男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

甘え上手は『かわいい』

甘え上手は『かわいい』

このエントリーをはてなブックマークに追加

038_R

甘えてくれない女性には、男性は物足りなさを感じます。

理由は、男性も甘えたい願望があるからです。

女性の方から甘えてくれないと、多くの男性は甘えられません。

女性が自分からえっちに誘うのが苦手なのと同じです。

女性が極端に甘え下手ですと、男性は物足りない気持ちに負けて浮気に走ることもあります。

また、男性は『甘え下手』な女性を、大雑把で繊細さに欠ける『がさつな女』と誤解することがあります。

なかなか理解できないかもしれませんが、男性は女性を『味』で表現することがあります。

『女らしくてとても上質な味』『普通の味』『繊細さに欠ける大味』に分けるのです。

甘え上手な女性は『上質な味』、甘え下手な女性は『がさつな大味』と区別します。

『大味』な女性はぞんざいに扱い、『女らしい上質な味』の女性には、常に相手のことを考えた行動を取るようになります。

つまり、男性は女性の『味』に合せて愛し方を変えるのです。

そういう意味でも、恋の始まりに甘えることは大切です。

特に「愛情表現が不得意で不器用な男性とばかり付き合ってきた」という人は要注意。

それは、あなたが甘えてこなかったことによる「あなたへの愛情表現」ともいえるのです。

男性に甘えることは『媚び』とは違います。

相手に甘えるのは「自分を解きほぐして自分自身に優しくする」こと。

キスと同じく愛情表現です。

だから照れることなく、安心して彼に甘えてみましょう。

もちろん、まだ出会ったばかりで付き合っていない時から甘えると、恋人候補からも外される可能性がありますので、この段階では「付き合ったら、甘えた感じがかわいいだろうな」と思わせることです。

もし、彼と恋人同士になったなら、小さなくすぐり合いでもいいので、まずじゃれ合ってみましょう。

それが甘え上手になる秘訣です。

また、甘えるだけでなく「いい天気だから、公園まで散歩しようよ!」と、はっきり自己主張しましょう。

甘え上手は愛され上手です。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です