男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

最高の恋愛を手に入れるには

“最高の恋愛”を手に入れるには?

011_R

男性は、不可解な行動で女性の心を翻弄します。

「付き合って欲しい」と告白してから、ゴールインもしくは別れるまで、なかなか本音を明かしません。

別れの時でさえ「好きだけど別れる」と、優しい嘘をつく人もいます。気の置けない男友達との仲だけで共有され、最愛の女性には最後まで明かされないこともあります。

なぜ男性はこんなにも秘密主義なのでしょうか?

それは、男性は2つの顔を持っているからです。 (さらに…)

友達から恋人候補に

002_R

昔からの男友達で、互いに異性として意識していなかった頃、彼には彼女がいたか、モテモテで恋愛には不自由していなかったかもしれません。

しかしその後、失恋と出会いを繰り返し、「結局みんな去って行った。

気がつけば1人……」孤独に襲われて周囲を見回した時、“あなた”という友達が見守ってくれていたことに気づきます。

「素の俺を一番理解してくれていて、かっこわるいところも見せられる。

彼女こそ運命の人だったんだ!」これこそ、恋愛遍歴の多かった男性が、多くの女性との出会いと別れの果てに、身近な女友達に抱く『恋心』です。 (さらに…)

『付き合っている』の境界線

031_R

「本当に付き合っているんだろうか?」と不安がよぎることがあります。

付き合っているかどうかと言うのは非常に曖昧です。

なぜなら、恋人への態度や考え方は千差万別で、カップルの数だけ付き合い方があるからです。

これから挙げる項目はあくまで目安ですが、彼との関係に不安を感じたとき、役に立つでしょう。 (さらに…)

恋人の有無を“それとなく”知るには

032_R

出会いの場所や出会い方によって、恋のスタート地点は微妙に変わってきます。

友達の彼氏に、彼の友達を紹介してもらう場合は、友達経由でプロフィールや人となりを知ることができるので、安心して交際をスタートできるでしょう。

社内や取引先、趣味のグループに気になる人がいる場合は、ハードルが少し上がります。

彼に彼女がいるかどうかを確認するところから始めなければならないからです。 (さらに…)

体を許しても『本命』にはなれない

033_R

深い関係になったからといって、本命になったとは限りません。

多くの女性は、「好きだから体の関係を持つ」ということを愛情と結びつけます。

しかし、えっちしたからといって、男性の心まで独占することはできません。

むしろ、付き合うか付き合わないかという微妙な段階で、なし崩し的に関係を結んでしまった場合、彼があなたを『本命』と考える確率はかなり低いでしょう。

なぜなら、男性は「付き合ってもいない男に体を許す女」と捉えるからです。

遊びの相手としては好都合かもしれませんが、本命には軽すぎます。 (さらに…)

初デートに臨む心理

034_R

初めてのデートで、男性が緊張していないように見えることがあります。

「あまり気乗りしていないのでは?」と思うかもしれませんが、男性の緊張の度合いは、愛情の度合いとは比例しないものです。

男性の緊張の度合いは、相手を好きになる過程によって異なります。

1つは、まだ相手のことをよく知らないまま『憧れ』から好きになったパターン。

もう1つは、ただの友達や仕事仲間という気持ちが恋心に変わった『親近感』のパターンです。

もし、『憧れ』の対象として好きになった場合、彼はあなたと一緒にいるだけで震えてしまい、『近寄りがたい』という気持ちを抱いてしまいことさえあります。 (さらに…)

男が引きずる『別れ』

035_R

どんな別れ方をしたにせよ、ふとした時に後悔の気持ちが湧き起こることもあります。

一般的に、男性の方が失恋から立ち直るのが遅いといわれていますが、男性が別れて後悔するのには、いくつかのパターンがあります。

1つは、時間が経った後、彼女が別れを告げた理由が理解できたパターン。

直後は気づかなかったけど、数ヶ月もしくは数年後に自分の落ち度に気づくことがあります。

そして、「今の俺ならふられなくて済んだのに」と悔やむのです。

客観的に自分を見つめ直して別れの意味を知り、そして後悔するのです。 (さらに…)

「好きだけど付き合えない」の本音

036_R

独身男性が「君のことは好きだ。けど付き合えない」と言う時、基本的に本命は他の人であることを示しています。

ただ、「両方好き」という気持ちはあります。

一口に「好き」といっても、『Love』ではなく『Like』止まりということです。

「好きだけど付き合えない。

だから友達でいよう」ならいざ知らず、「付き合えないけど好き。

だからやらせて」と言い出したら危険信号。

体を許したとしても遊びの関係になるだけです。 (さらに…)

本当に“今”だけ「彼女はいらない」の?

037_R

男性がよく使う「今、彼女はいらないんだ」という言葉には、いくつかの解釈があります。

1つは言葉通り、恋愛にかまけていられない時期にいるからです。

資格取得、昇進試験、大きな商談がまとまるかなど、人生の勝負がかかっている時期に「彼女はいらない」と思う男性はいます。2つ目は、過去の恋愛で傷ついている場合です。

「こんなに辛い気持ちになるなら、恋愛なんてしない」と、少々悲観的になることさえあります。

3つ目は、今付き合っている彼女と別れる予感がある場合。 (さらに…)

甘え上手は『かわいい』

038_R

甘えてくれない女性には、男性は物足りなさを感じます。

理由は、男性も甘えたい願望があるからです。

女性の方から甘えてくれないと、多くの男性は甘えられません。

女性が自分からえっちに誘うのが苦手なのと同じです。

女性が極端に甘え下手ですと、男性は物足りない気持ちに負けて浮気に走ることもあります。

また、男性は『甘え下手』な女性を、大雑把で繊細さに欠ける『がさつな女』と誤解することがあります。 (さらに…)