TAG

ケンカ

口ゲンカでもやってはいけないこと

ケンカをしている時、『彼にとって自分は特別な存在』と思わないことが重要です。 なぜなら「私は彼に愛されている」という甘えがあると、余計にこじれるからです。 彼の何気ない一言に対しても、「冷たい」「言い方がきつい」「優しさがない」と被害者意識を持ってしまうのです。 不満ばかりが生まれ、彼の主張を素直に受け止められなくなります。

好きだからこその『ケンカ腰』

話していると、すぐ怒ったり突っかかったりとケンカ腰になる男性。 女性は「怒らせた? それとも本当は好きではない?」と不安になり、愛情を疑ってしまうこともあるでしょう。 しかし、きつい態度をとるのは、あなたと彼の距離がとても近い証拠なのです。 ケンカ腰になる理由は2つあります。 1つは、あなたが彼との会話のリズムをうまく掴んでいないこと。 彼が望まないリアクションをしたり、彼の心地よくないテンポで会話をしているからです。

ケンカで黙り込むか、まくし立てるか

夫婦ゲンカで、エキサイトした妻が熱い文句をまくし立てるのに対し、夫は口を真一文字に結んで黙り込む……と、よくある光景を見て「やはり女性の方が攻撃的だ」と判断してはいけません。 むしろ男性の方が興奮状態だと考えられています。そもそも黙り込むというのは、決して得策ではありません。 相手からすると何やら小馬鹿にされているように感じ、かえって感情をヒートアップさせてしまうもの。 ケンカを収める手としては最悪とさえいえますが、これは男性の習性なのです。 大昔、獲物を捕らえて暮らしていた男性にとって、狩りの […]

夫婦ゲンカの悪口は過激なほどよい?

「ケンカするほど仲がよい」とはよくいわれますが、実際言いたいことを言い合える仲だからこそケンカにもなるわけで、隠し事をせず本音をぶつけ合える関係は、やはり長続きするものでしょう。 とはいえ、過激な悪口を言い合い、罵り合っている夫婦に至っては、いかがなものでしょう。 度を越した言い争いが日常茶飯事なら、さすがに離婚目前ではと思うところですが、こういった夫婦もまた、周囲が心配するほどではなかったりします。

夫婦ゲンカの最終手段!?

夫婦ゲンカが勃発したら、妻の怒りをできるだけ燃え上がらせないことが重要です。 特に怒っている人は、自分の放った言葉によってさらに興奮が高まり、怒りの炎をより燃え上がらせてしまうところがあります。 これを避けるには、相手がより過激な暴言を投げつける前に、何とかなだめるようにしたいですが、そのために妻の怒りのサインを逃さず、キャッチすることです。 妻の手がグーになった時は要注意。 それは本気モードに突入すべく緊張が高まっている証拠です。