男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

男性に言ってはいけないセリフ

男性に言ってはいけないセリフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

012_R

男性と女性とでは、傷つく『ツボ』が違います。

たとえ悪気がなくとも、些細な言葉がきっかけで別れに繋がることも。

一見、男性はタフで無骨で鈍感な生き物ですが、ある部分では女性以上に繊細で、脆い一面を持っています。

一番傷つくのは、好きな相手に浮気をされた時です。

常に浮気願望を持っている男性が、女性に浮気をされて傷つくとは、なんて勝手なんだと思われるでしょうが、男とは『そういうもの』なのです。

また、浮気までは行かないまでも、女性に昔の彼の話をされると、デリケートか部分が刺激されます。

あなたの目に懐かしさや愛しさが浮かんでいるのを見るだけで、彼は深く傷つき、心を閉ざしてしまうのです。

もちろん、元彼への愛情など、微塵も残っていないとしても、あなたの過去の男性遍歴は嬉しくない話です。

ましてや、一夜限りの恋をしたことなどは絶対言ってはいけません。

好きな女性が、過去にたやすく他の男性に体を奪われたという事実は、彼の気持ちを追い詰めるだけです。

恋人の裸が他の男性に見られたというのを想像しただけで、男性は怒り、傷つくのです。

また、男性は自分の経済力のなさを指摘されると、自分の人生を否定されたような気持ちになります。

「お金がないのは嫌だな」「年収は意外と低いんだ」などの言葉に敏感です。

女性にとっては軽い気持ちで言ったことでも、「じゃ、別れる?」と返すこともあります。

もし、本当に経済的にも彼にがんばって欲しいと思っているのなら、より経済力を付けるにはどうすればよいかを一緒に考えてあげましょう。

副業でも転職でも「あなたにはこれが向いているんじゃない?」と提案し、2人で考えるという姿勢を持つことが大切です。

他に気をつけたいのは、「気が小さい」「自信がなさそう」など、男らしさを否定するような言葉です。

大抵の男性は男らしさを否定されることを言われると、とても傷つき、次にどんな態度で接すればいいか分からなくなります。

もし気になることがあるなら、マイナス表現での指摘は避け、「あなたならできるから、もっと自信を持って!」など、ポジティブな表現で伝えましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です