TAG

付き合う

ズルズル付き合う男

長期間付き合っているカップルの男性には、気まぐれでわがままなタイプの人がいます。 その時の感情だけで動きを合わせてばかりいるため、将来について話し合うことができず、いつまで経っても結婚話が出てきません。 また、2人の仲が冷め切っている場合も同様です。 別れないのは単に惰性です。 惰性かそうでないかは、キスをするかしないかで分かります。 夜の営みはしてもキスはしてくれない、仮にしてくれたとしてもおざなりで素っ気ない……「彼がキスをしてくれなくなった」と思ったら、2人の関係をもう一度振り返ってみまし […]

付き合ってすぐ「別れよう」と言われた…

ずっと好きだった彼と付き合うことになったのに、いきなり「別れよう」と言われたら、それは驚くでしょう。 以下の理由が考えられます。 1つ目は彼がちょうど彼女にふられたばかりだった、転勤したり仕事に忙しかったりで遊ぶ時間がなかったなどの理由から、『たまたま』あなたと付き合おうと思った場合。 心の隙間を埋めるため、いわゆる『都合のいい女』扱いです。 彼があなたのことを好きではなかったことに気づいた場合、彼の方から別れを切り出します。

『付き合っている』の境界線

「本当に付き合っているんだろうか?」と不安がよぎることがあります。 付き合っているかどうかと言うのは非常に曖昧です。 なぜなら、恋人への態度や考え方は千差万別で、カップルの数だけ付き合い方があるからです。 これから挙げる項目はあくまで目安ですが、彼との関係に不安を感じたとき、役に立つでしょう。

相手の男性とお付き合いを始めてもそれが続かないのは

・「私はじゅうぶんと言えるほど彼に尽くしている、そして彼は私のことを愛してくれるの」 「けれど不安なのは、私が尽くすのをやめたとしても、彼は自分を愛してくれるのかという事なの」 ・「今までの相手には彼に愛されるよりももっと彼のことをたくさん愛してきました」 「私が彼に尽くすのと同じくらい私のことを愛して尽くしてくれる人を見つけるのが夢なんです」 「だけど、そんな理想どおりの男性がこの世の中にいるなんて考えられないのよ」 ・「自分の旦那様と仲良くしていくのを途絶えないようにしているのは私自身なのか […]

付き合う相手を選ぶ

自分の彼を冷静に見つめる 幸せになるためには、女性はできるだけ優秀な子孫を残すべきなのです。 世に言う「だめんず」を選んではいけません。 一人で生きていくのが不安だからとか、以前は彼も優しかったからとか、二人の楽しい思い出だけで納得させていることが理由で彼と別れられない人がいます。