男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

相手を愛しているから不安になったり黙ったりしてしまう

037_R

えっち後、相手の男性が自分だけの世界へ閉じこもっているように見えてしまう

・「ジェリーは私と愛し合って、その後すぐ自分の中へと閉じこもってしまうようなの」

「私は彼と話しをして仲を深めたいのに、彼はいつも目を瞑って横になっているだけなんだもの…」

「彼が私のことを愛してくれているのはわかっているけれど、まるではじかれているような感じだわ」

・「私は夫に‘カエル’っていうあだ名を付けたの。えっちが済んだら寝室から飛び出るんだから」

「彼自身は浴室に行く、水を飲みに行くとか言うけど、済んだ途端に私から離れてしまうんだもの」

「彼は馬鹿らしいと言って笑うけど,えっちの後横になるっていうのが落ち着かないのは何故なの」 (さらに…)

あなたは相手の何もかもを愛してあげることが出来ますか?

038_R

男性というのは愛してもらいたい時に口えっちを求めてきます

はっきり言ってしまえば、男性が口えっちを好むという事に何の秘密というのはありません。

多くの女性が気分を害する、不安になるといった気持ちから口えっちを嫌う事が問題なのです。

‘彼の感じる「相手の女性に受け入れられているのだ」といった自信へとつながっていきます’

また、これとは違い口えっちに対する別の考え方というのもあります。

まず、男性自身というのは男性にとって一番無防備で敏感な体の部位でもあるのです。

男性自身は、権力・男らしさ・個性というものをもっとも強調しているものなのです。

女性が女性自身を弱みとするのとは意味が違い、男性は男性自身を持つ事を弱みとしています。

女性自身は目に見えない部分に隠れていて、男性自身は目に映る部分にあります。

男性自身が興奮してくると目でわかっても女性自身が興奮してもそれは本人にしかわかりません。

女性が口えっちをしているのを想像しているといった時に大きな間違いをしている事があります。

「男性自身はトイレをするときに使うのにそれを触るなんて…」といった考えを持つことです。

口えっちは男性の無防備な部位を愛して讃えることに関係があるのです。

また、口えっちは男性にとってすばらしく気持ちのいい行為でもあるといいます。

重要なのはそれによって自分のことを受け入れてもらえていると実感できる瞬間でもあるのです。

男性は自身の気持ちよさから口えっちを好んでいるのではないのです。 (さらに…)

‘愛する’行動―男性が手を抜いてしまうという謎を解くには

042_R

女性心理学者がこうした秘密を知ったのは、現在付き合っている男性のおかげであり、大きな発見でもありました。

まだ一緒に暮らす前、二人は愛し始めたが彼女自身がさほど興奮していないことに気付きました。

なぜなら、いつもはとても熱いのにそうならないことに不思議さを感じていたのです。

いつも受けている彼の愛撫が気持ち良くなく、彼自身も夢中になっていないようなのです。

少しずつ機嫌が悪くなっていった彼女は、とうとう起き上がって彼にこう訴えました。

「ねぇ、ほんとに私と愛しあいたいって考えてる?」「あぁ、君のことが欲しくてたまらないんだよ」

「けれど、いつもと違って本当に愛撫を楽しんでいる風に思えないの。どうかしたのかしら?」

彼女の質問に彼は少しの間沈黙しましたが、やがて恥ずかしそうにこう言いました。

「正直な事を言うと面倒なところもあるけれど、でも本気になってるんだ」

「なぜその事を言ってくれなかったの?」 (さらに…)

自分らしく愛する方法を見つけるには

002_R

数年間、女性心理学者は愛情のある関係を築いていく為に懸命に努力をしてきました。

しかし最も大きなマイナイス点となったのは、相手との隙間を埋めていく行為という癖でした。

ですが、彼女はそうした自分の持つ癖に対して自分の方から注目しようとは思わなかったそうです。

彼女は、男性から受けた愛情よりも大きな愛をあげる事にたくさんの時間を費やしてきました。

そのことに気付いた時に、こうした事を繰り返さないと自分の心へと誓ったといいます。

今では、自分が与える愛情と変わらないくらい彼女を愛してくれる男性と出会ったそうです。

その男性と出会った事で初めて愛情を受け取る為に何か行動を起こさなくても良くなりました。 (さらに…)

愛してもらう為の自信をつける方法とは

003_R

もしひとつでも該当するか知りたい場合、簡単にチェックできる方法があります。

それは、‘ボートを漕ぐという行為をやめる’ということです。

自分から彼に抱かれる事を求めたり、出かける為のスケジュールを立てるのをやめるのです。

また、気持ちを伝え合う事も、彼を抱きしめようとするのもやめてみるのです。

そうすると、体を重ねる事も外出も、二人きりの時間を過ごす事も会話も無くなっていきます。

何もかも無くなった時、これまでいかに貴女が隙間を埋めるべく行っていた事を知るようになります。

自分の好きな人が自身のやるべきことをやってないことを身にしみてわかる事になるのです。

そうなった時、自分でアクションを起こす必要があります。

やがて、相手との隙間を埋めないようになったら2つの結果のいずれかになるはずです。

‘彼氏が自分で判断し、自らの力でボートを漕ぐようになる’

‘彼氏がお互いの為に何もせず、興味さえない事がわかり二人の仲が冷めていく’ (さらに…)

本来の自分、ありのままでは愛されないと思っていませんか?

006_R

貴女と意中の彼とがいい仲になってきたら、あなたはとても幸せな気分に浸ることが出来ます。

相手の男性が持っている愛情を手に入れたことで、これまでの努力が果たされたことになります。

しかし、自分だけが心に何らかの負担を負わされていると気付けば彼への怒りが出てくるのです。

ではここで、スーザンとジェリーという夫婦についての話をしていくことにします。

二人は、結婚生活をしていく中でのピンチに立たされ女性心理学者のもとを訪れてきました。

スーザンは「何でもすべて私だけがしていかなければいけない気持ちなんです」と言いました。 (さらに…)

自分が相手を深く愛すれば愛するほど、彼氏は自分を愛してはくれない

008_R

少女は成長して、恋愛をする年代となりました。

「自分はどうやったら男の子の気を引く事が出来るか知ってるの」と自信たっぷりです。

学校で一緒に学んでいる友人達に、少女はいつもこう言っていました。

「恋する秘訣は彼をたくさん愛してあげて、もっと素敵な女の子になって彼を満足させること」

「そしたら、彼はあなたの事が好きになってひとりでは生きていられなくなるのよ」

彼女はその通りに実行して、やがて見つけたお気に入りの男の子を愛するようになりました。

男の子が使っているロッカーへ手紙を入れたり、野球の練習がある時も応援しに行きました。

彼へ掛ける言葉はいつも「あなたはとてもステキよ」というものでした。

このようにして、少女は少年を心の底から愛して愛し尽くしていったのです。

そうするうちに彼も自分の心の中でこんな風に感じるようになっていったのです。 (さらに…)

私の事を自由に扱っていいの。今だってあなたのことを愛しているんだから

010_R

‘あなたが私に冷たくするほどに私のあなたへの愛情はもっと深くなって、もっと怯えていくの’

このようなメッセージは、次に挙げる話と重ね合わせることが出来ます。

貴女は小犬を飼っていて、その小犬が新しくてきれいなソファをフンで汚してしまっていたとします。

しかし、小犬を叱ることもせずに台所から小犬の好きなものを持ってきてあげてしまうのです。

冷たい態度を取る男性に対して、口づけをするというのはこれと同じ事であると言えます。

トレーナーであれば、しつけをする事の大切さをなによりも強調します。

犬の鼻を掴んでフンに押し付けてから、新聞紙などで鼻を叩いて叱りつけます。 (さらに…)

自分自身がどれだけすばらしいのかをさらけ出したほうが人から愛してもらえます

014_R

女性は、‘ステキな女の子になりたい’と願うあまり自分が持っている素晴らしさを隠してしまいます。

自分に関する評価は小さく見せ、彼氏や旦那様に隠せば怖がらせる事もないと考えるのです。

そしてそれが彼らにとっての‘魅力的に見える女’になれるのだと考えてしまいます。

しかし、現状はその逆なのです。

実際、男性はその人の持つ実績や能力に魅力を持ち、欠点を見つけてしまうと冷めてしまいます。

男性という生き物は、女性の持つ優れた所を愛するようになります。

なぜなら、男性自身が優秀であれ有能であれというような育てられ方をしてきたからなのです。

だからこそ、相手の優秀さに魅力を感じるのです。 (さらに…)

好きな人が自分にとって最愛の人であるかを確かめるには

023_R

自分が誰かと付き合う前に、自分が人生において何を求めているのかを考えてみて下さい。

苦しみを避けてきているのかを気づくようにしてみてください。

好きな人を陰で支え、こんな風になりたいというものへ変わっていくのを助けるのはいいことです。

双方が心の底から愛しているなら、相手の心の中に隠れている力を導き出す事ができるのです。

ですが、もっとも大切なことは愛する人と一緒に頑張っていくということなのです。

重要なのは、自分も彼氏も頑張っていく事で、そうしなければ決して結果が見えてこないのです。 (さらに…)