯定欲求」という、自分に対してプラスの評価を求める欲求があります。 つまり、自分を肯定してくれる存在には惹かれてしまう傾向があるのです。 意中の相手を大いにほめるような話題を選べば、よい印象を持ってもらえるでしょう。 できれば目立たない長所をほめると、より大きな効果が望めます。 例えば、お目当ての異性が絶世の美女やイケメンだとしたら、多くの人からの「美人ですね」などの言葉は聞き慣れているため、その部分をほめ […]

たちまち親密になる“食の話題”

好意を持った異性と親しくなりたいと思ったら、共通点を見つけるのが最も手っ取り早いです。 出身地や出身校、趣味や好きな映画など、共通点があると人は親近感を持つものですし、それをネタに会話を展開すれば盛り上がります。 そして、そのネタがこだわりを感じる珍しい事例ならさらによいです。 もし、趣味や好きなもの、興味のあることや休日の過ごし方など、どんなことでも一向に共通点がなかった場合、食べ物の話題を出すといいでしょう。

“1.5秒ルール”で相手を落とせ

子どもの頃、「ちゃんと目を見て話をしなさい!」と注意されたことはないでしょうか。 礼儀の観点では正しいのですが、実情にはそぐわないかもしれません。 会話の際、相手を見ている時間というのは、会話全体の約60%といわれています。 そして、相手と目が合う時間は約18%で、さらにいうなら顔を見ている時間は1回につき約3秒、互いに目を合わせる時間は1回につき約1.5秒に過ぎません。 あとはお互い何となく周囲に目を配りながら会話しているのです。 もし、「相手の目をきちんと見て……」を忠実に守って、相手を見続 […]

知らないうちに親密になるシチュエーション

カップルで薄暗いバーや夜景が浮かぶ公園、キャンドルを灯した室内にいると、その雰囲気に酔ってより関係が近づくものです。 これはロマンティックなムードに誘われて、といった理由だけではありません。 人間というのは暗いところにいると、親密度が増しやすく、また性的興奮も高まっていくと、心理学上でも証明されています。 匿名という条件で、数組の男女にそれぞれ明るい部屋と暗い部屋に1時間一緒にいてもらう実験を行ったところ、明るい部屋のグループは定位置に座って当たり障りのない会話をするだけでした。