TAG

パーソナルスペース

接近できる2人の距離間

人は相手との関係によって、無意識に適正な距離を取るものです。恋人や親しい友人とは近い距離で話し、さほど親しくない人とは一定の距離を取って話します。 こういった無意識に取る他人との空間を「パーソナルスペース」といい、これを侵されるとストレスを感じるといいます。 よく、電車に乗って席に座る際、端の方を選ぶ傾向は、真ん中に座ると見知らぬ他人が両側からパーソナルスペースを侵すことになり、それによって不快感が生じるため、それを避けようとしているからです。端の席なら片側は手すりや壁となり、多少は自分の空間が […]

相部屋で不快に感じた時

他人との距離を保っている「パーソナルスペース」を侵して他人が接近してくると、違和感や不快感を露わにします。 それを何とか回避しようと様々な動きをするのです。 例えば、エレベーター内で階数表示のランプをじっと見つめたり、満員のバスや電車内で広告に目をやったりするのも、別のことに注意を向けることでなるべく不快感を意識しないようにしています。 不快感の回避行動は、男女で動きが違います。