男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

愛情

男の愛情は“徐々に”冷める

024_R

男性の気持ちが一気に冷めることは稀です。

ちょっとくらい嫌なことがあっても、そこはご愛嬌ということで目をつぶりますが、少しずつ積み重なっていくことで、気持ちは徐々に冷めていきます。

その原因として、まず『ケンカ』があります。

どうでもいいようなケンカを毎日~毎週繰り返すうちに、だんだん気持ちが冷め、最終的に別れを切り出すことがあります。

『雨降って地固まる』と考えている女性は、特に注意が必要です。

あなたはケンカするごとに愛情が深まると思うかもしれませんが、彼の中では煩わしさが募るばかりかもしれません。

ケンカというマイナスの時間はなるべく持たず、冷静に話し合って解決しましょう。 (さらに…)

男性への愛情が<甘え>に変わってしまうのはいつなのでしょうか?

019_R

男性に対して母親のように演じるようになると、最初は上手くいっているように感じてしまいます。

ですが、現状としてはお互いの関係に利点ではなく、害を及ぼすようになっていっているのです。

1.愛する男性である彼が女性に立腹して反発し始めます

貴女が好きな男性や旦那様に対して、ずっと彼の母親のように接し続けているとします。

そうするとだんだんとあなたの取る態度に敵意を抱いて反発し始めるようになっていきます。

最初は、彼女や妻である女性の意見や接してくる態度に、何の不満もないかもしれないです。

母親を演じ続けて欲しいとさえ言ってくるかもしれませんが、いずれは反抗するようになるのです。

それはどうしてなのかというと、それにはきちんとした理由があります。

小さい頃から育てられてきた少年はいつの日か母親から離れていくものだからです。

ではここで、42歳のカレンという女性とレナードという男性について話をしていきます。

カレンは、夫のレナードが24歳という若い女性秘書と関係をもっているのに気付きました。

そして、ある女性のもとへ相談にやってきて次のようなやり取りを始めることになります。

彼女は、彼がどうして自分ではなく自分よりも若い女性を見るのかがわからなかったといいます。

「レナードは自分の母親がこんなにまで尽くしてくれなかったんだと言ってました」

「だからこそ、私と生活することについてじゅうぶんに満足していたはずなの」

「けれど、今では‘息が詰まる’とか‘自由になりたい’‘罠にはまった’と言ってくるの。」

「そんな風に言われても、私には何の事だかわからないんです」

そこで今度はレナードの話を聞いてみることにしました。

すると、なぜ彼がカレンから離れて若い女性へといったのかが納得がいきました。

妻から離れて若い女性へいくことは、彼女を作りたい息子が母親から離れるのと同じだったのです。

彼が言った「自由が欲しい、息が詰まる、罠にはまった」という言葉は独立したい世代の台詞です。

カレン自身は、彼の母親を勤めてあげることこそが妻になるための好条件であると考えていました。

しかし、結果的にそうした態度がレナードを彼女の元から去らせてしまう原因となったのです。 (さらに…)

悪気はないえっちあとの冷たい態度

悪気はないセックスあとの冷たい態度

えっちの後は一人になりたい

女性の疑問、愚痴によくあるのが、えっち後の男性の態度が冷たいというものです。

でもそれも男性の本能なのです。

射精した後は達成感を感じ、女性との甘い関係から一刻も早く開放されたくなります。

決して彼女に不満があるとか、身体だけが目的というわけではありません。 (さらに…)

情のあるえっちとは?

情のあるセックスとは?

比較はタブー

男性はえっちのとき、女性に優しく受け入れられると、心から開放されます。

えっちするときは優しく接して下さい。

もちろん性的能力をけなしたり、他人と比べるなどということは絶対にしてはいけません。

EDになるかもしれませんし、確実にあなたから離れていきます。 (さらに…)

「情」のある女性とは?

「情」のある女性とは?

あなたは男性の楽しみにつきあえますか?

男性が「色っぽい」と感じる女性の特徴は「情」でしょう。

この「情」は別の言葉でいうと、男性を受け入れてくれる優しさの事です。

どんなに立派な肩書きがあっても、「男は皆、少年」だからなのです。 (さらに…)