TAG

好感

「こだわってますね」はほめ言葉?

知的好奇心が強い、いわゆる“うんちく好き”の男性が、興味深い豆知識をさりげなく披露するのは好感が持てますが、延々と自慢げに語られたら、聞かされる側にとっては迷惑なだけでしょう。 しかし、現実には相手の迷惑に全く気づかず、うんちくを延々と展開する男性が少なくありません。 知っている雑談ネタを披露するのは結構ですが、度を越したうんちく語りはできるだけ慎むのが大人といえるでしょう。

目と口で裏を暴け

個人と円滑なコミュニケーションを取ろうと思ったら、まずは笑顔。 それだけで誰しも多少は好感を持つはずです。 とはいえ、自分に向けられた笑顔が愛想笑いや嘲笑交じりだったら、複雑な気分になるだけです。 ましてや、お目当ての異性が自分のトーク力に笑ってくれたと思っていたら、全て作り笑いだったと知ったら、しばらく立ち直れないでしょう。 そんな事態を避けるためにも、それが自然に出た笑いなのか、無理に作ったものなのかを把握しておくべきです。 作り笑いの場合、目が笑っていないことが多いです。