男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

自分

自分にとって大切な男性と理解し合う為には

043_R

えっちで女性と男性が求めるものとは何か

・「えっち前の行動で、夫が本心から楽しめていないような気がしてならないの」

「特におかしな様子は無いけれど、えっちの為に早く済ませようと嫌々ながらやっている感じ…」

・「ビルが、とてもせっかちだからもっと魅力的になってほしいの」

「私は、会話や抱きしめあいながら時間を掛けて楽しみたいのに彼はえっちしか求めてなくて…」

えっちと愛し合うという行為は違いがあります。

まずえっちというのは、その相手との肉体的な行為をする事でお互いに快楽を求め合うことです。

愛し合うとは、自分が好きな相手に対して愛して同時に相手を慈しむ感情に伴った行為なのです。

だから、お互いを愛し合わずともえっちをすることは出来ます。 (さらに…)

自分らしく愛する方法を見つけるには

002_R

数年間、女性心理学者は愛情のある関係を築いていく為に懸命に努力をしてきました。

しかし最も大きなマイナイス点となったのは、相手との隙間を埋めていく行為という癖でした。

ですが、彼女はそうした自分の持つ癖に対して自分の方から注目しようとは思わなかったそうです。

彼女は、男性から受けた愛情よりも大きな愛をあげる事にたくさんの時間を費やしてきました。

そのことに気付いた時に、こうした事を繰り返さないと自分の心へと誓ったといいます。

今では、自分が与える愛情と変わらないくらい彼女を愛してくれる男性と出会ったそうです。

その男性と出会った事で初めて愛情を受け取る為に何か行動を起こさなくても良くなりました。 (さらに…)

本来の自分、ありのままでは愛されないと思っていませんか?

006_R

貴女と意中の彼とがいい仲になってきたら、あなたはとても幸せな気分に浸ることが出来ます。

相手の男性が持っている愛情を手に入れたことで、これまでの努力が果たされたことになります。

しかし、自分だけが心に何らかの負担を負わされていると気付けば彼への怒りが出てくるのです。

ではここで、スーザンとジェリーという夫婦についての話をしていくことにします。

二人は、結婚生活をしていく中でのピンチに立たされ女性心理学者のもとを訪れてきました。

スーザンは「何でもすべて私だけがしていかなければいけない気持ちなんです」と言いました。 (さらに…)

相手のことを大目にばかり見すぎると自身を見失うことになります

012_R

引っ越しをした時、いかに前の部屋が狭かったかを感じることはないでしょうか。

新しい靴を履き始めた時、それまでの靴が履き心地が良くなかったか気付いた事はないでしょうか。

自身が気付いているかいないかに関わらず、貴女は相手の勝手さを許してしまっています。

そうすることに慣れきって、男性から冷たくされてもそうされるがままになっているかもしれません。

人間というのは、自分がいる場所を心地いいものだと感じてしまう傾向があります。

その為、違う状況にならないと現状の欠落している箇所がわからないことも少なからずあるのです。

それは人間関係に限らず、靴でもアパートでも車でも何にでも例えられます。 (さらに…)

自分自身がどれだけすばらしいのかをさらけ出したほうが人から愛してもらえます

014_R

女性は、‘ステキな女の子になりたい’と願うあまり自分が持っている素晴らしさを隠してしまいます。

自分に関する評価は小さく見せ、彼氏や旦那様に隠せば怖がらせる事もないと考えるのです。

そしてそれが彼らにとっての‘魅力的に見える女’になれるのだと考えてしまいます。

しかし、現状はその逆なのです。

実際、男性はその人の持つ実績や能力に魅力を持ち、欠点を見つけてしまうと冷めてしまいます。

男性という生き物は、女性の持つ優れた所を愛するようになります。

なぜなら、男性自身が優秀であれ有能であれというような育てられ方をしてきたからなのです。

だからこそ、相手の優秀さに魅力を感じるのです。 (さらに…)

貴女自身は自分の事が好きでしょうか

016_R

では次に、アンディとエレンというお互いに働いている夫婦の話をしていきます。

アンディは証券会社の投資アドバイザー、エレンは衣料品店事務という仕事をしています。

彼らは、お互いの結婚生活について相談にやってきました。

エレンはアンディが自分のことを評価していない気がするというのです。

「私も彼も仕事の内容はきついのに、話し合いをする時は彼のことばかりなんです」

「君の言うとおりだよ。仕事の話をする時は僕の方が長いよ」アンディはそう言いました。

「けれど、僕の仕事が君の仕事より大切だからだと思うんだ」この発言にエレンは怒りました。

女性心理学博士は、この夫婦が抱えている問題について話し合いました。

そして、その原因を突き止めることに成功しました。 (さらに…)

自分が持っている能力・素質などを隠してしまう

017_R

貴女は次のような項目に思い当たることはないでしょうか

・たとえば、好きな男性の前では自分自身が劣っているように見せてしまってはいないでしょうか。

・人から褒められるのが苦手、好きな男性がまだ気付かない能力・才能を持ち合わせていませんか。

女性というのは、自分の好きな男性にマイナスイメージを植えつけないようにします。

そのため、過去に持っていた実績や能力を隠すことで彼に自信を持たせようとします。

しかし、そうした態度を取っている事をほとんどの女性たちは気付いていないのです。 (さらに…)