TAG

デート

初デートに臨む心理

初めてのデートで、男性が緊張していないように見えることがあります。 「あまり気乗りしていないのでは?」と思うかもしれませんが、男性の緊張の度合いは、愛情の度合いとは比例しないものです。 男性の緊張の度合いは、相手を好きになる過程によって異なります。 1つは、まだ相手のことをよく知らないまま『憧れ』から好きになったパターン。 もう1つは、ただの友達や仕事仲間という気持ちが恋心に変わった『親近感』のパターンです。 もし、『憧れ』の対象として好きになった場合、彼はあなたと一緒にいるだけで震えてしまい、 […]

「結構飲んだね」の解釈

ちょっと気になる女性と2人で飲む機会がおとずれ、楽しく飲食した後、互いに合意した上で割り勘にしたところ、お金を渡してもらう彼女に「結構飲んだね」との言葉。 これは、今後の展開は期待できないでしょう。 彼女の感想は、明らかに会計が高すぎることに関しての不満であり、飲食した内容と価格にギャップを感じて「あんたの方がたくさん食べたのに、なんで割り勘!?」と思っているのです。

初デートの緊張をほぐす

初めてのデートは、自分も相手も緊張するもの。 人というのは、相手が緊張しているとそれに影響されて自分も緊張し、相手が打ち解けた様子を見せたらリラックスします。 この法則に従うと、相手の緊張を解くには、まず自分の緊張を解く必要がありますが、意中の相手の初デートというシーンでは、すぐリラックスするのはなかなか難しいもの。

食事をする時に気の使い方

割り勘の人はその気がない 男性、いえ動物を含めてオスの本能というものは、すべて同じ根っこです。 気に入った女性(メス)を落とすためには、餌を持って行ったり、メスの好きなニオイをだしたり、毛づくろいをしてあげたり、手土産付きのアプローチをします。 ということは、割り勘をする男性は、あなたにその気がないのですから、体の関係になる必要はありません。

気のない男性とのつきあいかた

気があるから、お金をかけるという考え方 「全然その気がないわ」というレベルの男性には、どんなことがあってもご馳走になってはいけません。 必ず割り勘にしましょう。 世の中には、性的な関係を求めるため、ご馳走をするという考えの男性がいます。 安い店だろうが高い店だろうが、割り勘にしましょう。