男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

男性心理

口ゲンカでもやってないけないこと

033_R

ケンカをしている時、『彼にとって自分は特別な存在』と思わないことが重要です。

なぜなら「私は彼に愛されている」という甘えがあると、余計にこじれるからです。

彼の何気ない一言に対しても、「冷たい」「言い方がきつい」「優しさがない」と被害者意識を持ってしまうのです。

不満ばかりが生まれ、彼の主張を素直に受け止められなくなります。 (さらに…)

『腹八分目』の距離間で本気にさせよう

032_R

「『男友達と会う』と言っても、なんの反応もない」「『カフェで元彼とばったり会った』と言ってもまるで無視」というように、全くヤキモチを妬かれなかったり束縛したりしない男性に物足りなさを覚えるかもしれませんが、実は男性も好きな人に全く束縛されないと寂しさを覚えるものです。

ただ、女性ほど表に出ないため、分かりづらいだけです。

そして、このことを上手に活用すると、今後の恋愛がとても有利になります。 (さらに…)

『束縛男』に変わる3つの原因

031_R

男の束縛には、質問攻めや好みの押しつけ、2人のルールを細かく作って強制するなどがあります。

束縛したがる理由は、大体次のパターンがあります。

1つは男性としての自分に自信がない場合。

あなたに愛される自信をも失っているのです。

また、「自分に魅力がない」と考え、あなたの方が魅力的で、どう見ても自分と釣り合いが取れていないと思ってしまう。

けれど手放したくはないという一心から、がんじがらめにしようとするのです。

もし、彼が自信を失っているようなら、あなたから積極的に彼の長所、好きなところを言い、魅力的であることをきちんと伝えましょう。

2つ目は、あなたのような素敵な女性が自分の周りにいないという場合。 (さらに…)

好きだからこその『ケンカ腰』

030_R

話していると、すぐ怒ったり突っかかったりとケンカ腰になる男性。

女性は「怒らせた? それとも本当は好きではない?」と不安になり、愛情を疑ってしまうこともあるでしょう。

しかし、きつい態度をとるのは、あなたと彼の距離がとても近い証拠なのです。

ケンカ腰になる理由は2つあります。

1つは、あなたが彼との会話のリズムをうまく掴んでいないこと。

彼が望まないリアクションをしたり、彼の心地よくないテンポで会話をしているからです。 (さらに…)

『俺の彼女』として紹介して欲しい

029_R

彼のことをもっと知りたくて、彼の男友達に聞いてみたいと思っても、彼はなかなか「俺の彼女」と紹介してくれない……彼があなたを『彼女』として友達に紹介してくれない理由は、いくつかあります。

1つ目は、厳しい理由になりますが、あなたが『本命』でない場合。

『本命』が見つかる、もしくは落とすまでの『つなぎ』として付き合っている女性が、自分の友達と仲良くなるのを男性は好みません。

「彼ってどんな人?」「他に彼女とかいない?」と、探りを入れられる心配があるからです。

さらに度が越すと、「本当のことを教えて!」としつこく問い詰め、友達に迷惑をかけることにもなりかねません。

「あいつは女にだらしない」という悪い噂が流れることもあります。 (さらに…)

長続きする年の差カップルとは?

028_R

年上と付き合う場合と年下と付き合う場合とでは、気をつけることも変わってきます。

まず年上の方ですが、自分の方が年上であることを強く意識するタイプと、年の差を全く気にしないタイプがいます。

後者のタイプであれば、何も心配することはありません。

前者の場合、「大人の男として恥ずかしくない振る舞いをしなくては」とがんばっているものです。

彼が精神的に疲れてしまわないよう、そっと気配りをしてあげましょう。 (さらに…)

『会えなくても平気』な彼の心理

027_R

何故男性は彼女と会えなくても平気なのでしょう。

これは、「あなたに対する気持ちがあるかどうか」によります。

それを見極めるポイントは2つです。

1つは、他に好きな女性がいないかどうか。

方法としては、彼の友達と仲良くなって、彼の友達から真相を聞き出してみましょう。

彼とその友達が『ぐる』な場合、なかなか本当のことは言わないでしょうが、時間をかけて聞き出してみることです。

もし、他に彼女がいた場合は、潔く身を引きましょう。 (さらに…)

男の愛情は“徐々に”冷める

024_R

男性の気持ちが一気に冷めることは稀です。

ちょっとくらい嫌なことがあっても、そこはご愛嬌ということで目をつぶりますが、少しずつ積み重なっていくことで、気持ちは徐々に冷めていきます。

その原因として、まず『ケンカ』があります。

どうでもいいようなケンカを毎日~毎週繰り返すうちに、だんだん気持ちが冷め、最終的に別れを切り出すことがあります。

『雨降って地固まる』と考えている女性は、特に注意が必要です。

あなたはケンカするごとに愛情が深まると思うかもしれませんが、彼の中では煩わしさが募るばかりかもしれません。

ケンカというマイナスの時間はなるべく持たず、冷静に話し合って解決しましょう。 (さらに…)

『同棲』という選択

023_R

お互いの生活ペースや価値観、相手との相性を知るには、一緒に暮らすが手っ取り早い方法です。

男性にとって、同棲はどのような意味を持つのでしょうか。

基本的に入籍を決断するよいタイミングになります。

同棲開始にあたって親の了承を得る必要がありますが、その際「同棲するなら、籍だけでも入れなさい」「一度挨拶に来なさい」と言われることがあります。

そしてその時に、「結婚して身を固めよう」と彼が入籍に踏み切るのです。

また、女性の方が同棲したいと考えていて、同棲を機に入籍を考える場合もあります。 (さらに…)

自分から告白しない男性に「好き」と言わせたい

022_R

今まで眼中になかったタイプの男性に突然アプローチされた後、だんだん彼のことが気になり、「付き合ってもいいかな」という気持ちになったことはありませんか?

こうした心理は女性だけとは限りません。

自分を好きでいてくれる、もしくは自分のことが好きなのかもと気づいてから相手を好きになるという男性は多いものです。

中には、自分に好意を寄せてくれる女性しか好きにならないという人もいます。

これまで、自分から告白したことがない男性や、女性にもてた経験がない男性に多く、「傷つきたくない」という防衛本能が働き、相手の好意を確認してからでないと恋に踏み切れないのです。 (さらに…)