男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

最高の恋愛を手に入れるには
このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の恋愛を手に入れるには

『束縛男』に変わる3つの原因

031_R

男の束縛には、質問攻めや好みの押しつけ、2人のルールを細かく作って強制するなどがあります。

束縛したがる理由は、大体次のパターンがあります。

1つは男性としての自分に自信がない場合。

あなたに愛される自信をも失っているのです。

また、「自分に魅力がない」と考え、あなたの方が魅力的で、どう見ても自分と釣り合いが取れていないと思ってしまう。

けれど手放したくはないという一心から、がんじがらめにしようとするのです。

もし、彼が自信を失っているようなら、あなたから積極的に彼の長所、好きなところを言い、魅力的であることをきちんと伝えましょう。

2つ目は、あなたのような素敵な女性が自分の周りにいないという場合。 (さらに…)

『腹八分目』の距離間で本気にさせよう

032_R

「『男友達と会う』と言っても、なんの反応もない」「『カフェで元彼とばったり会った』と言ってもまるで無視」というように、全くヤキモチを妬かれなかったり束縛したりしない男性に物足りなさを覚えるかもしれませんが、実は男性も好きな人に全く束縛されないと寂しさを覚えるものです。

ただ、女性ほど表に出ないため、分かりづらいだけです。

そして、このことを上手に活用すると、今後の恋愛がとても有利になります。 (さらに…)

口ゲンカでもやってないけないこと

033_R

ケンカをしている時、『彼にとって自分は特別な存在』と思わないことが重要です。

なぜなら「私は彼に愛されている」という甘えがあると、余計にこじれるからです。

彼の何気ない一言に対しても、「冷たい」「言い方がきつい」「優しさがない」と被害者意識を持ってしまうのです。

不満ばかりが生まれ、彼の主張を素直に受け止められなくなります。 (さらに…)

昔みたいに「愛してる」と言って欲しい

034_R

付き合い始めて頃は口に出してくれた「愛している」という言葉を、最近めっきり言ってくれない。

この裏には様々な原因が隠されています。

一番は口ゲンカのしすぎ。

「あなたのだらしないところが嫌なのよ!」「○○さんを選べばよかった!」「もう顔も見たくない!」など、口に出してはいけないことまで言ってしまい、2人の距離が開いてしまっている状態です。

ただし、恋人関係が完全に壊れたわけではありません。

だから、デートをしたり、記念日にプレゼントをあげたり、えっちしたり、傍目には普通のカップルのように見えるでしょう。 (さらに…)

付き合ってすぐ「別れよう」と言われた…

035_R

ずっと好きだった彼と付き合うことになったのに、いきなり「別れよう」と言われたら、それは驚くでしょう。

以下の理由が考えられます。

1つ目は彼がちょうど彼女にふられたばかりだった、転勤したり仕事に忙しかったりで遊ぶ時間がなかったなどの理由から、『たまたま』あなたと付き合おうと思った場合。

心の隙間を埋めるため、いわゆる『都合のいい女』扱いです。

彼があなたのことを好きではなかったことに気づいた場合、彼の方から別れを切り出します。 (さらに…)

ズルズル付き合う男

036_R

長期間付き合っているカップルの男性には、気まぐれでわがままなタイプの人がいます。

その時の感情だけで動く合わせてばかりいるため、将来について話し合うことができず、いつまで経っても結婚話が出てきません。

また、2人の仲が冷め切っている場合も同様です。

別れないのは単に惰性です。

惰性かそうでないかは、キスをするかしないかで分かります。

えっちはしてもキスはしてくれない、仮にしてくれたとしてもおざなりで素っ気ない……「彼がキスをしてくれなくなった」と思ったら、2人の関係をもう一度振り返ってみましょう。 (さらに…)

『右上がり』の美しさを持つ女性

037_R

年を重ねる度にきれいになって、オーラが増していく女性が周りにいませんか?

女性が男性に対して、ある程度の経済力を求めるのと同様に、男性は女性に、その人なりの美しさや女性らしさを求めます。

元々美人でなくても、輝きを増していくことはできます。

20代より30代、30代より40代と、歳を取るほど美しさを増していく女性を男性は鋭く見抜き、そこに魅力を感じるのです。 (さらに…)

時には『バカ』になれますか?

038_R

男性の中には、女性の前ではあまり大声で笑わないように心がけている人がいます。

しかし、それは『素の姿』ではなく、あなたの前でもある意味緊張しているということ。

いつかは疲れてしまいます。

笑いには計り知れないパワーがあり、笑いで病気が治るという説もあります。 (さらに…)

彼の夢を励ます『応援団長』

039_R

自分の夢を誉められ、応援してもらえることは、男性にとって何物にも代えがたい喜びです。

その夢を育てるための語らいは、2人の明るい未来に繋がることがあります。

ただし、彼に夢や将来のことを聞くには、時と場所を考えましょう。

デートやドライブ中に突然「あなたの夢は?」「将来やってみたいことは何?」などと聞いても、面食らって曖昧な答えしか返ってきません。

質問の最適なタイミング、交際前なら仲良くなってすぐの電話です。

緩やかに会話が盛り上がり、リラックスした時がいいでしょう。

「今の仕事はずっと続けるの?」などと、さりげなく聞いてみましょう。 (さらに…)

運命を感じる『偶然』

040_R

目に見えない力を信じる時が、男性にもあります。

男性が『運命の相手』だと思う女性は、しびれるような『偶然の一致』を感じた時。

行動や出来事の一致だけでなく、「その時思ったこと」などの感情の一致も含まれます。

偶然は、自分のアンテナを高く張っているところに多く起こりますが、中には目に見えないところで、何か大きな力が働いているとしか思えないことも起こるのです。

たとえば、電話をしようとしたその瞬間、向こうからかかってきたり、互いの友達が意外なところで繋がっていたり、という偶然は決して珍しくありません。 (さらに…)

『未来の妻』の姿を想像させよう

041_R

極端に言えば、「彼女と一緒にいたらどんなに素敵だろうな」と思わせたら、こっちのものです。

では、どうすれば恋人や奥さんとしてのあなたをイメージしてくれるのでしょう。

それには、彼に疑似体験してもらうのです。

たとえば、ホームパーティで彼に料理を振る舞う時などに、さりげなくおしゃれなエプロンを身につけてみましょう。

普段着の上に、ちょっとかわいいエプロンを着けるだけでいいのです。

彼は「あいつが俺の奥さんだったら、こんな情景なんだろうな」と想像してときめくはずです。

また、おしゃれなホームウェアも彼の男心をくすぐります。 (さらに…)

『しっかり』と『おっとり』

042_R

人間には、相手のギャップを見た時に心が動く性質があります。

普段はしっかりしているのに、財布や携帯などの必需品をうっかり忘れ、すごく慌てた顔を見せた時や、いつもクールな人が電車の中で妊婦さんにサッと席を譲った時、いつもはのんびりしている彼があなたを守るために毅然とした態度を見せた時など、いつもと違う一面を見た時、「相手のことがもっと好きになった」という人は多いものです。

恋愛でもオンとオフのギャップに心が動き、ずっと大切にしたいと思うのです。 (さらに…)

『エリート』の心を掴む方法

043_R

バブル期に流行語になった『3高(高身長・高学歴・高収入)』など、一流企業に勤めている、社会的地位の高い職業に就いているなどの男性は魅力的に映るものです。

『人は中身』といっても、やはり収入や社会的地位はないよりはあった方がいいというのが本音。 (さらに…)

今の彼を魅力的に見せる『過去』

044_R

俳優並みに整った顔立ち、勉強もスポーツもできる文武両道など、誰から見ても『いい男』というのは例外なくもてるものです。

その彼に「ずっと一緒にいたい」と思われるには、どうしたらいいでしょう?

実は女性にもててきた男性は、外見だけで女性遍歴がすごいと思われることも多く、そのせいで本命の彼女にふられたり、意中の女性から敬遠されたり経験を併せ持っています。

そのため、やっとできた彼女に余計な心配をかけないよう、昔のことをあまり話さなかったり、自分の過去を知る友達に会わせなかったりと、女性の影をちらつかせないよう、非常に気を配ります。 (さらに…)

キスより効果がある30分マッサージ

045_R

心と体には密接な関係があります。

心も体も疲れきった彼には、マッサージしてあげるのが一番。

体に深いリラックス感を与えることで、体だけでなく心まで元気にすることができます。

まずは、彼の顔を見て「お疲れ様」と言い、それから肩を揉んであげましょう。

男性が目一杯仕事をした後に望んでいるのは、ビールでもえっちでもなく、心と体をほぐしてもらい、心底リラックスすることです。 (さらに…)

長続きする“恋のバランス”

046_R

恋愛には、大きく分けて2つのパターンがあります。

一方は『安らぎ』はすごくあるけど、ワクワク心躍ることがあまりないタイプ。

安心感を覚える代わりに、ときめきはさほどありません。

長年連れ添い、「あ、うん」の呼吸で分かり合える熟年夫婦のような感じです。

もう一方はドキドキするけれど、心の安らぎはあまり感じられないタイプ。

交際した頃はいいのですが、付き合いが長くなるにつれて心の落ち着きが得られず、疲れてしまうでしょう。 (さらに…)