男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

好意

ランチョン・テクニック

ランチョン・テクニック

アメリカのビジネスマンは、クライアントと洒落たレストランでランチを共にしながら、ビジネスの話をする人が多いようですが、この“ランチョン・テクニック”は心理学的にも有効な方法で、食事を楽しみながらの交渉は成功しやすいとされています。

美味しいものを食べるというのは、誰でも心地よいことで、一緒に体験した相手に対しては、好感度が上がります。

さらに、相手の意見にも共感を覚えやすくなり、説得に応じやすくなるようです。

ある事柄についての評論文を、一方のグループには軽食を提供しながら読ませ、もう一方には飲食させずに読ませてみる実験を行ったところ、前者のグループの方が論文に対して賛同する人が圧倒的に多かったそうです。 (さらに…)

「彼女とはどうして別れたの?」と突っ込む目的は?

「彼女とはどうして別れたの?」と突っ込む目的は?

女性が男性に好意を持った際、まず気になるのが「恋人の有無」です。

質問内容をオブラートに包もうと、「○○さんの彼女って、どんな人?」と聞くパターンが常套手段でしょう。

意外に多いのが、「○時に電話してもいいですか?」「電話したらまずい時間ってありますか?」など。

これは、電話はまずい時間帯があるかどうかを確認することで、恋人の有無を推測しているのです。

もし、「ニュースが見たいから」「バスタイムだから」という理由だとしたら、女性をいたずらに落ち込ませないためにも、理由をきちんと説明してあげましょう。 (さらに…)

好意のあるなしが瞬時に分かる方法

好意のあるなしが瞬時に分かる方法

ボディー・シンクロニーとは、仲が良いもの同士が同じ仕草を取るという、心理学の用語です。

親しみや好意を持っていると、無意識にお互いの動作を同調するようになるといいます。

この現象は、相手が自分に好意を持っているかどうかを読み解くヒントにもなります。

気になる異性と一緒にお茶を飲んでいる時、急に身を乗り出して話しかけてみたり、ふと横を振り向いてみたりしてください。

相手がそれなりの好意を感じていたら動作が自然と移り、同じような仕草をするはずです。 (さらに…)