男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

相手の気持ちになって
このエントリーをはてなブックマークに追加

相手の気持ちになって

相手に対して取っているあなた自身の態度が一番の問題となるのです

030_R

自分が相手に対していったいどのような態度を取っているのかあなたは気付いているのでしょうか。

その態度を取ることにより、あなたにとって大切な彼氏や夫の負の部分を出していることがあります。

当然のことですが、人は誰しも間違おうと思って間違いを犯しているわけではありません。

そうした態度のほとんどが、その人にとっての母親であったり祖母であることが大きいと言えます。

しかし、受け継がれてきた態度をとる女を演じる事で、自分自身を駄目だと思ってしまうのです。

また男性のほうはというと、相手の女性に対して冷たくしてもいいと思うようになってしまうのです。 (さらに…)

相手に対する‘好きな気持ち’で見えなくなっているものがあります

029_R

男性にはこんな態度を取りなさいと教えられたが、それが間違いだったと感じた事はあるでしょうか。

また、喜んでくれると思ってした行為に対して嫌悪感を持たれてしまい驚いたことはないでしょうか。

或いは、男性と付き合う方法を教わって実行したのに成功せずに悩んだことはなかったでしょうか。

このような3つの質問を受けたとき、あなたがいくつ当てはまったかを数えてみてください。

もし3つのうちひとつでも該当していたならば、あなたはひとりぼっちではないということになります。 (さらに…)

あなたの夫や彼氏が好感度を持たない友達と付き合い続けますか?

028_R

ここでは、24歳のジョアンという女性とローレンスという男性とのことについて話したいと思います。

美容師をしていた彼女は古美術商の彼とフリーマーケットで出会うことになります。

ジョアンは大学を出てはいないけれどもとても明るくて美容師の仕事も順調でした。

ローレンスは名門大学を卒業して、自分はインテリなのだと認めているところがありました。

ところが、ジョアンの友人の誕生日パーティーに彼を連れて行った時に揉め事が起きたのです。

彼は、彼女の友人達とは共通点がなく居心地が悪いと言ってパーティー中一人でいたのです。

帰る途中、当然の事ながらジョアンとローレンスはけんかを始めました。 (さらに…)

心の中に潜むカメレオンは自らを切り売りしているのでしょうか?

027_R

好きな男性の理想の女性になる為に、容姿から信条・個性や態度まで変えようとする人もいます。

彼女たちは、彼が望んでいる女性になるんだと一大決心をするのです。

‘この人はとても魅力的だ’と誰もが感じる女性になろうと自分自身を変えてしまう人もいます。

これは、自分の事よりも相手を大切にしようとするあまり取ってしまう女性の行動パターンです。

女性心理学博士は、こうした行動を‘心のカメレオン’と呼んでいるのだそうです。

ではここで、好きな男性の為に自らを犠牲にしてしまった女性についてお話したいと思います。 (さらに…)

‘自分’を持つことのできない妥協はいくら二人の為だとしても苦しめるだけです

026_R

自分の夢を諦める代わりに好きな男性の夢を共有するという行為はとても寂しく悲しいことです。

自分を捨ててまで、彼氏や夫を優先しているという時心の中ではこんな風に思っているはずです。

「こうすれば、彼は私の事をもっと好きになってこれまで以上にもっと愛してくれるようになる」

これは実現するのかもしれないし、もしかすると考えた通りにならないかもしれません。

愛されたいと思うあまり、無理強いして自分を偽ってしまったなら好きになれなくなってしまいます。

好きな男性の愛を手に入れる為に趣味や夢を諦めると同時に自身を与えている事になるのです。 (さらに…)

あなたは、誰のために愛しますか

025_R

次に挙げる3つの質問に対してあなたは心当たりがあるでしょうか。

‘男性の一番良い箇所を引き出す事ができる’のが‘いい女の条件’と思ってますか。

‘ほんの少しの努力と時間’をすれば理想通りの男性になるのだと言い聞かせていないでしょうか。自分の好きな彼氏や夫が自分の思い通りにいかないことがあるでしょうか。

それは自分と出会うまで愛してくれる人がいなかったと思っているからではないですか。

ある方は、こうした3つの質問に対していずれも心当たりがあるのだそうです。 (さらに…)

好きな男性を自分が叶えたい夢の逃げ道にしてませんか?

024_R

男性が持つ可能性を好きになり恋に落ちる女性は、自分自身をいいように思っていないそうです。

だから、誰かに愛してもらうために何かしらしなければならないのだと考えているのです。

心の中に問題を抱えている男性を選んで、どのような人間性であっても愛するようになります。

「どれだけ忍耐力があり寛容か、そして愛情深いのか見て。魅力を持った女性でしょ」と言うのです。

ですが、好きになった男性との関係を健全に築いていくのは今のままの彼を愛すると言う事です。

従って、人間性に関係なく明日の彼を期待しながら愛していくというものではないのです。 (さらに…)

好きな人が自分にとって最愛の人であるかを確かめるには

023_R

自分が誰かと付き合う前に、自分が人生において何を求めているのかを考えてみて下さい。

苦しみを避けてきているのかを気づくようにしてみてください。

好きな人を陰で支え、こんな風になりたいというものへ変わっていくのを助けるのはいいことです。

双方が心の底から愛しているなら、相手の心の中に隠れている力を導き出す事ができるのです。

ですが、もっとも大切なことは愛する人と一緒に頑張っていくということなのです。

重要なのは、自分も彼氏も頑張っていく事で、そうしなければ決して結果が見えてこないのです。 (さらに…)

まるで男性の母親のような態度を取って彼を子供のように扱ってしまう

022_R

さて、貴女は相手の男性に対して次に挙げるような会話をしてはいないでしょうか。

「財布は持ったかしら?」や「クリーニングに出した服を忘れずに取りに行って来てね」、

「ガソリンが空に近いの知ってる?」「電話して予約するの忘れた?私が代わりにしておくわ」

「タオルを濡れたまま放置しちゃだめ、何度言ったらわかるの?」 (さらに…)

「自分のことを必要としてもらいたい」という心理の裏にはなにがあるのでしょう

021_R

女性は誰しも、男性にとって自分は母親の代わりかもしれないという考えを持ちたくないものです。

しかし、なぜ母親のように振舞って彼氏や旦那様を子供のようにみてしまうのでしょうか。

  1. 女性という人は母親のように振舞う事を鍛練されておりそれにより報酬を得られる

人が生まれて成長していく間に、一番大きい影響を受けるのは自分を産み育ててくれる母親です。

母親が育児をする背中を見ながら将来の子育てや、自分を二番目することを学んでいくのです。

もし彼女が貴女の父親に対しても母親の様にしているのだとしたらこれはより強まる事になります。

母親が父親を子供扱いしている姿を見て、男性に対する態度はこれだと印象付けてしまいます。 (さらに…)

女性たちは、男性に必要な存在になるためそのひとの母親の代わりをつとめている

020_R

たとえば、貴女が好きな男性の要求するものを何もかも満たしてあげようとします。

しかし、そうすればするほどに彼は貴女に依存して何もかも頼りがちになっていきます。

ドラマなどでよく描写される場面に、妻の外出中に夫が子供に夕飯を作るというものがあります。

そこで設定される旦那は、妻が家にいなければ何もできないというようになっています。 (さらに…)

男性への愛情が<甘え>に変わってしまうのはいつなのでしょうか?

019_R

男性に対して母親のように演じるようになると、最初は上手くいっているように感じてしまいます。

ですが、現状としてはお互いの関係に利点ではなく、害を及ぼすようになっていっているのです。

1.愛する男性である彼が女性に立腹して反発し始めます

貴女が好きな男性や旦那様に対して、ずっと彼の母親のように接し続けているとします。

そうするとだんだんとあなたの取る態度に敵意を抱いて反発し始めるようになっていきます。

最初は、彼女や妻である女性の意見や接してくる態度に、何の不満もないかもしれないです。

母親を演じ続けて欲しいとさえ言ってくるかもしれませんが、いずれは反抗するようになるのです。

それはどうしてなのかというと、それにはきちんとした理由があります。

小さい頃から育てられてきた少年はいつの日か母親から離れていくものだからです。

ではここで、42歳のカレンという女性とレナードという男性について話をしていきます。

カレンは、夫のレナードが24歳という若い女性秘書と関係をもっているのに気付きました。

そして、ある女性のもとへ相談にやってきて次のようなやり取りを始めることになります。

彼女は、彼がどうして自分ではなく自分よりも若い女性を見るのかがわからなかったといいます。

「レナードは自分の母親がこんなにまで尽くしてくれなかったんだと言ってました」

「だからこそ、私と生活することについてじゅうぶんに満足していたはずなの」

「けれど、今では‘息が詰まる’とか‘自由になりたい’‘罠にはまった’と言ってくるの。」

「そんな風に言われても、私には何の事だかわからないんです」

そこで今度はレナードの話を聞いてみることにしました。

すると、なぜ彼がカレンから離れて若い女性へといったのかが納得がいきました。

妻から離れて若い女性へいくことは、彼女を作りたい息子が母親から離れるのと同じだったのです。

彼が言った「自由が欲しい、息が詰まる、罠にはまった」という言葉は独立したい世代の台詞です。

カレン自身は、彼の母親を勤めてあげることこそが妻になるための好条件であると考えていました。

しかし、結果的にそうした態度がレナードを彼女の元から去らせてしまう原因となったのです。 (さらに…)

男性・女性双方のいい所を引き出せるような付き合い方とは

018_R

1.彼の為にするという行為をやめてみよう

好きな男性のことを子供のように扱ってしまうという行為は、中毒になっているのと同じです。

中毒になってしまった状態をどうすればいいのかというと、その行為をやめることなのです。

もし、貴女の夫が鍵の行方を聞いてきても知らないと答えて自分で探させるというわけです。

また、彼が何らかの用事で外出する準備をしていても服を選んであげたりしないことでもあります。

仮に、部屋に服が脱ぎ散らかしてあったとしても、彼の変わりに片付けてあげたりしないことです。

男性からしてみると、それまで彼女や妻に何でもしてもらっていたぶんだけ大変なことになります。

女性のほうも、彼が何でも当たり前に出来るようになるまでは苛立ちを我慢しなければなりません。

これまでの状況よりひどくなっていったとしても、決して手助けをしてはいけないのです。

鍵が見つからずパーティーに遅れたり、服が乱れたまま出かける事になってしまうかもしれません。

ですが、こうした事を何度も経験していくうちに男性もひとつずつ学んでいくようになっていきます。

苛立っていた鍵探しも、それを思い返しながら決められた場所へきちんと置くようになります。

ネクタイなどの曲がり具合を指摘され続けていたなら、鏡へ向かって整えるようにもなります。

そうやって彼は少しずつ成長していき、自分の事は自分で何でも出来るようになっていくのです。

ただ、彼氏や夫から鍵の場所を聞かれても‘自分で探して’と言えばいいわけではありません。

彼に対して、愛情を持った接し方をしてはいけないというわけでもないのです。

母親のように接するのを減らし、本来の妻や彼女として接する部分を増やしていくべきなのです。 (さらに…)

自分が持っている能力・素質などを隠してしまう

017_R

貴女は次のような項目に思い当たることはないでしょうか

・たとえば、好きな男性の前では自分自身が劣っているように見せてしまってはいないでしょうか。

・人から褒められるのが苦手、好きな男性がまだ気付かない能力・才能を持ち合わせていませんか。

女性というのは、自分の好きな男性にマイナスイメージを植えつけないようにします。

そのため、過去に持っていた実績や能力を隠すことで彼に自信を持たせようとします。

しかし、そうした態度を取っている事をほとんどの女性たちは気付いていないのです。 (さらに…)

貴女自身は自分の事が好きでしょうか

016_R

では次に、アンディとエレンというお互いに働いている夫婦の話をしていきます。

アンディは証券会社の投資アドバイザー、エレンは衣料品店事務という仕事をしています。

彼らは、お互いの結婚生活について相談にやってきました。

エレンはアンディが自分のことを評価していない気がするというのです。

「私も彼も仕事の内容はきついのに、話し合いをする時は彼のことばかりなんです」

「君の言うとおりだよ。仕事の話をする時は僕の方が長いよ」アンディはそう言いました。

「けれど、僕の仕事が君の仕事より大切だからだと思うんだ」この発言にエレンは怒りました。

女性心理学博士は、この夫婦が抱えている問題について話し合いました。

そして、その原因を突き止めることに成功しました。 (さらに…)

自分自身がどれだけすばらしいのかをさらけ出したほうが人から愛してもらえます

014_R

女性は、‘ステキな女の子になりたい’と願うあまり自分が持っている素晴らしさを隠してしまいます。

自分に関する評価は小さく見せ、彼氏や旦那様に隠せば怖がらせる事もないと考えるのです。

そしてそれが彼らにとっての‘魅力的に見える女’になれるのだと考えてしまいます。

しかし、現状はその逆なのです。

実際、男性はその人の持つ実績や能力に魅力を持ち、欠点を見つけてしまうと冷めてしまいます。

男性という生き物は、女性の持つ優れた所を愛するようになります。

なぜなら、男性自身が優秀であれ有能であれというような育てられ方をしてきたからなのです。

だからこそ、相手の優秀さに魅力を感じるのです。 (さらに…)

恋愛に関連する心理テストです―あなたが男性に対して示す態度について

013_R

今から行う心理テストで、貴女がどれだけ自分自身を犠牲にしているのかがわかります。

今の関係でも過去の関係でもいいので次の項目に当てはまる事があれば注意して下さい。

a.たいていそうb.しばしばそうであるc.時々はそうであるd.めったにない,または全くない

自分の心を見つめなおし、気持ちに素直になっていくのが自分自身を変化させる一歩となります。

Q1.彼氏や夫が不愉快になったり怒る事のないよう、側にいる時は気を使わなければならない

Q2.彼氏や夫が示す態度を見ていると、自分が大切に思われていないように感じてしまう

Q3.彼氏といたり夫といる時よりも、女友達といる方がより自身を持てるし女性らしくいられる

Q4.夫の意見や彼氏の意見に反対しようとしてしまうと、緊張感や不安感を感じてしまう

Q5.何か欲しくなっても何も言えず、自分自身を頼りない、とても不甲斐ない人間だと思ってしまう

Q6.彼氏や夫に見せる自分の態度より、彼が自分に見せる態度のほうが冷たく感じてしまう

Q7.夫や彼氏から冷たい態度を取られると、気を惹きたいが為に優しくしてしまう

Q8.自分にも優しさ・愛情を対等に受ける権利を持つ事を相手にわかってもらう努力をするべきだ

Q9.彼の言った言葉や自分の状況を、時々自分自身や相手にも弁解しようとしてしまう

Q10.彼といる時意気地無しの自分に立腹し、そうならないように注意する、しかし、冷たい態度を取られるとどうしても同じ態度を繰り返してしまう (さらに…)

相手のことを大目にばかり見すぎると自身を見失うことになります

012_R

引っ越しをした時、いかに前の部屋が狭かったかを感じることはないでしょうか。

新しい靴を履き始めた時、それまでの靴が履き心地が良くなかったか気付いた事はないでしょうか。

自身が気付いているかいないかに関わらず、貴女は相手の勝手さを許してしまっています。

そうすることに慣れきって、男性から冷たくされてもそうされるがままになっているかもしれません。

人間というのは、自分がいる場所を心地いいものだと感じてしまう傾向があります。

その為、違う状況にならないと現状の欠落している箇所がわからないことも少なからずあるのです。

それは人間関係に限らず、靴でもアパートでも車でも何にでも例えられます。 (さらに…)

‘自分の事を犠牲にする’行為は‘相手の事を大切にする’ということにはならない

011_R

ある女性心理学博士の所へ、二十六歳のルイスと二十二歳のリンダが相談しにやって来ました。

二人は付き合って9ヶ月になるのですが、開口一番「リンダの事がわからない」と言うのです。

「リンダと知り合った頃はとても可愛らしくて、ずっとそばにいてもいいとさえ感じました」

「でも、2,3ヶ月もすると態度が変わって冷たくしたり弁護したり嫌味を言ったりし始めたんだ」

「リンダにこの事を言うと、‘これが本来の私だから変えさせないで’と言ってくるだけなんです」

「僕はこんなこと認めたくない。けれどリンダがわがままになったというような感じがするのです」

ルイスの話を聞いている間中、リンダの表情は硬く厳しいままでした。

女性心理学博士は彼女の事がとても気になって、ルイスに席を外すようにお願いしたのです。

そして、彼女はリンダに自分自身の事、ルイスと付き合う前の男性の話をするよう言いました。

すると、リンダは二十歳の時に前の男性と婚約していたという事を話し始めたのです。 (さらに…)

私の事を自由に扱っていいの。今だってあなたのことを愛しているんだから

010_R

‘あなたが私に冷たくするほどに私のあなたへの愛情はもっと深くなって、もっと怯えていくの’

このようなメッセージは、次に挙げる話と重ね合わせることが出来ます。

貴女は小犬を飼っていて、その小犬が新しくてきれいなソファをフンで汚してしまっていたとします。

しかし、小犬を叱ることもせずに台所から小犬の好きなものを持ってきてあげてしまうのです。

冷たい態度を取る男性に対して、口づけをするというのはこれと同じ事であると言えます。

トレーナーであれば、しつけをする事の大切さをなによりも強調します。

犬の鼻を掴んでフンに押し付けてから、新聞紙などで鼻を叩いて叱りつけます。 (さらに…)

相手の男性とお付き合いを始めてもそれが続かないのは

009_R

・「私はじゅうぶんと言えるほど彼に尽くしている、そして彼は私のことを愛してくれるの」

「けれど不安なのは、私が尽くすのをやめたとしても、彼は自分を愛してくれるのかという事なの」

・「今までの相手には彼に愛されるよりももっと彼のことをたくさん愛してきました」

「私が彼に尽くすのと同じくらい私のことを愛して尽くしてくれる人を見つけるのが夢なんです」

「だけど、そんな理想どおりの男性がこの世の中にいるなんて考えられないのよ」

・「自分の旦那様と仲良くしていくのを途絶えないようにしているのは私自身なのかもしれないの」

「私が夫と一緒に頑張ろうとしないと、彼自身が迷ってしまうからそこで結婚生活が終わるからよ」

貴女もこうした意見を持つ女性達のように相手以上に愛情を与えていると思った事はありませんか。

自分自身が相手を愛するように、相手からも愛されてみたいと、心の中で思っていないでしょうか。

今回は男性へ見せる女性の大きな過ちである愛されるより愛してしまう事について話していきます。 (さらに…)

自分が相手を深く愛すれば愛するほど、彼氏は自分を愛してはくれない

008_R

少女は成長して、恋愛をする年代となりました。

「自分はどうやったら男の子の気を引く事が出来るか知ってるの」と自信たっぷりです。

学校で一緒に学んでいる友人達に、少女はいつもこう言っていました。

「恋する秘訣は彼をたくさん愛してあげて、もっと素敵な女の子になって彼を満足させること」

「そしたら、彼はあなたの事が好きになってひとりでは生きていられなくなるのよ」

彼女はその通りに実行して、やがて見つけたお気に入りの男の子を愛するようになりました。

男の子が使っているロッカーへ手紙を入れたり、野球の練習がある時も応援しに行きました。

彼へ掛ける言葉はいつも「あなたはとてもステキよ」というものでした。

このようにして、少女は少年を心の底から愛して愛し尽くしていったのです。

そうするうちに彼も自分の心の中でこんな風に感じるようになっていったのです。 (さらに…)

気持ちが互いに離れているのではないかと感じたら

007_R

女性心理学博士が過去に行った行為、ほとんどの女性がしている行為を彼女はこう呼んでいます。

‘相手の男性との自分自身の持つ気持ちの隙間を埋める’です。

女性というのは、男性との関係についてあるひとつのイメージを持っているものなのです。

自分の望みどおりの男性が見つかったら、自分の描いている理想通りの関係を築き始めます。

この行為は、相手となった男性に次のような言葉を投げかけているようなものです。

・「あなたはね、ただそこにいるだけでいいの。必要な事は私がすべてしてあげる」

「絆だって私が深くしてあげるし、何を話して何をするべきか、どこへ進むべきかも私が決めるの」

「そう、あなたは私のステキな恋人になってくれればそれでいいのよ」

この行為でリスクがあるとすれば、己との関係性を築いていくのと何ら変わらないという事です。

女性は、男性との関係をよく見せようとするあまり、二人で築き上げたんだと思ってしまうものです。

しかし、現実はあなただけが演じている芝居で、相手の男性はそれを見ているだけとも言えます。

次に挙げるのは、恋人や夫の気持ちを埋める為に行う方法についてです。

もしかすると、貴女自身もこの中に出てくる事のひとつ、または全てを行っているかもしれません。 (さらに…)

本来の自分、ありのままでは愛されないと思っていませんか?

006_R

貴女と意中の彼とがいい仲になってきたら、あなたはとても幸せな気分に浸ることが出来ます。

相手の男性が持っている愛情を手に入れたことで、これまでの努力が果たされたことになります。

しかし、自分だけが心に何らかの負担を負わされていると気付けば彼への怒りが出てくるのです。

ではここで、スーザンとジェリーという夫婦についての話をしていくことにします。

二人は、結婚生活をしていく中でのピンチに立たされ女性心理学者のもとを訪れてきました。

スーザンは「何でもすべて私だけがしていかなければいけない気持ちなんです」と言いました。 (さらに…)

一人だけでボートを漕いでいこうとしていませんか?

005_R

次に挙げる事例であれば、隙間を埋めるという行為がどんなものかわかりやすいかと思います。

例えば、貴女と彼氏とが湖へ行き、ボートを漕いでいるという姿を思い浮かべてみてください。

貴女が前へと座り、彼がその後ろへ座っていてそれぞれオールを持っています。 (さらに…)

なぜ女性達は心・気持ちの隙間を埋めようとしてしまうのでしょう

004_R

女性は気持ちの隙間を埋めていき、好きな男性から貰う物より上を与えてしまうものです。

どうしてこのような事態になってしまうのかについては、実は3つの理由があるといいます。

1.‘愛’とは、何らかの報酬で受け取れるのだと考えている

誰かの‘愛’を得る為に行動を起こさなければ、自分は愛されないと思ってはいないでしょうか。

もしそうだとしたらそれだけ必死に夫・恋人との間にある隙間を埋めていこうとしていくはずです。

もしかすると、貴女自身が子供の頃家族からじゅうぶんな愛を得られなかったのかもしれません。

両親から褒めてもらう為に能力がある事をアピールしなければと考えていたかもしれないのです。

自分から愛しているのだということを示さなければ愛してもらえないと思っていたかもしれません。

どちらにせよ、人からの愛を手に入れようとするために懸命に努力をするようになるのです。 (さらに…)

愛してもらう為の自信をつける方法とは

003_R

もしひとつでも該当するか知りたい場合、簡単にチェックできる方法があります。

それは、‘ボートを漕ぐという行為をやめる’ということです。

自分から彼に抱かれる事を求めたり、出かける為のスケジュールを立てるのをやめるのです。

また、気持ちを伝え合う事も、彼を抱きしめようとするのもやめてみるのです。

そうすると、体を重ねる事も外出も、二人きりの時間を過ごす事も会話も無くなっていきます。

何もかも無くなった時、これまでいかに貴女が隙間を埋めるべく行っていた事を知るようになります。

自分の好きな人が自身のやるべきことをやってないことを身にしみてわかる事になるのです。

そうなった時、自分でアクションを起こす必要があります。

やがて、相手との隙間を埋めないようになったら2つの結果のいずれかになるはずです。

‘彼氏が自分で判断し、自らの力でボートを漕ぐようになる’

‘彼氏がお互いの為に何もせず、興味さえない事がわかり二人の仲が冷めていく’ (さらに…)

自分らしく愛する方法を見つけるには

002_R

数年間、女性心理学者は愛情のある関係を築いていく為に懸命に努力をしてきました。

しかし最も大きなマイナイス点となったのは、相手との隙間を埋めていく行為という癖でした。

ですが、彼女はそうした自分の持つ癖に対して自分の方から注目しようとは思わなかったそうです。

彼女は、男性から受けた愛情よりも大きな愛をあげる事にたくさんの時間を費やしてきました。

そのことに気付いた時に、こうした事を繰り返さないと自分の心へと誓ったといいます。

今では、自分が与える愛情と変わらないくらい彼女を愛してくれる男性と出会ったそうです。

その男性と出会った事で初めて愛情を受け取る為に何か行動を起こさなくても良くなりました。 (さらに…)

実は男性にもデリケートな部分があるのです

050_R

秘密1男性はえっちを断られると、その気持ちまでも拒否された気になってしまう

たとえば、彼氏や夫が貴女を背中から抱きしめて首筋へと口付けてきたとします。

これで、言葉にしなくても男性が愛し合いたいのだという気持ちが伝わってきます。

しかし、あなたとしてはそうした気分にはなれない…そんなときどうしますか?

・苛立っている雰囲気を見せて、相手の男性が理解してくれる事に期待感を持つ

・そんな気になれないという振りを見せて、相手の男性が諦めてくれることに期待感を持つ

・「今は、そんな気分になれないの」という言葉を男性に伝える

・しかたなく男性にえっちをさせて、横になっている間に予定の確認などをする (さらに…)

あなたの何気なく放った一言が、彼を傷付けてしまう

049_R

彼氏や夫が貴女にえっちを求める時は、体を重ねあうことだけを求めているのではありません。

「ボクの事を受け入れて欲しい、迎え入れて欲しいんだ」という気持ちを発しているのです。

もしかすると、彼氏や夫である男性はそうした自分の気持ちに気付いていないかもしれません。

しかし、彼からの要求を断ってそのときの反応をうかがってみるのです。

「体を重ねあう気分なんかじゃないの」と言われただけではない反応を見せるはずです。

そう、まるで人間性そのものを拒否されたような反応を見せるのです。 (さらに…)

無理をすることなく、相手の心も傷付けることなく‘NO’と言うには

047_R

・もしえっちを求められたとしても、はっきり断らない

ここで言いたいのは性行為を求められたらその都度応じるべきと言う訳ではないという事です。

どんな態度を取れば男性が傷つくのかをわかったうえで方法を考えて受け入れるべきなのです。

次に挙げるような言葉掛けを男性にしてみて下さい。 (さらに…)

貴女にだけしかぶつける事のできない‘彼自身の感情’があるかもしれない

046_R

男性は時々自分の感情表現を性行為で表現してしまう

貴女はこれまでに、次に挙げるような経験をしてきた事はないでしょうか。

例えば夫や彼氏がえっちをしたくて貴女に迫って来ているとします。

だけど、そんなに興奮している風でもなくなんだかピリピリとした雰囲気を見せています。

貴女は彼に何とか話しかけようとするが彼自身は性行為をする事しか興味を示していないのです。

彼の様子が明らかにおかしい…そんな風に感じている貴女は決して間違ってはいません。 (さらに…)

男性は時折、女性とのえっちで慰めや安らぎを求めてしまう

045_R

女性心理学者の元に、建設会社役員のゲイリーとフランという夫妻が来ました。

えっちの相性がどうにも良くないということについての相談です。

「私は、ゲイリーの性的な欲求のはけ口に利用されているような気がするんです」フランは言いました。

・「何か気になることがあるのはわかるけど、夫は何も言ってくれない分激しく求めてくるんです」

「そうしても彼は楽しくなさそうだし、お互い満足なんてしてないことがわかるの」

そこで女性心理学者はゲイリーに、攻撃的なえっちをした日を思い出させました。

そして、その日何が起きたのかという事を話してもらいました。 (さらに…)

相手が伝えたい真の気持ちが向かってくるときは…

044_R

ゲイリーは妻であるフランとのえっちを求めてはいませんでした。

ただ、彼女に愛されているのだという気持ちが、その実感が欲しかったのです。

彼自身はそれに気付かなかったし本当に欲しいと思っていても求め方すら知らなかったのです。

彼の本心を聞いて、フランは安心しました。

「私が..あなたの気持ちを理解していたらよかったのにね」彼女は彼を抱きしめてそう言ったのです。

「様子がおかしいとは思っていたの。きっと私に何か伝えたいんだって思ったの」

二人は、アドバイスを実行する為に共に頑張ると言ってくれました。 (さらに…)

自分にとって大切な男性と理解し合う為には

043_R

えっちで女性と男性が求めるものとは何か

・「えっち前の行動で、夫が本心から楽しめていないような気がしてならないの」

「特におかしな様子は無いけれど、えっちの為に早く済ませようと嫌々ながらやっている感じ…」

・「ビルが、とてもせっかちだからもっと魅力的になってほしいの」

「私は、会話や抱きしめあいながら時間を掛けて楽しみたいのに彼はえっちしか求めてなくて…」

えっちと愛し合うという行為は違いがあります。

まずえっちというのは、その相手との肉体的な行為をする事でお互いに快楽を求め合うことです。

愛し合うとは、自分が好きな相手に対して愛して同時に相手を慈しむ感情に伴った行為なのです。

だから、お互いを愛し合わずともえっちをすることは出来ます。 (さらに…)

‘愛する’行動―男性が手を抜いてしまうという謎を解くには

042_R

女性心理学者がこうした秘密を知ったのは、現在付き合っている男性のおかげであり、大きな発見でもありました。

まだ一緒に暮らす前、二人は愛し始めたが彼女自身がさほど興奮していないことに気付きました。

なぜなら、いつもはとても熱いのにそうならないことに不思議さを感じていたのです。

いつも受けている彼の愛撫が気持ち良くなく、彼自身も夢中になっていないようなのです。

少しずつ機嫌が悪くなっていった彼女は、とうとう起き上がって彼にこう訴えました。

「ねぇ、ほんとに私と愛しあいたいって考えてる?」「あぁ、君のことが欲しくてたまらないんだよ」

「けれど、いつもと違って本当に愛撫を楽しんでいる風に思えないの。どうかしたのかしら?」

彼女の質問に彼は少しの間沈黙しましたが、やがて恥ずかしそうにこう言いました。

「正直な事を言うと面倒なところもあるけれど、でも本気になってるんだ」

「なぜその事を言ってくれなかったの?」 (さらに…)

ふたりはどうやって情熱のある結婚生活を取り戻したのか

040_R

ここで、会社で事務作業をしているカレンと、コンピューター技師のティモシーの話をしていきます。

この二人が女性心理学者の元へやってきたとき、性生活について話をしてきたのです。

カレンは、お互いの相性がどうにも合わないのだと言ってきました。

「ティモシーの前戯がいいかげんな気がして、それだけで気分がしらけてしまうんです」

これに対して、ティモシーは彼女を満足させる努力をしていると言いました。

「僕は急かそうと考えてない。何でそんな風に思ってしまうのか理解できないよ」と言ったのです。

女性心理学博士は、二人の意見を聞きながら次のように感じていました。

魅惑的な時間でなくとも、お互いの体を求めるだけでいい了承ができてないのではということです。

そこで、夫のティモシーにこう尋ねてみました。 (さらに…)

大切な彼氏との関係性がもっと強くなる為のアドバイスが三つあります

039_R

1.相手の男性が持つ欲望を我慢できなくなったらどういうふうになるのでしょうか?

男性は時折彼女や妻である貴女を怒らせてしまったりがっくりさせたりしてしまいます。

自分にある‘欲望’が‘相手の女性を愛してないのだ’と誤った受け取り方をされるのが怖いのです。

その恐怖心から、体のみを求めたいと口に出せないということに気付いてしまうかもしれません。

もし、その気になれないときには‘前戯がおざなりになってない?’と聞いてみましょう。

それまでの彼の行為が、いいかげんだったかとか無神経だった事も理解できるかもしれません。 (さらに…)

あなたは相手の何もかもを愛してあげることが出来ますか?

038_R

男性というのは愛してもらいたい時に口えっちを求めてきます

はっきり言ってしまえば、男性が口えっちを好むという事に何の秘密というのはありません。

多くの女性が気分を害する、不安になるといった気持ちから口えっちを嫌う事が問題なのです。

‘彼の感じる「相手の女性に受け入れられているのだ」といった自信へとつながっていきます’

また、これとは違い口えっちに対する別の考え方というのもあります。

まず、男性自身というのは男性にとって一番無防備で敏感な体の部位でもあるのです。

男性自身は、権力・男らしさ・個性というものをもっとも強調しているものなのです。

女性が女性自身を弱みとするのとは意味が違い、男性は男性自身を持つ事を弱みとしています。

女性自身は目に見えない部分に隠れていて、男性自身は目に映る部分にあります。

男性自身が興奮してくると目でわかっても女性自身が興奮してもそれは本人にしかわかりません。

女性が口えっちをしているのを想像しているといった時に大きな間違いをしている事があります。

「男性自身はトイレをするときに使うのにそれを触るなんて…」といった考えを持つことです。

口えっちは男性の無防備な部位を愛して讃えることに関係があるのです。

また、口えっちは男性にとってすばらしく気持ちのいい行為でもあるといいます。

重要なのはそれによって自分のことを受け入れてもらえていると実感できる瞬間でもあるのです。

男性は自身の気持ちよさから口えっちを好んでいるのではないのです。 (さらに…)

相手を愛しているから不安になったり黙ったりしてしまう

037_R

えっち後、相手の男性が自分だけの世界へ閉じこもっているように見えてしまう

・「ジェリーは私と愛し合って、その後すぐ自分の中へと閉じこもってしまうようなの」

「私は彼と話しをして仲を深めたいのに、彼はいつも目を瞑って横になっているだけなんだもの…」

「彼が私のことを愛してくれているのはわかっているけれど、まるではじかれているような感じだわ」

・「私は夫に‘カエル’っていうあだ名を付けたの。えっちが済んだら寝室から飛び出るんだから」

「彼自身は浴室に行く、水を飲みに行くとか言うけど、済んだ途端に私から離れてしまうんだもの」

「彼は馬鹿らしいと言って笑うけど,えっちの後横になるっていうのが落ち着かないのは何故なの」 (さらに…)

男性達は相手の女性に何もかもすべてを見せるのが怖いのか・・・?

036_R

自身が強い男だと思うには、己が支配しているのだと思うということが重要なのです。

マイケル・マギル氏は、「男性の親密さに関するマギル報告」というものを出しています。

その中で、男性が女性へ優しさを見せず心を許さないという理由をこう述べています。

「男性が女性に対してあまり優しくないのは自制心を失わず支配力を手に入れたいからー・・・」

「・・・男性というのは自身を神秘のベールで包むのです・・・」

「・・・支配する力を手に入れる為に、こうした神秘を助長させていくことは明らかなのだ・・・」

「・・・親しくしない支配行動は男性の持つ2つの目的にそれぞれかなっているのです」

「ひとつめは彼自身が人生の成功と関連付かせて考えるという力を与えられるのだ」

「自身の欠点が誰かにバレてしまうという反応そのものを示す必要がないのだ」 (さらに…)

なぜ男性は寝室で自分の思いを言わないのか

035_R

男性というのは会話をしながらのえっちを好まない

例えば、好きな男性がお店で勘定をしたり、新聞を読んでいたり、電話をしていたとします。

そんな時に何かと彼に話しかけて嫌な顔をされたという経験はないでしょうか。

「話しかけるな!」「集中できない!」等と言われて、しかめっ面をされて驚いた事はないでしょうか。

女性であれば、テレビを観たまま電話をしてさらに爪の手入れまでも器用にこなしてしまいます。

またえっちをしている時彼に何か言ってもらおうとするとそれを避けられてしまうのは何故でしょう。

この2つの不思議さを解くための鍵は、男性が持っている秘密のなかにあるのです。

男性は女性のように会話をしながら別の何かを一緒にするというのが不得手ということなのです。 (さらに…)

男性の目に‘貴女’はどんな風に映っている?

034_R

男性が感じるのは‘視覚的’な刺激である

『とある男性が、せいし銀行という所に自分のせいしを預ける事を決断しました』

『看護師は男性をサンプルを作る為の部屋へ案内し、紙コップを渡して出ていきました』

『その男性は室内に写真や雑誌が置いてあることに気付きます』

『性的な興奮を得る為に男性が手にしたものはポルノ雑誌と悩ましい女性の写真のどちらでしょうか』 (さらに…)

‘ルックス’もとても大事なことです

033_R

1.彼氏や夫がどれくらい興奮するのかは、貴女自身の‘ルックス’に大きな関係があります

もしかすると、こんな話なんて聞きたくもないと貴女は思っているかもしれませんが真実なのです。

彼が性的興奮を覚えるかを決定付けるものは男性の目にどんな風に映っているかということです。

従って、男性が目を向けるのは女性の体であり、下着に拘ったり体重を気にしたりするのです。

女性心理学博士は著書に先駆けて男性達の意見を聞いてく中で驚きを隠せなかったと言います。

ほとんどが、厚化粧・弛んだ体に身に付けた下着・大きすぎるパジャマ等に興ざめすると語りました。 (さらに…)

大切な男性を貴女に夢中にさせてしまう方法が3つあります

033_R

1.旦那様や彼氏を興奮させたいのであれば、ルックスから魅力を出せる女性になろう

男性は目で見る事で刺激を受けるという事実をしっかりと理解し見つめるようにして下さい。

あなた自身がさほど構わない服装をしていれば、よくわかるようになります。

また、ひどいと思われる服装をしていたとしても彼に愛されているのが証明できるはずです。

さらに彼好みのルックスでいれば、その男性がより興奮することがわかることもあります。

時々でいいから、自分が好きな服装をするのではなく彼が好きな服装をしてみるのも大切です。

彼と一緒にお店へ出かけた時に、彼の好きな服だったり色っぽい下着を選んでもらうのです。

ただ、それを身に付けて彼の視覚的刺激を煽る為に愛し合う必要はないです。

しかし、これまでこうした事に興味を持っていなかったなら一度試してみるのもいいかと思います。 (さらに…)

えっちが嫌いであるかのような振りをする女性

032_R

・「彼女のせいで、えっちを好む私は獣のようだ、人間として劣る所があるし何かおかしい」

「そんな風な気持ちにさせられてしまうんだ」

・「妻と愛し合っている時に、まるで恩恵を施してあげているかのような態度が嫌なんだ」

「彼女は自分の考えを口にしませんが、私には彼女の言っていることが聞こえてくるんですよ」

「『早く済ませてしまいましょ、そうすればあなたにしばらく煩わされないわ』って言う声がね」

・「前に付き合っていた女性は自分がえっちを好きな事を私に知られないか気にしていました」

「寝室ではそんな雰囲気になれなくてえっちを耐えているかのようなふりをしていたんです」

「そんな彼女のせいで私はまるで性倒錯者のような気持ちでいました」

これら3つの意見は、えっちを好まないふりをする女性に対する男性の本心によるものです。

また、こうした意見の中には次に挙げるような女性も含まれています。

  • えっちを蔑むかのような意見を発言する
  • えっちの話しの時、恥ずかしがってしまう
  • えっちを嫌がる
  • 自分の彼氏や夫がそうした気持ちを見せると批判するような態度になる
  • えっちは手早く済ませるものである、または耐えるものなのだといった態度を見せる

男性にとってえっちは女性に自分の弱さを見せる為の唯一の方法です。 (さらに…)

自分のほうからえっちを求めようとしない女性

031_R

・「私の妻は、自分からえっちをしたいと求めてこないんです。私はそれが嫌でなりません」

「しかけるのはいつも私なんです。彼女に嫌がられるかも知れないと言うリスクを冒してるんだ」

「実は、私は自分自身が彼女によって操られているのではないかと感じているんです」

「私が求めるのを待っていて、彼女の方から求めてくることなんてほとんどないんだから」

「時には彼女が求めているのがわかるけれど、でも自分からは決して動かないからうんざりだよ」

男性が興ざめしてしまうのは、女性のほうからえっちを求めてこないことに対してです。

自分が彼女に支配され、焦らされた挙句操られているのではないかと思い苛立ってしまいます。

貴女から彼氏や夫を誘わなければ、男性は自らえっちのきっかけを作らねばと思うのです。 (さらに…)

男性の体を物珍しげに見て扱おうとする女性

030_R

・「以前付き合っていた女性なんですが、彼女は私の男性自身を物珍しげに触れていたんです」

「それはまるで、遺跡から発掘された出土品のように、おどおどしながら触るだけなんです」

「初めて見るものではないにしても...とにかく完全にしらけた雰囲気になってしまいました」

・「女性は男が前戯に時間を掛けることなく、胸元や女性自身に手を出してくると文句を言う」

「だけど、結局女性だって考えている事は同じなんです。男性自身を刺激すればいいのだ、と」

「男性器を刺激されれば気持ちはよくなるけど、それだけじゃおざなりでちゃんと満足出来ない」

女性なら、胸を触られ女性自身を刺激されただけで興奮し感じると期待されるのは嫌なものです。

ですが、男性も同じような気持ちでいる事を知ってもしかすると驚いているのではないでしょうか。 (さらに…)

自分が絶頂に達することが出来ないのを相手男性のせいにする女性

029_R

・「私は、とある女性と付き合っていたのですが、とても残念な人でした」

「毎回自分がどれだけ彼女を満足させられたかという試験を受けているみたいだったんです」

「その女性は自分の体は絶頂に達するまでに時間が掛かると言っていました」

「だからこそ、私は彼女を満足させて喜ばせようと努力していたんです」

「だが、彼女は口にせずとも気持ちが解るだろうと言わんばかりに自分の要求を口にしなかった」

「男なら、自分で答えを見つけられるとでもいう風に考えていたんでしょう」

「私は愛撫したり女性自身に触れたりしていましたが、少しずつ苛立ちを覚えてきました」

「しかし、彼女はそんな行為に対しても何も答えてくれず助けてもくれなかった」

「愛撫が30分やそれ以上続いて指先の感覚がなくなってもまったく知らんぷりなんです」

「心も疲れて体も完全に疲れきってしまった私はその後彼女と別れました」 (さらに…)

ベッドで何の反応も示さない女性

028_R

「私が一番嫌いなのはえっちの間中一言も話さず、まるで棒みたいに横になっている女性です」

「努力の成果が出てなくて彼女は寝るか終わるのを待つか…そんな気持ちがしてならないんだ」

「全くの受け身ばかりじゃその場の雰囲気もすっかりしらけてしまう」

・「私の妻は慎み深いんです…私を愛しているのはわかるけれどえっち中は何の反応もしない」

「私が、彼女に満足しているかを聞いたら答えてはくれるけど愛撫中は少しも動かないんだ」

「そのおかげで最近はえっちにすら興味がわかなくなったよ」

寝室で何の反応も示さない女性は男性を一気に興ざめさせてしまう一因です。

男性にとってそういう女性というのは耐えられないものなのです。 (さらに…)

寝室で話しすぎる女性

027_R

「前に、あまりにもベッドで話し続ける女性と付き合っていたことがあったんです

彼女はえっちを始めた途端、自分がどう触れられてどう感じているのか細々と話すんです

興奮させたいのはわかるけど、彼女が話せば話すほど私はしらけてしまうんですよ

頭痛までしてくるし…静かに眠れる時間が待ち遠しいほどでした」

・「時折、自分は妻にバカにされているのかと思ってしまうときがあります」

「妻は、私に愛の言葉を何度も何度も言うんです。私なんて少ししか話せやしないんですよ」

「彼女自身は私が愛情表現に乏しいと思ってるみたいだが、話す機会を与えてくれないからだ」

寝室で無反応な女性と全く対照的なのは会話の多すぎる女性です。

えっち中ずっと話し続けることで相手男性をいっきに興ざめさせてしまいます。 (さらに…)

自分をマイナスに見てしまう女性

026_R

「私の妻は自分をけなすと言う良くない癖を持っています

外食をしようと妻を誘う時私は彼女を褒めるのですが彼女は否定するんです

いくら私がフォローをしても髪型や容姿が良くないと言って反発するんですよ

最終的には私までそんな気分になって…雰囲気までもしらけてしまうんです」

・「女性が自分の体に羞恥心を持つというのにはとても我慢ならないよ

えっちで部屋を暗くしたり、彼女一人の時に服を脱いでベッドにはいるとかね

これじゃあ、いくらなんでもいい雰囲気にはならないし興ざめしてしまう」

もしあなたがいつも自分自身をけなしてしまうなら男性はいずれその意見に賛同してしまいます。 (さらに…)

ルックスを異様に気にしすぎる女性

025_R

「ルックスがきちんとしていないと落ち着かないという女性と付き合うのは無理だよ

彼女達はメイクやヘアスタイルを整えるのにたくさんの時間を掛けている

そしてそれがほんのちょっとでも崩れたら化粧室へと直しに行くんだ

私はシャツにジーンズを穿いて草原を転げ回るような女性が好みなんだよ」

・「前に付き合っていた女性は自分のルックスばかり気にしてすっかりしらけてしまいました

彼女は化粧を決めて、アクセサリーもたくさん身に付けてから寝室へと入ってくるんです

指の爪はとても長くてその爪が欠けないように私にそっと触れてくるんですよ

えっちの間も見てくれを気にして髪を掻きあげるしアクセサリーも気にする

あまりのことに逃げ出したくなったほどです」

先ほどの女性は自分のルックスを否定し、受け入れようとしませんでした。 (さらに…)

大事な部分に触れられるのが嫌いな女性

024_R

「前に付き合っていた女性がいたのですが、私は彼女にとても夢中でした」

「デートを重ねた後、愛し合う機会が訪れたんです」

「互いに着ていた服を脱がして愛し合いとても素晴らしい時間を過ごしました」

「気持ちが高揚していった私は彼女の太腿に口づけて、大事な部分に口づけようとしたんです」

「すると、彼女は『やめて!』と言ってそこへ口づけをされることを拒んだんだ」

「私が、『キミを喜ばせたいんだよ』と言うと『ゾッとするから無理よ』と答えたんです」

「彼女曰く、大事な部分へ口づけられるのを想像しただけで気分が悪いというんです」

「そんなにまで嫌がるなら自分の男性自身を当てるのは嫌だから…とにかくしらけてしまいました」 (さらに…)

あまりに真面目すぎる女性

022_R

・「私は、ある女性と実に3年間付き合っていて、もちろん今でも彼女の事をとても愛しています」

「ひとつだけ問題があるとしたら、えっちも含めてどんなことに関してもすごく真面目なことなんだ」

「私自身はジョークが好きなわけではないが、ふざけあったり笑ったりするのは好きなんです」

「だけど、彼女に対して私がそういったことをすると途端に機嫌が悪くなってしまう」

「寝室でも、からかったり変な声で話したりすると『いいかげんにして!』と言われてしまうんです」

「真面目にされると、まるで何かの成績をつけられているような感覚になって落ち着かないんだ」

「そんなに真面目になりすぎないで気持ちを楽にしてもらえるといいんだけどね」 (さらに…)

なにかと人に頼ってしまう女性

021_R

・「自分で決め事ができないような自立心の無い女性はとても残念でなりませんね」

「私が別の女性を見るとすぐに勘ぐってくるし、一緒に出かければずっとまとわりついてくる」

「彼女の仕掛けた罠に掛かった気分になって息が苦しくなってしまうんだ」

「だからどんなに綺麗な女性でも興味なんて無くなってしまう」

・「私が一番嫌だと感じてしまう女性は、すぐ人のせいにする被害妄想の強い女性さ」

「ちょっとしたことでも、まるでノイローゼ寸前のような表情を見せる女性は最悪だ」

「前に付き合っていた女性は、喧嘩をすれば‘自殺する!’と言って私を脅していたんです」

「本気ではないにしろ、私としては喧嘩するたびに罪の意識を感じていたくらいでした」

「半年も経過すると、そんな彼女のことを欲しいなんて全く思わなくなりましたよ」 (さらに…)

中身を持たない為、愚かに見られてしまう女性

020_R

・「私が呆れるのは周囲の出来事を知らず、テレビ鑑賞か爪の手入れか最新ファッションチェック」

「そういった事しか出来ない女性です。どんなに綺麗でも話し始めると残念に思ってしまう」

「世の中で何がとても大事なのかという事がなにひとつわかっていないのだから」

・「男の私に一番大切なのは、自分の好きな女性、愛する女性をとても誇りに思えることです」

「彼女を連れてどこかへ行って誰かに紹介しても恥ずかしくない自立している女性と思える事」

「素敵な体型や綺麗な人もいいけれど、私が魅力を感じ刺激を受けるのは賢い女性のほうです」

女性心理学博士の調査協力をしてくれた男性達も、同じ意見を述べたといいます。

要するに、見かけだけの女性達には魅力というものを感じられないというわけです。

男性の全てが頭のいい、高学歴や自分の持つ知性を誇りとする女性を求めてはいません。

男性達の持っている性格や知性のレベルと言うのもそれぞれ個人差があります。

男性は愛する女性が勝手で見掛け倒し、自分の事しか考えていない人だと思いたくはありません。 (さらに…)

相手男性のお金だけしか興味のない女性

019_R

・「出会って間もないのに、車や仕事、どこのブランドの服かをチェックする女性は大嫌いだよ」

「私自身の人間性については何の関心も持ってはくれない」

「彼女らが求めるのは友人を羨ましがらせる男性、つまりは素晴らしい金づるってことさ」

・「女性が口にするのは、素直・優しさ・思いやり・積極性のある男性がいいという言葉だ」

「だけれど、本当はお金をたくさん持っている男性を求めているのさ」

「相手男性がいい職に就いてくれないで安月給だったり、商売をし始めたばかりの場合もある」

「そうすると情があって優しくても、女性は鼻にもかけやしないんだ」

「大切にしてもらえなくても高級車を乗り回し、財布の中身はカードでパンパンになっている」

「そして週末になるとジャマイカに連れて行ってくれる様な男達の背中を追い掛け回すのさ」 (さらに…)

自分の性的な魅力を武器として男性を操ってくる女性

018_R

「‘今とても燃えているの…もっと…’などと言いたげな女性はとてもしらけてしまいます」

「こうした女性は胸の開いた服と思わせぶりな視線を私に送ってくるんですよ」

「それはまるで、自分の体を餌にして私と言う魚を釣り上げようとしているかのような感じです」

「この手口に乗ってしまう男性もいますが、こんな事をする女性は軽く見られてしまうんです」

・「私の職場には、男性をえっちの対象としてしか見ていない女性がいるんです」

「その女性は、からかったりちょっかいだしたりもてあそんだりしているんですよ」

「挙句の果てには、男性達が自分を取り上げないのを不思議に思っているんです」

男性は、性的な魅力を武器にしている女性に操られるほど愚かな生き物ではありません。

女性が男性に思わせぶりな態度を取っているという事すらも男性達にはお見通しなのです。

そうした態度を嫌がってないように見えても注意を引き付けられても尊敬も相手にもしません。

見えないところで男性は貴女の事を笑っているのです。 (さらに…)

過去の恋人・夫の話しをしてくる女性

017_R

「私は、スーザンと一年以上もデートを重ねてきたけれど、彼女は未だに元彼の話をするんだ」

「何かする時元彼よりも上手くやると二人を比べるし元彼と似たような事をすれば二人に立腹する」

「だからいつも彼女と私との間にはいつだって元彼がいるような気がしてならないんだ」

・「付き合っている女性なんかにこれまでのえっちの話をされるのがたまらなく嫌なんだ」

「えっち体験のない子と付き合っていると自分に言い聞かせているわけではないんだけれどね」

「誰のなにがどうだっただの、えっちが下手だっていう話をされると耳を塞ぎたくなってしまう」

「これまで彼女が付き合ってきた男の事を考えたらそういう気すら起こらなくなってしまうよ」

貴女の夫やお付き合いをしている彼氏は、元彼や元夫の話など聞きたがってはいません。

こうした現実を直視するべき時が来たのです。 (さらに…)

相手の男性と気持ちを伝えあう為にとても大切なこととは

016_R

たとえば、見知らぬ外国の地に立ったところを想像してみてください。

飛行機を降りて、持参している辞書を使いあなたは近くにいる人へ話しかけます。

しかし、相手はまるで変なものを見るかのような視線を投げてきました。

別の人に声をかけて、親愛の情を表現しながら辞書の通りに話しかけてみました。

ところが、その人は機嫌を悪くしてしまいついには怒ってわめき始めてしまいました。

慌てたあなたは辞書をめくって助けを求める為の文言を探し始めます。

そして、通りがかった男性にその言葉を言うと、助けもせず大笑いして立ち去ってしまいました。

やがて、この辞書に載っている言葉では全く通じないという恐ろしい現実に気付くのです。

理解できたかと思いますが、これは彼氏や夫に気持ちを伝える時に感じる女性の不満の例えです。

女性達は男性達がきちんとわかってくれるだろうと思っている言葉で話しかけています。 (さらに…)

男性は‘目的志向型’であり女性は‘プロセス志向型’である

014_R

例えば、女性が次のような言葉を切り出してきたとします。

「ねぇ、話をしましょう」「あのね、二人の事で話があるの」「私の仕事について一緒に考えて」

こんな言葉を切り出されると、目的が漠然としてはっきりしないため、どんな風にも解釈できます。

男性には話しがどこへ向かうのか、どれくらいの範囲にまで広がるのかがわからないのです。

あなたの求めているものが何なのか、彼が答えを導き出さねばと落ち着かなくなってしまいます。

彼は効率よく役目を果たしていきたいのに、いかんせんそのゲームのルールがわからないのです。

やがてこうしたことが男性に不安感と疑惑とを呼び起こしてしまうのです。 (さらに…)

相手の男性に自分の思いや言いたい事を上手く伝える方法

012_R

(1)男性ときちんと話し合いたい時には、最初に彼に‘予定表’を渡しましょう

あなたの話の目的は何か、どんな事を望むのか彼にどんな事を期待しているのかを伝えて下さい。

・「ねえ、今夜話をしましょう。先週あなたのお母さんが来てから話す時間がなかったんだもの」

「お母さんが来た時あなたがどう思っていたのか聞かせて。私も思っていた事を話すわ」

「そしたら、今度来た時もっとちゃんともてなすことが出来るから」

・「あのねハリー、上司に対してどうするべきか一緒に考えてほしいの」

「最近ね、働きすぎているって思ってそれが嫌になり始めているの」

「その事を上司に上手く切り出すにはどうすればいいかわからないのよ」

「男性からの意見ならいい結論が出るんじゃないかしらと思っているの」

双方とも「お母さんが来た時の事を話しましょう」「仕事の事で助けてほしいの」とは言っていません。

きちんと話しの要点を伝えているので、男性は会話の内容がわかりスムーズに入れるのです。 (さらに…)

女性はどういった失敗をしてしまうのか、男性はどのように反応するのか

010_R

女性達は会話をしながら考えることが出来ますが、男性はそうではありません。

・「妻が自分の頭に浮かんでいる事を、次から次へと口にするのがたまらなく嫌になります」

・「私がどういった時にパニックになるかわかるでしょうか?」

「女性が問題の全てを細かく説明したり、‘あれもできる、これもできる’と見込みを並べ立てる」

「その日のうちにしなければならないことを何でも言ってみせることなんですよ」

「こんなことをされてしまうと、その場から逃げ出したくなってしまいます」

同じことを言っているときでも男性の言い方と女性の言い方とではこんなにも違うのです。 (さらに…)

ルールがひとつあれば会話がスムーズに進んでいきます

009_R

あなたは次のような経験をした事はないでしょうか。

貴女が彼氏や夫に自分の気持ちについて説明をしようとしています。

しかし、椅子に座って苛立たしげにしていた彼がとうとう顔を上げてこう言いました。

「・・・だから、要するに何なんだ?!」

私の話なんて聞いてもくれない、気持ちさえも考えてくれないとあなたは思ってしまいます。

いっぽう、彼のほうもあなた自身が彼をわざとらしく苦しめているのだと思ってしまっています。

こうしたジレンマも、もう今なら理解できるのではないでしょうか。

男性が解決志向型だということがよくわかっているということです。

男性は女性に自分の気持ちを二十五文字以内にまとめてほしいと思っているのです。

女性は話というプロセスこそが自分の気持ちを分析して問題を深く洞察してくれます。

そしてはっきりとさせていくのですが、男性にはそれが理解できないのです。

女性は悩み事で愚痴を言うとき、問題解決へ繋がると思っている事を男性に知らせてはいません。

そのため、男性達から女達は泣き言を言ったり愚痴を言ってばかりいると非難されてしまうのです。

なかには自分を被害者のように文句だけを言い、変えていくための努力をしない女性もいます。

それ以外の女性は問題が起こっても自分で責任を持ちます。 (さらに…)

コミュニケーションで女性によくあるとされる三つの誤解

008_R

(1)感情表現に慣れていないのにこだわりが強いと誤解し男性を‘鈍感’だと非難してしまう

女性心理学博士が面接を行った男性は、女性からの言葉に傷つき立腹していました。

彼女達から頻繁に‘無神経’とか‘鈍感’とか‘冷たい’等と言った言葉を浴びせられていたのです。

理解して欲しいのは、男性が鈍感であると言うのは神話に過ぎないものであるという事です。

本来男性は女性と変わらないくらい敏感であり女性よりも繊細であるともいえます。

ただ、自分が何を感じているのかがわからないだけなのです。

だから女性が『どう思っているの?』と聞いても上の空だったり『別に何も…』と答えてしまうのです。 (さらに…)

男性に心の内、胸の内を打ち明けてもらう為の方法

007_R

女性心理学博士の下にケリーとマイケルという喧嘩の絶えない若い夫婦がやってきた時の話です。

ケリーは「いつもいつも同じことの繰り返しなんですよ」と訴えてきました。

・「私は、二人の事についてきちんとマイケルと話がしたいの」

「気にしている事や彼に思いやりが足りないような気がしているとかいうことなの」

「話を切り出そうとするのだけれど、どんな内容でもマイケルはその話しに応じてくれないんです」

「問題は無いと言いくるめたり、関係ない事で上げ足を取ったりだらしないって攻撃してくるの」

「最終的に彼には仲良くやってく気がないって思えて…結婚したのが不思議に思えてくるわ」

博士はケリーに、マイケルと二人で話しをしてもいいかと聞きました。

「マイケル、ケリーから二人について話し合おうと言われた時にどんな風に感じたの?」

・「そうですね。。。」マイケルはとても穏やかに答えてくれました。

「彼女からそう言われた途端彼女が私にどうしてほしいのかわからなくて不安になったんです」

「話をしたいと言われただけなのに自分が何かミスをしたんじゃないかって気がするんだ」

「彼女はとても早口で喋るし、次々に捲し立てるから正直何を言っているのかわからないんです」

「だからとても途方に暮れてしまったような気分になって…もう少しゆっくり話して欲しいんだ」

『ケリーから「どんな気持ちなの?」って聞かれたらどんな気がするのかしら?』博士は尋ねました。

するとこの言葉にマイケルは一瞬ためらいました。 (さらに…)

どうしたら自分の事をわかってもらえるのか?彼の事をわかってあげられるのか?

006_R

夫や彼氏と話をしている時、彼の為に懸命にやっているのに立腹された事はないでしょうか。

「きみは、ちゃんと僕の話を聞いているのかい?!」と言われたことはないでしょうか。

男性が気持ちを話そうとしているのに苛立って埒が明かないのではと感じてはいないでしょうか。

男性は女性に対して、人の話の聞き方をきちんと知らないという大きな不満を持っています。

女性心理学博士は、以前パートナーからよくそんな風に言われていたといいます。

彼女は「ちゃんと聞いているわ」とむきになってしまったのだそうです。

では、きちんと話を聞いていると思わせるにはどんな聞き方をすればいいのでしょうか。

効果的とされるポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

ポイント1男性が何か発言しようとしている時には口を挟まない

男性と話をしている時に「また君は、僕の話の邪魔をするのか!」と言われた事はないでしょうか。

女性心理学博士はそうした時、いつも次のように答えていたのだそうです。

「邪魔はしていないわ。私の意見を言っているだけよ、ただ黙って聞いていればいいの?」

この時、正直な男性であれば「あぁ、そうしてほしいんだ」と答えるのではないでしょうか。

そんな風に言われると、‘私の意見に聞く耳なんて持たないんだ’と女性達は思ってしまいます。

しかし、実はそうではないのです。

男性達が話しを割って欲しくない、好まない理由はほかにもいくつかあります。 (さらに…)

感情に関連する言葉は女性なら‘第一言語’男性なら‘第二言語’

005_R

女性達の大きな過ちが彼氏や夫が話をしている途中で我慢出来なくなってしまうことです。

女性心理学博士自身も以前はよくやっていたのだそうです。

セラピストという職業柄、そうした癖はどんどんひどくなっていったといいます。

彼が自分の悩みごとを話していた時、彼女は彼の話すスピードよりも早く理解していたのです。

その男性は話を続けていましたが、彼女は我慢できなくなっていました。

そして、とうとう彼の話を遮って「きっとこういうことよ」と彼に代わりすべて話したのだといいます。

彼女の見立てというのはほとんど間違いがなく、正しかったのだそうです。

しかし、彼が言う意見を彼女が言う事で自分の感情の行程を進む機会を与えられませんでした。

そして最終的には子供扱いされてしまい、力によって黙らされたのだと感じ立腹し始めました。

そしてある日、彼女はいつも通り彼の感情を分析して見事だと悦に入っていたそうです。

すると、彼が話があると言い出しました。

「いいかい、俺は君ほどには頭の回転が速くはないのかもしれない」

「それにもしかすると自分の気持ちに気づくのが君よりは遅いのかもしれないね」

「だけど、俺にとってはどれもこれも目新しいものばかりなんだよ」

「君が役に立ちたいっていうのはわかるけれど、俺自身にさせてほしいんだよ!」

こんな風に言われる事に不愉快さを感じたけれど同時に彼の意見が正しい事もわかったそうです。

2人の会話において大切なのは、彼が言いたい事を博士が理解するといったことではないのです。

彼自身がこの事について理解するべきなのです。

彼女が我慢し切れなかったせいで彼は自身の感情の行程を最後まで辿る事が出来ませんでした。

いつも彼女が話に入って代行していたら彼は自身の気持ちを完璧に表現出来なかったはずです。

これは、女性が子供に算数に出る答えを教えて手助けをしていると思っているのと同じなのです。

手助けばかりしてもらっては、いつまで経っても子供は自分で問題を解くことが出来ません。

感情に関連した言語というのは女性には第一言語ですが、男性には第二言語となります。

男性が女性と同じように、すっと感情の世界へと入ってくれると思ってはいけないのです。

話し合い・言い争いをする時、何が問題なのかをわかっていても男性に探る時間を与えてください。

女性より時間を要しても自分の気持ちの行程を経験したい男性の意志を優先するのです。

「愛している」、「悪かったね」と言う方法について男性自身に見つけてもらってください。

そして、男性が口を開いた瞬間に次から次へと質問をしないように注意して下さい。

彼自身に道を見つける為の時間を与え、もし迷っているなら正しいほうへ向かせてください。

ポイント3彼氏や夫に「あなたの意見はわかっているの」と伝えましょう

誤解されている事ほど、男性の気持ちを乱すものはないと言っても間違いはありません。

男性が気持ちを表現しているのに女性達が認めない為彼らはそういう気分になってしまいます。

女性は男性の気持ちをわかっているということを示してみてください。

そうすれば女性の気持ちを尊重する男性の気持ちもより増すようになることでしょう。

男性の会話を聞きながらも好意的な反応を得る為には、いくつかの方法があります。 (さらに…)

男性と女性が‘より良い関係’を築いていくために

004_R

ここまでで、最初に博士が述べた男性と女性の言語の違いの訳を理解してもらったかと思います。

そして、これらをまとめたものとして博士は<男と女の言語辞典>を作ってみたのだそうです。

仏英辞典ではフランス語で使われる単語を英語として置きかえられています。

<男と女の言語辞典>では男性が使う言葉の意味が女性がわかる言葉に置き換えられています。

男性との触れ合いについて語った意味があなたを変え役立っている事は理解しているはずです。

ここで語られてきた事が完全に身につくまでは幾度も読み返していかなくてはなりません。

これまで学んできたことを彼氏や夫に話してほしいのです。

そうすれば、彼はあなたが自分のことをわかってくれていると思ってくれるはずです。

愛情に満ち溢れた気持ちをわかりあえる関係を築くために頑張ってくれることでしょう。 (さらに…)

男性も女性も相手に望んでいる事は同じなのです

003_R

最初の方で、女性にとって自分を大切にする意味が何であるかを述べた事を思い出してください。

それは、とてもメッセージ性の強いものだからです。

自分を大切にするという事がどのような意味合いをもたらすのかを考えてみてください。

それは、相手が2人に関係しない限りその人とえっちを行わないということかもしれません。

あるいは、夫が騒いだり脅したりする行為を許さないということなのかもしれないのです。

これからは「自分を大切にしよう」という言葉を繰り返し唱えてみるようにして下さい。

何かしらの事で取り乱したときに、それについての意味合いを考えてみるのです。 (さらに…)