CATEGORY

「結婚しよう。そばにいて欲しい」と言われたいなら

賞味期限が切れたら、サヨナラ

一生に一度のギャンブル 彼にどんなに尽くしても捨てられる女性がいます。 何が悪いのでしょう。 彼はあなたをどう思っているのでしょう。 都合のいい女でしょうか? 不安に感じたなら確かめてみましょう。

甘え方にも色々あって…

女性は男性を守らなくていい 女性の賢さにも二種類あります。 知識がある人と知恵のある人。 前者は学歴が高くキャリアもある女性。 後者は人間関係をうまくこなし、男性にも甘え上手で、人生を幸せに生きることができる女性です。

結婚を意識する瞬間

病気の時は決意する 一人暮らしの男性は、病気になって心身ともに弱っている時に決意するパターンが少なくありません。 弱っている時に優しく看病されたら、心も動きます。 それから、胃袋をつかむという古典的方法は、いまだに有効です。 その時は、必ず手作りにします。 買ったものは、どんなに美味しくても心は動かされません。

プロポーズの三つの条件

彼が結婚を決める時 そもそも、男性の本能は、結婚に向いていないと言えます。 ドーパミン性腺刺激ホルモンが、一人の女性との関係に飽きてしまうからです。 ミもフタもない話ですが、そんな男性が結婚に求めているものは、子孫を残す、美味しい食事、きれいな部屋、いつもセックスに応じてくれる自分だけの女性が欲しいというのが正直な所でしょう。

男性の本気スイッチを押す

「あなたが一番」はマジックワード 付き合い始めの時、彼が本気なのか本気ではないのか見極める必要があります。 人生において、女性より、男性の方が思い通りにならないことが多いために、「あなたが一番」という言葉を求めています。 また外面と内面を使い分けないので、ストレスを減らしたいと思っています。 そのために、自分の内面を受け入れてくれる人を欲しいと心から願っています。

快楽を共有できる相手

女性はくっつきたいけど、男性はうんざり 女性は、彼にくっついていれば安心で、そばにいないと不安に感じるのですが、男性はその逆ということを肝に銘じてください。 男性には一人になって自分を見つめる時間が必要です。 そして、やはり彼女は自分に必要だという確認をしながら、前に進んでいきます。