男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

男性

好きな男性を自分が叶えたい夢の逃げ道にしてませんか?

024_R

男性が持つ可能性を好きになり恋に落ちる女性は、自分自身をいいように思っていないそうです。

だから、誰かに愛してもらうために何かしらしなければならないのだと考えているのです。

心の中に問題を抱えている男性を選んで、どのような人間性であっても愛するようになります。

「どれだけ忍耐力があり寛容か、そして愛情深いのか見て。魅力を持った女性でしょ」と言うのです。

ですが、好きになった男性との関係を健全に築いていくのは今のままの彼を愛すると言う事です。

従って、人間性に関係なく明日の彼を期待しながら愛していくというものではないのです。 (さらに…)

トイレに行く心理の違い

トイレに行く心理の違い

男性にとって理解不能の行動として、よく話題になるのが「連れ立ってトイレに行く女性たち」です。

ただ用を足しに行くだけなのに、なぜ女性たちは群れをなして行くのか、心底不思議でしょう。

そもそも女性たちが何をするにも仲間同士で行動したがるのは、大昔からの習性によるものなので、これを責めるのはちょっと気の毒です。

もちろん、男性も狩りをする上で、仲間と助け合い、協力することは必要不可欠でしたが、それ以上に必要だったのが「攻撃性」です。

獲物を見つけたすぐ全力で行動が取れるよう、それなりの攻撃性を備えている必要がありました。 (さらに…)

ウィンドウショッピングが好きな女性と苦手な男性

ウィンドウショッピングが好きな女性と苦手な男性

男性にとって数多くのお店を回る買い方はあまり得意ではありません。

まして、女性の買い物に付き合うなどとなったら、「勘弁願いたい」と感じる男性は多いでしょう。

男性がお店をはしごするショッピングが苦手なのには理由があります。

大昔、男性は狩猟をする役割を担っていましたが、そこで必要だったのが目的地まで最短距離で移動する能力でした。

そのため、男性は現在地の位置関係を把握し、目的地までの最短ルートを割り出して進む能力が発達していきました。

そしてこの能力を持つがゆえ、行き当たりばったりに進んだり、同じ拠点を繰り返し通ったり、目についたところを片っ端から縦横無尽に回る行為に、大きなストレスを感じるようになりました。 (さらに…)

元気のないおじさんとパワフルなおばさん

元気のないおじさんとパワフルなおばさん

定年後、一人で行動できないため、活動的な妻にどこへでもひっついて行く「濡れ落ち葉族」という言葉が、かつて流行しました。

男性は年齢とともに元気をなくし、女性はおばさんになるほどパワフルになるような印象を持たれることがありますが、これは生物学的に見ても正しい話です。

種付けが終わったオスは用なしになって弱っていく、というのは多くの生物で共通しています。

人間でも、結婚して子どもが生まれた男性は、活力を維持する闘争ホルモンの濃度が下がるといわれています。 (さらに…)

そもそも“結婚の決め手”は?

そもそも結婚の決め手は?

「あなたの前に、性格、収入、容姿など、結婚する上で理想的な条件を全て備えた男性が登場して、付き合ったことがないその相手と結婚できますか?」といった質問に対し、1/3の女性は「結婚する」と回答したという話があります。

同じ質問を男性にしたところ、「結婚する」と答えたのは1/3以下と、明らかな違いが出たそうです。 (さらに…)

「一目惚れ」はどちらがしやすい?

「一目惚れ」はどちらがしやすい?

出会った瞬間、カーッと顔がほてり、胸が高鳴り、その人しか目に入らなくなる……思春期の頃、誰でも一度は一目惚れの経験があるのではないでしょうか。

一目惚れは、女性より男性に多い現象のようです。

大抵の場合、オスはメスを見つけたらすぐ求愛行動を起こす必要があります。

確実に子孫を残そうと思ったら、「これは!」と思うメスに素早く求愛行動を移さないと、他のオスに取られる危険性があるからです。

一方、メスは近寄ってくるオスを1体1体吟味し、見極める必要があります。 (さらに…)

男女で違う浮気の基準

男女で違う浮気の基準

最近では、夫だけでなく妻の浮気も珍しくありません。

パートナーの浮気はやはりショックを受けるものですし、「許せない!」と怒りがわき上がってくるもの。

ところが、「許せない」と感じる対象は、男性と女性とでは少々異なるようです。

一般に、夫が妻の浮気で「許せない」と感じるのは肉体関係を結んだ時です。 (さらに…)

声がとにかく大きいタイプは×

声がとにかく大きいタイプは×

声の大きい人は、男女ともに目立つもの。

一見すると豪快で自信に満ち、主張もはっきりしたタイプに感じるかもしれませんが、実はダメなタイプの方が多いです。

本当に頭のいい人は、声の大きさを穏やかに保って自分の意見を述べます。 (さらに…)

趣味のレベルで高レベル

趣味のレベルで高レベル

できる男は大抵、仕事以外に何か趣味を持っていて、それも高レベルなことが多いです。

そもそも仕事ができる人は、何事もそつなくこなせ、どんな分野でも「できる方法」を掴むのがうまいのでしょう。

また、このタイプの男性は趣味から様々な“真実”を学んでいるケースが多いです。

趣味を通じて仕事に役立つヒントやコツを掴んでいるのも、できる男の特徴といえます。

そして何より、思い切り遊ぶ人ほど仕事ができます。 (さらに…)

会議中の態度から見える男の本音

会議中の態度から見える男の本音

会議中、イスに踏ん反りかえって腕組みをし、「ウンウン」うなっている男性。

この男性の心理はどう読み解けばいいでしょうか。

まず、イスに踏ん反りかえっている姿からは、会議に全く興味がないという思いが透けて見えます。

人間、多少なりとも話に興味があれば、幾分身を乗り出す姿勢になるものです。

また、腕組みの姿勢は、自分の領域を侵されないよう防御している姿勢です。 (さらに…)