TAG

恋愛

幸せな恋愛への近道

交際に至れば、「自分のどこを好きになったのか」を知ることができますが、付き合うことができなかった場合は、「どこがダメだったのか」という理由は分からずじまいのことが多いでしょう。 「あの時、こうしてくれれば好きになったのに」「あの性格さえ少し直してくれたら、付き合えたのに」というヒントを知ることができたら、どんなにいいでしょう。 どんなに努力しても報われないのは、実は男心の『本音』を間違って理解しているからです。 とはいっても、男性から直接聞き出す人は相当なレアケースでしょう。 恋愛に関する悩みの […]

長続きする“恋のバランス”

恋愛には、大きく分けて2つのパターンがあります。 一方は『安らぎ』はすごくあるけど、ワクワク心躍ることがあまりないタイプ。 安心感を覚える代わりに、ときめきはさほどありません。 長年連れ添い、「あ、うん」の呼吸で分かり合える熟年夫婦のような感じです。 もう一方はドキドキするけれど、心の安らぎはあまり感じられないタイプ。 交際した頃はいいのですが、付き合いが長くなるにつれて心の落ち着きが得られず、疲れてしまうでしょう。

仕事から恋へ『変換』させたい!

仕事で失敗した時は優しくフォローしてくれる。 他の女の子よりも話しかけられる回数が多い。 明らかに好意を持っているようなのに、恋のアクションは一切なし。彼は一体どう思っているのでしょう。 『仕事と恋愛』をきっちり切り離している男性はかなり多くいます。 それは、仕事上での自分の評価をとても気にするからです。 恋愛によって自分の評価が下がるようなリスクをできるだけ避けたいのです。 社内恋愛が知られ、その後別れた場合、社内の評価が下がったり、出世に響いたりしかねません。 しかも、同じ部署や上司と部下と […]

本当の恋愛となる“ナンパ”とは

一口にナンパと言っても多種多様なので、一概に「ナンパをする男は軽い」とはいえません。 ナンパから真剣な恋愛関係となったら、それも出会いの1つです。 可能性の1つして選択肢に入れておきましょう。 ただし、ナンパをそのまま信用してはいけない場合もあります。 たとえば、出会ってすぐ「かわいいね」「きれいだ」「付き合おう」と言う男性。

タイミングを間違えると逆効果

好きな人に気持ちを伝えたいと思うのは、当然の流れです。 でも、時にそのストレートな思いは『重い』と受け取られかねません。 一度か二度、食事をしただけなのに、料理を作って押しかけてきたという実例もあります。 手料理は恋愛が始まった後なら彼を喜ばせる材料ですが、微妙な関係の時に行うと、男性は恐れをなしてしまいます。

甘え上手は『かわいい』

甘えてくれない女性には、男性は物足りなさを感じます。 理由は、男性も甘えたい願望があるからです。 女性の方から甘えてくれないと、多くの男性は甘えられません。 女性が自分からえっちに誘うのが苦手なのと同じです。 女性が極端に甘え下手ですと、男性は物足りない気持ちに負けて浮気に走ることもあります。 また、男性は『甘え下手』な女性を、大雑把で繊細さに欠ける『がさつな女』と誤解することがあります。

体を許しても『本命』にはなれない

深い関係になったからといって、本命になったとは限りません。 多くの女性は、「好きだから体の関係を持つ」ということを愛情と結びつけます。 しかし、えっちしたからといって、男性の心まで独占することはできません。 むしろ、付き合うか付き合わないかという微妙な段階で、なし崩し的に関係を結んでしまった場合、彼があなたを『本命』と考える確率はかなり低いでしょう。 なぜなら、男性は「付き合ってもいない男に体を許す女」と捉えるからです。 遊びの相手としては好都合かもしれませんが、本命には軽すぎます。

恋人の有無を“それとなく”知るには

出会いの場所や出会い方によって、恋のスタート地点は微妙に変わってきます。 友達の彼氏に、彼の友達を紹介してもらう場合は、友達経由でプロフィールや人となりを知ることができるので、安心して交際をスタートできるでしょう。 社内や取引先、趣味のグループに気になる人がいる場合は、ハードルが少し上がります。 彼に彼女がいるかどうかを確認するところから始めなければならないからです。

『付き合っている』の境界線

「本当に付き合っているんだろうか?」と不安がよぎることがあります。 付き合っているかどうかと言うのは非常に曖昧です。 なぜなら、恋人への態度や考え方は千差万別で、カップルの数だけ付き合い方があるからです。 これから挙げる項目はあくまで目安ですが、彼との関係に不安を感じたとき、役に立つでしょう。

“最高の恋愛”を手に入れるには?

男性は、不可解な行動で女性の心を翻弄します。 「付き合って欲しい」と告白してから、ゴールインもしくは別れるまで、なかなか本音を明かしません。 別れの時でさえ「好きだけど別れる」と、優しい嘘をつく人もいます。気の置けない男友達との仲だけで共有され、最愛の女性には最後まで明かされないこともあります。 なぜ男性はこんなにも秘密主義なのでしょうか? それは、男性は2つの顔を持っているからです。