男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

大切

男性が大切にしたい女性

040_R

「放っておけない」「また会いたい」「なぜかずっと一緒にいたいと思う」男性にそう思わせるかどうかの『境目』は、実に小さなものです。

ピンチを切り抜ける強さ

20代も折り返した男性達が、ふとした瞬間に心奪われるのが、いざという時にピンチを力強く切り抜ける女性です。

人間関係のトラブル、仕事、受験、資格試験、転職、リストラ、事故、病気、家庭の問題……困難にも果敢に挑む女性の力強さと図太さが、男性の心を鷲掴みするのです。

男性をリードする強さを発揮する女性もいます。

切羽詰まった時に、冷静に解決策を考え、実行に移す。

追い込まれても耐え、最後には乗り越える。『つぶれない女』は、男性を虜にするための重要な要素です。

このタイプは、男性に本当の安らぎをプレゼントすることができます。

自分がピンチの時は、男性も誰かに頼りたいものです。

何から何まで守ってあげるだけでなく、時には頼ることができる。

そんな女性にこそ、男性は安心して心を預けます。

大人の女性はかわいいだけではなく、ピンチを自力で切り抜ける強さを兼ね備えてこそ、恋愛も結婚も断然有利になります。

小さな約束をきちんと覚えている

忙しい毎日の中で、何気なく交わした小さな約束を覚えている人に、信頼を寄せてしまうものです。

約束として成立したかどうか分からない、独り言に近いようなことでも覚えてくれたと分かった瞬間、人は『絆』と感じます。

「些細なことまで気にしてくれているんだな」と嬉しくなるのです。

しかし、注意しなければならないことが1つ。

「自分がやってあげているのだから、私のためにいろいろやってほしい」と、見返りを求める気持ちを露わにすることです。

特に付き合うかどうか分からない、恋愛の前段階の時期は縛られたり、義務を課せられたりことを嫌がります。

くれぐれも「見返りをもらう」という期待はしないこと。じっと見つめて『好き好き光線』を発射しないことです。

彼にために何かしてあげることが楽しい。

彼との小さな約束を守ることが嬉しいから約束を守る。

その気持ちを忘れないよう、『ついで感』を意識しましょう。 (さらに…)

‘自分の事を犠牲にする’行為は‘相手の事を大切にする’ということにはならない

011_R

ある女性心理学博士の所へ、二十六歳のルイスと二十二歳のリンダが相談しにやって来ました。

二人は付き合って9ヶ月になるのですが、開口一番「リンダの事がわからない」と言うのです。

「リンダと知り合った頃はとても可愛らしくて、ずっとそばにいてもいいとさえ感じました」

「でも、2,3ヶ月もすると態度が変わって冷たくしたり弁護したり嫌味を言ったりし始めたんだ」

「リンダにこの事を言うと、‘これが本来の私だから変えさせないで’と言ってくるだけなんです」

「僕はこんなこと認めたくない。けれどリンダがわがままになったというような感じがするのです」

ルイスの話を聞いている間中、リンダの表情は硬く厳しいままでした。

女性心理学博士は彼女の事がとても気になって、ルイスに席を外すようにお願いしたのです。

そして、彼女はリンダに自分自身の事、ルイスと付き合う前の男性の話をするよう言いました。

すると、リンダは二十歳の時に前の男性と婚約していたという事を話し始めたのです。 (さらに…)