男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

気持ち

相手が伝えたい真の気持ちが向かってくるときは…

044_R

ゲイリーは妻であるフランとのえっちを求めてはいませんでした。

ただ、彼女に愛されているのだという気持ちが、その実感が欲しかったのです。

彼自身はそれに気付かなかったし本当に欲しいと思っていても求め方すら知らなかったのです。

彼の本心を聞いて、フランは安心しました。

「私が..あなたの気持ちを理解していたらよかったのにね」彼女は彼を抱きしめてそう言ったのです。

「様子がおかしいとは思っていたの。きっと私に何か伝えたいんだって思ったの」

二人は、アドバイスを実行する為に共に頑張ると言ってくれました。 (さらに…)

なぜ女性達は心・気持ちの隙間を埋めようとしてしまうのでしょう

004_R

女性は気持ちの隙間を埋めていき、好きな男性から貰う物より上を与えてしまうものです。

どうしてこのような事態になってしまうのかについては、実は3つの理由があるといいます。

1.‘愛’とは、何らかの報酬で受け取れるのだと考えている

誰かの‘愛’を得る為に行動を起こさなければ、自分は愛されないと思ってはいないでしょうか。

もしそうだとしたらそれだけ必死に夫・恋人との間にある隙間を埋めていこうとしていくはずです。

もしかすると、貴女自身が子供の頃家族からじゅうぶんな愛を得られなかったのかもしれません。

両親から褒めてもらう為に能力がある事をアピールしなければと考えていたかもしれないのです。

自分から愛しているのだということを示さなければ愛してもらえないと思っていたかもしれません。

どちらにせよ、人からの愛を手に入れようとするために懸命に努力をするようになるのです。 (さらに…)

気持ちが互いに離れているのではないかと感じたら

007_R

女性心理学博士が過去に行った行為、ほとんどの女性がしている行為を彼女はこう呼んでいます。

‘相手の男性との自分自身の持つ気持ちの隙間を埋める’です。

女性というのは、男性との関係についてあるひとつのイメージを持っているものなのです。

自分の望みどおりの男性が見つかったら、自分の描いている理想通りの関係を築き始めます。

この行為は、相手となった男性に次のような言葉を投げかけているようなものです。

・「あなたはね、ただそこにいるだけでいいの。必要な事は私がすべてしてあげる」

「絆だって私が深くしてあげるし、何を話して何をするべきか、どこへ進むべきかも私が決めるの」

「そう、あなたは私のステキな恋人になってくれればそれでいいのよ」

この行為でリスクがあるとすれば、己との関係性を築いていくのと何ら変わらないという事です。

女性は、男性との関係をよく見せようとするあまり、二人で築き上げたんだと思ってしまうものです。

しかし、現実はあなただけが演じている芝居で、相手の男性はそれを見ているだけとも言えます。

次に挙げるのは、恋人や夫の気持ちを埋める為に行う方法についてです。

もしかすると、貴女自身もこの中に出てくる事のひとつ、または全てを行っているかもしれません。 (さらに…)

相手に対する‘好きな気持ち’で見えなくなっているものがあります

029_R

男性にはこんな態度を取りなさいと教えられたが、それが間違いだったと感じた事はあるでしょうか。

また、喜んでくれると思ってした行為に対して嫌悪感を持たれてしまい驚いたことはないでしょうか。

或いは、男性と付き合う方法を教わって実行したのに成功せずに悩んだことはなかったでしょうか。

このような3つの質問を受けたとき、あなたがいくつ当てはまったかを数えてみてください。

もし3つのうちひとつでも該当していたならば、あなたはひとりぼっちではないということになります。 (さらに…)

「こだわってますね」はほめ言葉?

「こだわってますね」はほめ言葉?

知的好奇心が強い、いわゆる“うんちく好き”の男性が、興味深い豆知識をさりげなく披露するのは好感が持てますが、延々と自慢げに語られたら、聞かされる側にとっては迷惑なだけでしょう。

しかし、現実には相手の迷惑に全く気づかず、うんちくを延々と展開する男性が少なくありません。

知っている雑談ネタを披露するのは結構ですが、度を越したうんちく語りはできるだけ慎むのが大人といえるでしょう。 (さらに…)

一言で見抜ける本音と気持ち|「もてそうですね」に喜ぶのは早い!?

「もてそうですね」に喜ぶのは早い!?

女性から「あなた、もてそうですよね」と言われて、嬉しくない男性は多くないでしょう。

しかし、額面通りに受け取って財布の紐を緩めるのは待ってください。

「もてそう」の一言だけなら、社交辞令の可能性が大です。

というのも、女性が男性をほめる時、本心からならもっと具体的に表現するのが普通だからです。 (さらに…)