男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

別れ

彼女との別れを決めた理由

050_R

『大ゲンカをした』『他に好きな人ができた』などの目立った原因ではなく、突然別れを切り出されて驚いたという例は意外と多いものです。

なぜ男性は『別れ』を決意したのでしょう。

会話が膨らまない

特に険悪だったわけでも、別れの予感があったわけでもないのに、彼から別れを告げられた経験はありませんか?

思い返してみると、2人で会話している時、話題を作るのはもっぱら彼ではありませんでしたか?

会話中に、彼が「それで結論は?」と言ったり、貧乏ゆすりしたりのようなことはありませんでしたか?

彼があなたと別れた本当の理由は、「彼女と一緒にいても、会話が今ひとつ盛り上がらないので、面白くない」からかもしれません。

ある男性は、こう言っています。

「彼女といるより、友達といる方が元気をもらえるし、会話も楽しい。彼女とのデートが終わると、正直ホッとしてしまうところがあった。それを冷静に考えた時、『自分は彼女に体の関係だけを求めているのかもしれない』と思ってしまった。『好き』という気持ちがどこかに行ってしまったことに気づき、別れることにしたんだ」

男性にこんなことを言わせないためには、どうすればいいでしょうか。

それは、もっと自分から話題を提供すること。

お笑い芸人のように盛り上げろというわけではありません。

「ちょっと面白いな」と思わせるようなことを一度やってみましょう。

お笑い番組を見て、「どういうタイミングでギャグを入れているか」「どんな言い方をしているか」を研究してみるのもいいでしょう。

「この人となんだか笑いが絶えなくて楽しい」と思える時間を過ごすと、彼は「また彼女と話がしたいな」と思うようになるでしょう。

ケンカの最中に『話題』があっちこっち飛びまくる

男性の場合、恋人とのケンカは問題を2人できちんと解決していくための『話し合いの場』です。

「ケンカは感情のぶつけ合いだ! 腹が立つから、相手に非を認めさせたい! 土下座させて、私の意見を通したい!」と考えている人は危険です。

このスタンスで男性と向き合い続けると、男性が気持ちの糸が切れ、修復不可能な関係に陥ることがあるからです。

「もし結婚したら、今より深い問題だった出てくるかもしれないのに、今からこんな調子では、問題解決の話し合いは無理そうだな」と思ってしまいます。

まともに話し合えないと分かった瞬間、「じゃあ、言いたいことを紙に書いて、あとで渡して」と言う男性もいます。

これは彼に思いやりがないわけでも、愛情が冷めたわけでもありません。

「感情的になられては話し合いにならない」「何が言いたいのかが分からない」と困惑しているのです。

『雨降って地固まる』ということわざがありますが、使い方によってはケンカは2人の仲をより強固なものにするチャンスでもあります。

ですから、自分の意見ばかり感情に任せて叫ぶたくなる気持ちをちょっと抑え、「彼はどんなことを考えているのか」「どうすれば2人の関係がもっとうまくいくようになるか」などを考えながら、できるだけ冷静に話をすれば、ケンカの勢いで別れてしまったという事態は避けられるはずです。 (さらに…)

付き合ってすぐ「別れよう」と言われた…

035_R

ずっと好きだった彼と付き合うことになったのに、いきなり「別れよう」と言われたら、それは驚くでしょう。

以下の理由が考えられます。

1つ目は彼がちょうど彼女にふられたばかりだった、転勤したり仕事に忙しかったりで遊ぶ時間がなかったなどの理由から、『たまたま』あなたと付き合おうと思った場合。

心の隙間を埋めるため、いわゆる『都合のいい女』扱いです。

彼があなたのことを好きではなかったことに気づいた場合、彼の方から別れを切り出します。 (さらに…)

男が引きずる『別れ』

035_R

どんな別れ方をしたにせよ、ふとした時に後悔の気持ちが湧き起こることもあります。

一般的に、男性の方が失恋から立ち直るのが遅いといわれていますが、男性が別れて後悔するのには、いくつかのパターンがあります。

1つは、時間が経った後、彼女が別れを告げた理由が理解できたパターン。

直後は気づかなかったけど、数ヶ月もしくは数年後に自分の落ち度に気づくことがあります。

そして、「今の俺ならふられなくて済んだのに」と悔やむのです。

客観的に自分を見つめ直して別れの意味を知り、そして後悔するのです。 (さらに…)

「彼女とはどうして別れたの?」と突っ込む目的は?

「彼女とはどうして別れたの?」と突っ込む目的は?

女性が男性に好意を持った際、まず気になるのが「恋人の有無」です。

質問内容をオブラートに包もうと、「○○さんの彼女って、どんな人?」と聞くパターンが常套手段でしょう。

意外に多いのが、「○時に電話してもいいですか?」「電話したらまずい時間ってありますか?」など。

これは、電話はまずい時間帯があるかどうかを確認することで、恋人の有無を推測しているのです。

もし、「ニュースが見たいから」「バスタイムだから」という理由だとしたら、女性をいたずらに落ち込ませないためにも、理由をきちんと説明してあげましょう。 (さらに…)

賞味期限が切れたら、サヨナラ

賞味期限が切れたら、サヨナラ

一生に一度のギャンブル

彼にどんなに尽くしても捨てられる女性がいます。

何が悪いのでしょう。

彼はあなたをどう思っているのでしょう。

都合のいい女でしょうか?

不安に感じたなら確かめてみましょう。 (さらに…)