TAG

割り勘

割り勘主義者を落とす一言

女性と食事に行った際、できれば割り勘にしたくても、男性からなかなか言い出しづらいもの。 そんな時、女性から「割り勘にしましょう。いくら?」と言われたら感激し、その女性に大きな好意を抱いてしまうでしょう。

割り勘心理学

女性はどこかで「男性が払って当然」という考えを持っています。 この観念を押しのけてまで割り勘をするには、それなりの覚悟をしておいた方がいいでしょう。 初デートで割り勘はいただけませんが、合コンや男女複数による飲み会では、女性も負担するのが普通です。 ただし、問題なのは男女の負担割合です。

「結構飲んだね」の解釈

ちょっと気になる女性と2人で飲む機会がおとずれ、楽しく飲食した後、互いに合意した上で割り勘にしたところ、お金を渡してもらう彼女に「結構飲んだね」との言葉。 これは、今後の展開は期待できないでしょう。 彼女の感想は、明らかに会計が高すぎることに関しての不満であり、飲食した内容と価格にギャップを感じて「あんたの方がたくさん食べたのに、なんで割り勘!?」と思っているのです。

気のない男性とのつきあいかた

気があるから、お金をかけるという考え方 「全然その気がないわ」というレベルの男性には、どんなことがあってもご馳走になってはいけません。 必ず割り勘にしましょう。 世の中には、性的な関係を求めるため、ご馳走をするという考えの男性がいます。 安い店だろうが高い店だろうが、割り勘にしましょう。