男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

結婚

ふたりはどうやって情熱のある結婚生活を取り戻したのか

040_R

ここで、会社で事務作業をしているカレンと、コンピューター技師のティモシーの話をしていきます。

この二人が女性心理学者の元へやってきたとき、性生活について話をしてきたのです。

カレンは、お互いの相性がどうにも合わないのだと言ってきました。

「ティモシーの前戯がいいかげんな気がして、それだけで気分がしらけてしまうんです」

これに対して、ティモシーは彼女を満足させる努力をしていると言いました。

「僕は急かそうと考えてない。何でそんな風に思ってしまうのか理解できないよ」と言ったのです。

女性心理学博士は、二人の意見を聞きながら次のように感じていました。

魅惑的な時間でなくとも、お互いの体を求めるだけでいい了承ができてないのではということです。

そこで、夫のティモシーにこう尋ねてみました。 (さらに…)

そもそも“結婚の決め手”は?

そもそも結婚の決め手は?

「あなたの前に、性格、収入、容姿など、結婚する上で理想的な条件を全て備えた男性が登場して、付き合ったことがないその相手と結婚できますか?」といった質問に対し、1/3の女性は「結婚する」と回答したという話があります。

同じ質問を男性にしたところ、「結婚する」と答えたのは1/3以下と、明らかな違いが出たそうです。 (さらに…)

結婚後、無口になる男性

結婚後、無口になる男性

恋人時代はよくしゃべり、話題も豊富でいつも楽しませてくれたのに、結婚したら会話が極端に減ってしまったという夫婦は、案外多いそうです。

妻側からすると、何か騙された気分にもなりますが、夫側――男性にとっては自然なことで、ある意味仕方がないことです。

はるか昔、男性が会話する目的は情報伝達に限られていました。 (さらに…)

草食系の男性と結婚?

草食系の男性と結婚?

とてもつきあいやすいけれど

草食系男子がもてはやされています。

いわゆる恋愛に消極的な男性のことです。

彼らは、家庭的でお洒落で、女性の気持ちがわかる男性です。

たしかに友達としては最高でしょう。

しかし、結婚相手には不都合な点もあるのです。 (さらに…)

付き合う相手を選ぶ

付き合う相手を選ぶ

自分の彼を冷静に見つめる

幸せになるためには、女性はできるだけ優秀な子孫を残すべきなのです。

世に言う「だめんず」を選んではいけません。

一人で生きていくのが不安だからとか、以前は彼も優しかったからとか、二人の楽しい思い出だけで納得させていることが理由で彼と別れられない人がいます。 (さらに…)

プロポーズの三つの条件

プロポーズの三つの条件

彼が結婚を決める時

そもそも、男性の本能は、結婚に向いていないと言えます。

ドーパミン性腺刺激ホルモンが、一人の女性との関係に飽きてしまうからです。

ミもフタもない話ですが、そんな男性が結婚に求めているものは、子孫を残す、美味しい食事、きれいな部屋、いつもセックスに応じてくれる自分だけの女性が欲しいというのが正直な所でしょう。 (さらに…)

幸せになりたいなら、素直に頼ってみる

幸せになりたいなら、素直に頼ってみる

自分の弱さをアピールしてみる

結婚をしたい、恋愛をしたいと考えているなら、「一人でも生きられます!」というオーラを出さないようにしましょう。

立派すぎる女性は、男性と同等の立場の持ち主と考えられてしまうのです。

それよりも、多少オーバーでも「あなたなしでは生きられないの…」というくらいの気持ちで、彼と接してください。

そうすると、彼はあなたを守ろうと考えます。 (さらに…)

自尊心を満たす女性は愛される

自尊心を満たす女性は愛される

彼を励ますこと

男性が落ち込んだ時、恋人から自分のいいところを上手に褒めてもらうと、とても嬉しいものです。

自尊心が満たされるからです。

あなたは白雪姫に出てくる魔法の鏡になって、彼のプライドをキープするようにしましょう。

彼は、そんな魔法の鏡を手放さないはずです。 (さらに…)