CATEGORY

男性の恋愛心理を分析してみよう

親密な関係は五回からが勝負

回数と興奮は反比例 女性と男性の最大の違いは、回数と興奮の度合いかもしれません。 女性は回数を重ねることにより、関係が安定することで安心し、より興奮の度合いが増していき、性行為にも溺れていきます。 しかし、男性はあなたにアプローチを掛けてから約三年で性的に飽きます。

男性は妄想でできている

妄想好きは圧倒的に男性 世の中の誤解のひとつに、女性の方が妄想好きというものがあります。 空想、妄想、ロマンチック、夢見る夢子ちゃんなどとからかわれるのは女性が多く、男性はリアリストと思われているようです。 しかし、これは大きなまちがいです。 男性の方が妄想が好きなのです。 それに比べて、女性のなんと現実的なことでしょう。 不確かなもの、見えないものには目もくれず、月々の生活を真剣に真面目に生きています。

乳房とは、どんなものなの?

本能は心を求めている 愛がなくてもえっちができるなんてあまりにも身勝手ですが、考え方を変えると、男性の本能は「心」で女性を愛せるともいえます。 女性の場合、心と体が同じなので、いつでも彼と一緒にいたいと思うものです。 ところが男性は、好きでなくてもえっちができます。 溜まったものを排出したい!と言う、止むに止まれぬ感覚なのです。

ぽっちゃりでもOK

彼の心に寄り添って 好きな相手としかえっちをしたくないという女性がほとんどです。 ですから、性的関係が結ばれれば、そこには愛情があると思ってしまうのです。 しかし、男性は、たとえ愛情のない女性とでもえっちできます。 ここが男女の大きな違いです。

男性が嫌がる二つの要素

絶対に見せないで どんなにあなたを愛しても「これだけは勘弁してくれ」と思うマイナス要素があります。 「物欲」と「独占欲」の2つです。 つきあいはじめは、あなたに色々と買ってくれても、あなたとの関係がマンネリ化してくると、あなたの甘えや厚かましさにうんざりしてきます。 そして待っているのは別れです。

女性はバッグの中に男性はポケットに

一番大切な女性は心のポケットに 女性と男性の違いは、荷物の持ち方にも現れています。 必要なものを一切合切ポンポン入れるバッグを持ち歩く女性と、いくつかのポケットに財布、携帯、手帳、タバコと分類して入れる男性。 最近はバッグを持ち歩く男性もいますが、大多数の男性は、最小限のものをポケットにいれるのをよしとするのではないでしょうか。

あなたの友人にもフォーリンラブ?!

本能には逆らえません 男性とのおつきあいでやってはいけないことの一つが、あなたの友達を彼に紹介することです。 あなた達と友だちが一緒に食事をしたり、飲んだり、遊んだりすることはやめた方がいいでしょう。 これは、とてもデンジャラスなのです。

スキをつくるということ

チラリズムこそベスト 男性に愛される服装というものはあります。 また着こなしにもコツがあります。 どんなコツでしょうか? それは、ほんの少しのスキを見せること。 外に響かないような下着選びに、身体にぴったりのサイズの服を完璧な着こなす姿は素晴らしいものですが、それはあまりにもスキがなさすぎなのです。

ユニフォームのように同じ格好はNG

女性はフレッシュな方がいい 男性が魅力を感じる女性とは、「飽きのこない女性」です。 たとえ毎日毎日同じメニューのご飯を食べて、判で押したような生活をしていても、女性に関してだけはフレッシュな方がいいのです。 身勝手だと思いますか? でも、それが男性なのです。 男性の狩猟本能と言い換えてもいいでしょう。

「情」のある女性とは?

あなたは男性の楽しみにつきあえますか? 男性が「色っぽい」と感じる女性の特徴は「情」でしょう。 この「情」は別の言葉でいうと、男性を受け入れてくれる優しさの事です。 どんなに立派な肩書きがあっても、「男は皆、少年」だからなのです。