男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

男女の友情という“微妙”な関係

男女の友情という“微妙”な関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

011_R

男性の言う『女友達』の定義は、女性にはなかなか理解しがたいものです。

果たして、『男女の友情』というのは成立するのでしょうか。

1つ有力な説があります。

「男性は、一見興味がないように見える相手でも、心のどこかで『女性』として見ているからこそ、友達になれる」というもの。

ただし、表面的には分からず、自分でも意識していないくらい潜在的なものです。

そのような気持ちを持ちながら、一線を越えることなく友人関係を続ける人もいますが、若いうちはどこかに恋愛関係、男女の関係に発展することを期待する気持ちを持っています。

確かに『友達』ですから、一緒にいて居心地は悪くありません。

均衡は保たれていますが、きっかけがあれば一線を越える可能性はゼロではありません。

お酒を飲んだ帰り、近くにホテルのネオンが……というシチュエーションに陥った場合などです。

ただし、「男女の友情はある」と自分に言い聞かせている場合は、何もないまま過ごす人の方が多いようです。

特に学校の友達、サークルの仲間、会社の同僚など、同じ組織でまとまっている場合は、仲間意識の連帯感情が生まれ、一線を越えることを防いでくれます。

結論として、男女の友情は存在しますが、『一線を越えない』という保証はどこにもありません。

なお、「男女の友情は存在する」と主張する男性と付き合う場合、女友達との付き合いを認めてあげましょう。

でないと「理解がない」と敬遠されます。

その際に、彼の女友達をきちんと紹介してもらいましょう。

「あなたの話に出てくる友達の○○ちゃんに会ってみたいな」彼と女友達の仲が心配な時は、こんな風に切り出してみましょう。

彼と女友達が一線を越えるのを防ぐ予防線になります。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です