男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

女性

『右上がり』の美しさを持つ女性

037_R

年を重ねる度にきれいになって、オーラが増していく女性が周りにいませんか?

女性が男性に対して、ある程度の経済力を求めるのと同様に、男性は女性に、その人なりの美しさや女性らしさを求めます。

元々美人でなくても、輝きを増していくことはできます。

20代より30代、30代より40代と、歳を取るほど美しさを増していく女性を男性は鋭く見抜き、そこに魅力を感じるのです。 (さらに…)

女は『上書き』男は『各個』

017_R

彼の過去の女性関係は、できることなら知りたくないけれど、知っておきたい……。

男性にとって過去の恋愛は、どのようなものなのでしょうか?

一般的に、女性よりも男性の方が過去を引きずるといわれています。

男性にとって過去の恋愛は美しいものです。

「過ぎ去った出来事に過ぎない」と分かっていても、心の中に美しい姿で残っています。

これは女性には理解しがたいかもしれません。

『女の恋は上書き保存。男の恋は名前を付けて各個保存』これは非常に本質を突いています。

女性は過去の恋の上に新しい恋を重ねていくので、前の恋はどんどん消えていきます。

ところが、男性の恋は1つ1つの恋をそれぞれ保存していくので、決して消えることはありません。 (さらに…)

コミュニケーションで女性によくあるとされる三つの誤解

008_R

(1)感情表現に慣れていないのにこだわりが強いと誤解し男性を‘鈍感’だと非難してしまう

女性心理学博士が面接を行った男性は、女性からの言葉に傷つき立腹していました。

彼女達から頻繁に‘無神経’とか‘鈍感’とか‘冷たい’等と言った言葉を浴びせられていたのです。

理解して欲しいのは、男性が鈍感であると言うのは神話に過ぎないものであるという事です。

本来男性は女性と変わらないくらい敏感であり女性よりも繊細であるともいえます。

ただ、自分が何を感じているのかがわからないだけなのです。

だから女性が『どう思っているの?』と聞いても上の空だったり『別に何も…』と答えてしまうのです。 (さらに…)

女性はどういった失敗をしてしまうのか、男性はどのように反応するのか

010_R

女性達は会話をしながら考えることが出来ますが、男性はそうではありません。

・「妻が自分の頭に浮かんでいる事を、次から次へと口にするのがたまらなく嫌になります」

・「私がどういった時にパニックになるかわかるでしょうか?」

「女性が問題の全てを細かく説明したり、‘あれもできる、これもできる’と見込みを並べ立てる」

「その日のうちにしなければならないことを何でも言ってみせることなんですよ」

「こんなことをされてしまうと、その場から逃げ出したくなってしまいます」

同じことを言っているときでも男性の言い方と女性の言い方とではこんなにも違うのです。 (さらに…)

男性は‘目的志向型’であり女性は‘プロセス志向型’である

014_R

例えば、女性が次のような言葉を切り出してきたとします。

「ねぇ、話をしましょう」「あのね、二人の事で話があるの」「私の仕事について一緒に考えて」

こんな言葉を切り出されると、目的が漠然としてはっきりしないため、どんな風にも解釈できます。

男性には話しがどこへ向かうのか、どれくらいの範囲にまで広がるのかがわからないのです。

あなたの求めているものが何なのか、彼が答えを導き出さねばと落ち着かなくなってしまいます。

彼は効率よく役目を果たしていきたいのに、いかんせんそのゲームのルールがわからないのです。

やがてこうしたことが男性に不安感と疑惑とを呼び起こしてしまうのです。 (さらに…)

過去の恋人・夫の話しをしてくる女性

017_R

「私は、スーザンと一年以上もデートを重ねてきたけれど、彼女は未だに元彼の話をするんだ」

「何かする時元彼よりも上手くやると二人を比べるし元彼と似たような事をすれば二人に立腹する」

「だからいつも彼女と私との間にはいつだって元彼がいるような気がしてならないんだ」

・「付き合っている女性なんかにこれまでのえっちの話をされるのがたまらなく嫌なんだ」

「えっち体験のない子と付き合っていると自分に言い聞かせているわけではないんだけれどね」

「誰のなにがどうだっただの、えっちが下手だっていう話をされると耳を塞ぎたくなってしまう」

「これまで彼女が付き合ってきた男の事を考えたらそういう気すら起こらなくなってしまうよ」

貴女の夫やお付き合いをしている彼氏は、元彼や元夫の話など聞きたがってはいません。

こうした現実を直視するべき時が来たのです。 (さらに…)

自分の性的な魅力を武器として男性を操ってくる女性

018_R

「‘今とても燃えているの…もっと…’などと言いたげな女性はとてもしらけてしまいます」

「こうした女性は胸の開いた服と思わせぶりな視線を私に送ってくるんですよ」

「それはまるで、自分の体を餌にして私と言う魚を釣り上げようとしているかのような感じです」

「この手口に乗ってしまう男性もいますが、こんな事をする女性は軽く見られてしまうんです」

・「私の職場には、男性をえっちの対象としてしか見ていない女性がいるんです」

「その女性は、からかったりちょっかいだしたりもてあそんだりしているんですよ」

「挙句の果てには、男性達が自分を取り上げないのを不思議に思っているんです」

男性は、性的な魅力を武器にしている女性に操られるほど愚かな生き物ではありません。

女性が男性に思わせぶりな態度を取っているという事すらも男性達にはお見通しなのです。

そうした態度を嫌がってないように見えても注意を引き付けられても尊敬も相手にもしません。

見えないところで男性は貴女の事を笑っているのです。 (さらに…)

相手男性のお金だけしか興味のない女性

019_R

・「出会って間もないのに、車や仕事、どこのブランドの服かをチェックする女性は大嫌いだよ」

「私自身の人間性については何の関心も持ってはくれない」

「彼女らが求めるのは友人を羨ましがらせる男性、つまりは素晴らしい金づるってことさ」

・「女性が口にするのは、素直・優しさ・思いやり・積極性のある男性がいいという言葉だ」

「だけれど、本当はお金をたくさん持っている男性を求めているのさ」

「相手男性がいい職に就いてくれないで安月給だったり、商売をし始めたばかりの場合もある」

「そうすると情があって優しくても、女性は鼻にもかけやしないんだ」

「大切にしてもらえなくても高級車を乗り回し、財布の中身はカードでパンパンになっている」

「そして週末になるとジャマイカに連れて行ってくれる様な男達の背中を追い掛け回すのさ」 (さらに…)

中身を持たない為、愚かに見られてしまう女性

020_R

・「私が呆れるのは周囲の出来事を知らず、テレビ鑑賞か爪の手入れか最新ファッションチェック」

「そういった事しか出来ない女性です。どんなに綺麗でも話し始めると残念に思ってしまう」

「世の中で何がとても大事なのかという事がなにひとつわかっていないのだから」

・「男の私に一番大切なのは、自分の好きな女性、愛する女性をとても誇りに思えることです」

「彼女を連れてどこかへ行って誰かに紹介しても恥ずかしくない自立している女性と思える事」

「素敵な体型や綺麗な人もいいけれど、私が魅力を感じ刺激を受けるのは賢い女性のほうです」

女性心理学博士の調査協力をしてくれた男性達も、同じ意見を述べたといいます。

要するに、見かけだけの女性達には魅力というものを感じられないというわけです。

男性の全てが頭のいい、高学歴や自分の持つ知性を誇りとする女性を求めてはいません。

男性達の持っている性格や知性のレベルと言うのもそれぞれ個人差があります。

男性は愛する女性が勝手で見掛け倒し、自分の事しか考えていない人だと思いたくはありません。 (さらに…)

なにかと人に頼ってしまう女性

021_R

・「自分で決め事ができないような自立心の無い女性はとても残念でなりませんね」

「私が別の女性を見るとすぐに勘ぐってくるし、一緒に出かければずっとまとわりついてくる」

「彼女の仕掛けた罠に掛かった気分になって息が苦しくなってしまうんだ」

「だからどんなに綺麗な女性でも興味なんて無くなってしまう」

・「私が一番嫌だと感じてしまう女性は、すぐ人のせいにする被害妄想の強い女性さ」

「ちょっとしたことでも、まるでノイローゼ寸前のような表情を見せる女性は最悪だ」

「前に付き合っていた女性は、喧嘩をすれば‘自殺する!’と言って私を脅していたんです」

「本気ではないにしろ、私としては喧嘩するたびに罪の意識を感じていたくらいでした」

「半年も経過すると、そんな彼女のことを欲しいなんて全く思わなくなりましたよ」 (さらに…)