男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

うまく「つきあう」には

えっちできない彼を癒してあげる

セックスできない彼を癒してあげる

男性の人生は波瀾万丈

男性の人生は、女性よりも浮き沈みが激しいものです。

毎日が戦いの連続です。

「万事休す!」と思うことがあっても、めったに弱音を吐かずにいます。

もしかしたらプレッシャーで眠れないこともあるかもしれません。

パートナーが気づく前にトラブルを乗り越えていることもあります。 (さらに…)

仕事の話はベッドの上で

仕事の話はベッドの上で

えっちの後に何故?

男性は出した後、何故か仕事の話や政治や主義主張の話をしたくなるものなのです。

「まさか?」と思われるかもしれませんが、そういう生き物なのです。

出した後はアグレッシブな心を取り戻し、仕事の話がしたくなります。

昼休みにえっちした男性は、いつもの二倍仕事の効率が上がると言われています。 (さらに…)

悪気はないえっちあとの冷たい態度

悪気はないセックスあとの冷たい態度

えっちの後は一人になりたい

女性の疑問、愚痴によくあるのが、えっち後の男性の態度が冷たいというものです。

でもそれも男性の本能なのです。

射○した後は達成感を感じ、女性との甘い関係から一刻も早く開放されたくなります。

決して彼女に不満があるとか、身体だけが目的というわけではありません。 (さらに…)

彼のストレスを減らして癒すには

彼のストレスを減らして癒すには

不安な時はえっちできないのが男

男性は、ストレスや疲れの為に、えっちできない時があるのです。

特に、調子の悪い時など、彼女を満足させられるかどうか内心はドキドキです。

そんな時、無理にえっちしたものの、もし勃起できなかったら男のプライドが傷つきEDになることもあります。

あまり女性にはピンと来ないかもしれませんが、男性のナイーブな面も知っておいて下さい。 (さらに…)

情のあるえっちとは?

情のあるセックスとは?

比較はタブー

男性はえっちのとき、女性に優しく受け入れられると、心から開放されます。

えっちするときは優しく接して下さい。

もちろん性的能力をけなしたり、他人と比べるなどということは絶対にしてはいけません。

EDになるかもしれませんし、確実にあなたから離れていきます。 (さらに…)

夢中にさせるセクシーな魅力

夢中にさせるセクシーな魅力

男性の理想ってどんなの?

男性が夢中になるセクシーな魅力を持つ女性は、どんな人かご存知ですか?

それは、ベッドの上で素直に淫らになれる女性です。

と言われても「それって具体的にどうすればいいの?」と途方に暮れる女性もいることでしょう。

まず二つのことから初めましょう。

まず一つ目は「部屋の明るさにこだわらない」ということ。 (さらに…)

食事をする時に気の使い方

食事をする時に気の使い方

割り勘の人はその気がない

男性、いえ動物を含めてオスの本能というものは、すべて同じ根っこです。

気に入った女性(メス)を落とすためには、餌を持って行ったり、メスの好きなニオイをだしたり、毛づくろいをしてあげたり、手土産付きのアプローチをします。

ということは、割り勘をする男性は、あなたにその気がないのですから、体の関係になる必要はありません。 (さらに…)

気のない男性とのつきあいかた

気のない男性とのつきあいかた

気があるから、お金をかけるという考え方

「全然その気がないわ」というレベルの男性には、どんなことがあってもご馳走になってはいけません。

必ず割り勘にしましょう。

世の中には、性的な関係を求めるため、ご馳走をするという考えの男性がいます。

安い店だろうが高い店だろうが、割り勘にしましょう。 (さらに…)

幸せになりたいなら、素直に頼ってみる

幸せになりたいなら、素直に頼ってみる

自分の弱さをアピールしてみる

結婚をしたい、恋愛をしたいと考えているなら、「一人でも生きられます!」というオーラを出さないようにしましょう。

立派すぎる女性は、男性と同等の立場の持ち主と考えられてしまうのです。

それよりも、多少オーバーでも「あなたなしでは生きられないの…」というくらいの気持ちで、彼と接してください。

そうすると、彼はあなたを守ろうと考えます。 (さらに…)

喜怒哀楽のある男性がオススメ

喜怒哀楽のある男性がオススメ

感情に寄り添える男性

古今東西、いわゆるカッコいい男性というのは、言葉少なくクールというところではないでしょうか。

男性は女性に比べて感情の起伏が少ないと言われています。

ただし恋愛をする時には、喜怒哀楽を素直に出せる男性とのお付き合いの方が女性にストレスを与えないと思います。

といっても、喜怒哀楽の「怒」で火が着いたように怒るというのではありません。 (さらに…)