男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

会話

ルールがひとつあれば会話がスムーズに進んでいきます

009_R

あなたは次のような経験をした事はないでしょうか。

貴女が彼氏や夫に自分の気持ちについて説明をしようとしています。

しかし、椅子に座って苛立たしげにしていた彼がとうとう顔を上げてこう言いました。

「・・・だから、要するに何なんだ?!」

私の話なんて聞いてもくれない、気持ちさえも考えてくれないとあなたは思ってしまいます。

いっぽう、彼のほうもあなた自身が彼をわざとらしく苦しめているのだと思ってしまっています。

こうしたジレンマも、もう今なら理解できるのではないでしょうか。

男性が解決志向型だということがよくわかっているということです。

男性は女性に自分の気持ちを二十五文字以内にまとめてほしいと思っているのです。

女性は話というプロセスこそが自分の気持ちを分析して問題を深く洞察してくれます。

そしてはっきりとさせていくのですが、男性にはそれが理解できないのです。

女性は悩み事で愚痴を言うとき、問題解決へ繋がると思っている事を男性に知らせてはいません。

そのため、男性達から女達は泣き言を言ったり愚痴を言ってばかりいると非難されてしまうのです。

なかには自分を被害者のように文句だけを言い、変えていくための努力をしない女性もいます。

それ以外の女性は問題が起こっても自分で責任を持ちます。 (さらに…)

短時間でも相手を魅了する“声”

短時間でも相手を魅了する声

好きな女性と会話している時、短時間でできるだけ距離を縮めたかったら、なるべく小さな声で話しましょう。

小声で話をすると、内容が聞き取りづらいため相手が近づいてくれる、という単純明快なメリットが1つ。

他にも、実は声を落として話をすると、聞いている者の気を引きつけることができる、という説があります。 (さらに…)

ほめ言葉を引き立てる“けなし”

ほめ言葉を引き立てるけなし

人をほめる際は、最初にけなすようなことを言ってからほめると、驚くほど高い効果があります。

ひたすら称賛するより、一度けなしておいてから持ち上げると、ほめ言葉が強く心に残るのです。

ただし、けなしの内容はごくささいな欠点にしておく必要があります。

あまりにも痛烈な批判をすると、たとえその後ほめ言葉を言っても、最初のインパクトが強すぎて「嫌味な奴」と印象しか残りません。 (さらに…)

距離を近づける“ほめ言葉”の選び方

距離を近づけるほめ言葉の選び方

「ほめる」というのは、相手によい感情を持ってもらうには最も確実な方法です。

人間には「自己肯定欲求」という、自分に対してプラスの評価を求める欲求があります。

つまり、自分を肯定してくれる存在には惹かれてしまう傾向があるのです。

意中の相手を大いにほめるような話題を選べば、よい印象を持ってもらえるでしょう。

できれば目立たない長所をほめると、より大きな効果が望めます。

例えば、お目当ての異性が絶世の美女やイケメンだとしたら、多くの人からの「美人ですね」などの言葉は聞き慣れているため、その部分をほめてもさほど感動はありません。 (さらに…)

好き嫌いを口にするかしないか

好き嫌いを口にするかしないか

女性は人の好き嫌いがはっきりしている傾向が強いようです。

「あの人は好き、あの人は嫌い」と自分の気持ちを明確に意識している上、それを口にすることに抵抗がありません。

さすがに「あの人は嫌い」といった話をどこでも誰にでもするわけではありませんが、親しい関係の人には「あの人嫌いなのよね」と毒づいたりします。

対して、男性は女性ほどはっきり好き嫌いを意識しません。

「好きか嫌いか、改めて考えたことない」などと言って言葉を濁すことが多いようです。

この違いは、子孫を残すための習性という説があります。 (さらに…)

男性と女性の仁義なき戦い|内容重視かおしゃべり中心か

内容重視かおしゃべり中心か

「女三人寄ればかしましい」とはよく言ったもので、女性が集まるとおしゃべりが途切れることがありません。

男性からすると「よくそんなに話す内容があるな」と思うでしょう。

太古、女性の役割は仲間たちとともに魚を捕ったり、狩りをしたりしている男たちの留守を助け合って守る、といったものでした。その後も、常に周囲の女性たちと強調し、よい関係を持つことが求められてきました。

その役割を果たすには、他人との円滑なコミュニケーション、楽しく会話できる能力こそ重要だったのです。

また、複数の女性たちが会話しているのを観察していると、その展開が驚くほど多面的なことに気づくはずです。

それも、ある女性が話をしているところを、別の女性が違った話を持ち出して脱線させ、また別の女性が唐突に別種のネタを口にする……といった具合で、1つの話題を筋立てて論じることは少ないです。 (さらに…)

なぜか“生返事”を繰り返してしまう男性

なぜか生返事を繰り返してしまう男性

人から話しかけられても気のない返事を繰り返すだけの男性が、周りにいないでしょうか。

いくら男性が本質的におしゃべりは苦手だといえ、生返事だけというのはさすがに感じが悪いです。

男性が「ああ」「ふーん」「はいはい」など、聞いているのかいないのか分からない返事をする場合、その裏には「相手より優位に立ちたい」という心理が隠されていることがあります。

そもそも生返事をするのは、よほど忙しいとか、考え事をしているとかの明確な理由がない限り、「あなたの発言を、そんなに真剣に取り合うつもりはない」とのアピールと考えた方がいいでしょう。

また、意味もなく生返事を繰り返すタイプは、その反応自体妙に遅いものです。 (さらに…)

結婚後、無口になる男性

結婚後、無口になる男性

恋人時代はよくしゃべり、話題も豊富でいつも楽しませてくれたのに、結婚したら会話が極端に減ってしまったという夫婦は、案外多いそうです。

妻側からすると、何か騙された気分にもなりますが、夫側――男性にとっては自然なことで、ある意味仕方がないことです。

はるか昔、男性が会話する目的は情報伝達に限られていました。 (さらに…)

難しい言葉ばかり使う男性の狙い

難しい言葉ばかり使う男性の狙い

やたらと難しい言葉を使う人というのは、自分をより大きく見せたい願望を持っていることが多いです。

難解な言葉を用いることで、知的な印象を植え付けたいと考えているのです。

このタイプは往々にしてコンプレックスを抱えていることも多く、新しいことにも敏感で、インターネットやSNSなどで目にした新語を使いたがる傾向も見られます。

また、大声でしゃべり、オーバーリアクションの人は男性に多いようですが、このタイプは独りよがりの傾向が強いです。

他人の話を聞くよりも自分が話したいと思っている上、自分の話が最も面白く内容も濃いと自信を持っています。

大らかで社交的と言ったよい面もありますが、他人の話を聞かないことも多く、“空気が読めない奴”扱いされがちなので要注意です。

細かい口調に目を向けてみますと、話し始める時「なんかさー」「そういえばー」などと言う人は、会話の主導権を握りたがる人、と考えられています。

いきなり話を展開するのではなく、まずは自分に注目を集めようとしており、「なんかさー」の後、一瞬黙って周囲の注目を集めるものです。 (さらに…)

「こだわってますね」はほめ言葉?

「こだわってますね」はほめ言葉?

知的好奇心が強い、いわゆる“うんちく好き”の男性が、興味深い豆知識をさりげなく披露するのは好感が持てますが、延々と自慢げに語られたら、聞かされる側にとっては迷惑なだけでしょう。

しかし、現実には相手の迷惑に全く気づかず、うんちくを延々と展開する男性が少なくありません。

知っている雑談ネタを披露するのは結構ですが、度を越したうんちく語りはできるだけ慎むのが大人といえるでしょう。 (さらに…)