TAG

嫌い

嫌いだった人ほど好きになると…

自分のことを嫌っている相手に対しては、こちらもマイナスの感情を持ってしまいがちになる相互嫌悪は、“嫌悪の返報性”によるものですが、実はこの現象には続きがあり、自分のことを嫌っている、批判している相手が一変して「君って実はいい奴なんだね」「思っていたより仕事ができるんですね」など、よい評価をしてくれるようになると、こちらの気持ちも急激にプラスの感情に転じるのです。 それも、初めから一貫して好意を持ち続けていた相手よりも、さらに好ましく思うのだとか。 これは、否定的な感情から急に好意へ変わると感情的 […]

好き嫌いを口にするかしないか

女性は人の好き嫌いがはっきりしている傾向が強いようです。 「あの人は好き、あの人は嫌い」と自分の気持ちを明確に意識している上、それを口にすることに抵抗がありません。 さすがに「あの人は嫌い」といった話をどこでも誰にでもするわけではありませんが、親しい関係の人には「あの人嫌いなのよね」と毒づいたりします。 対して、男性は女性ほどはっきり好き嫌いを意識しません。 「好きか嫌いか、改めて考えたことない」などと言って言葉を濁すことが多いようです。 この違いは、子孫を残すための習性という説があります。

嫌いな人にもOKしてしまうタイミングとは?

気になる女性に思い切って「付き合って下さい」と申し出たけど、あえなく玉砕……となって、諦めてしまうはちょっと早すぎます。 態勢を立て直し、「分かりました……。では、せめて今後食事でもごちそうさせて下さい」と、次の一手を打つのが賢明です。 実は、人というのは要求されたことを拒否すると、多少なりとも罪悪感が芽生え、「次の要求は引き受けようかな……」という気になってしまうものです。 加えて女心として、相手を振った直後は「これでよかったのかな」「ちょっと惜しかったかも」という気持ちになるといいます。