男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

最高の恋愛を手に入れるには
このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の恋愛を手に入れるには

“最高の恋愛”を手に入れるには?

011_R

男性は、不可解な行動で女性の心を翻弄します。

「付き合って欲しい」と告白してから、ゴールインもしくは別れるまで、なかなか本音を明かしません。

別れの時でさえ「好きだけど別れる」と、優しい嘘をつく人もいます。気の置けない男友達との仲だけで共有され、最愛の女性には最後まで明かされないこともあります。

なぜ男性はこんなにも秘密主義なのでしょうか?

それは、男性は2つの顔を持っているからです。 (さらに…)

友達から恋人候補に

002_R

昔からの男友達で、互いに異性として意識していなかった頃、彼には彼女がいたか、モテモテで恋愛には不自由していなかったかもしれません。

しかしその後、失恋と出会いを繰り返し、「結局みんな去って行った。

気がつけば1人……」孤独に襲われて周囲を見回した時、“あなた”という友達が見守ってくれていたことに気づきます。

「素の俺を一番理解してくれていて、かっこわるいところも見せられる。

彼女こそ運命の人だったんだ!」これこそ、恋愛遍歴の多かった男性が、多くの女性との出会いと別れの果てに、身近な女友達に抱く『恋心』です。 (さらに…)

『付き合っている』の境界線

031_R

「本当に付き合っているんだろうか?」と不安がよぎることがあります。

付き合っているかどうかと言うのは非常に曖昧です。

なぜなら、恋人への態度や考え方は千差万別で、カップルの数だけ付き合い方があるからです。

これから挙げる項目はあくまで目安ですが、彼との関係に不安を感じたとき、役に立つでしょう。 (さらに…)

恋人の有無を“それとなく”知るには

032_R

出会いの場所や出会い方によって、恋のスタート地点は微妙に変わってきます。

友達の彼氏に、彼の友達を紹介してもらう場合は、友達経由でプロフィールや人となりを知ることができるので、安心して交際をスタートできるでしょう。

社内や取引先、趣味のグループに気になる人がいる場合は、ハードルが少し上がります。

彼に彼女がいるかどうかを確認するところから始めなければならないからです。 (さらに…)

体を許しても『本命』にはなれない

033_R

深い関係になったからといって、本命になったとは限りません。

多くの女性は、「好きだから体の関係を持つ」ということを愛情と結びつけます。

しかし、えっちしたからといって、男性の心まで独占することはできません。

むしろ、付き合うか付き合わないかという微妙な段階で、なし崩し的に関係を結んでしまった場合、彼があなたを『本命』と考える確率はかなり低いでしょう。

なぜなら、男性は「付き合ってもいない男に体を許す女」と捉えるからです。

遊びの相手としては好都合かもしれませんが、本命には軽すぎます。 (さらに…)

初デートに臨む心理

034_R

初めてのデートで、男性が緊張していないように見えることがあります。

「あまり気乗りしていないのでは?」と思うかもしれませんが、男性の緊張の度合いは、愛情の度合いとは比例しないものです。

男性の緊張の度合いは、相手を好きになる過程によって異なります。

1つは、まだ相手のことをよく知らないまま『憧れ』から好きになったパターン。

もう1つは、ただの友達や仕事仲間という気持ちが恋心に変わった『親近感』のパターンです。

もし、『憧れ』の対象として好きになった場合、彼はあなたと一緒にいるだけで震えてしまい、『近寄りがたい』という気持ちを抱いてしまいことさえあります。 (さらに…)

男が引きずる『別れ』

035_R

どんな別れ方をしたにせよ、ふとした時に後悔の気持ちが湧き起こることもあります。

一般的に、男性の方が失恋から立ち直るのが遅いといわれていますが、男性が別れて後悔するのには、いくつかのパターンがあります。

1つは、時間が経った後、彼女が別れを告げた理由が理解できたパターン。

直後は気づかなかったけど、数ヶ月もしくは数年後に自分の落ち度に気づくことがあります。

そして、「今の俺ならふられなくて済んだのに」と悔やむのです。

客観的に自分を見つめ直して別れの意味を知り、そして後悔するのです。 (さらに…)

「好きだけど付き合えない」の本音

036_R

独身男性が「君のことは好きだ。けど付き合えない」と言う時、基本的に本命は他の人であることを示しています。

ただ、「両方好き」という気持ちはあります。

一口に「好き」といっても、『Love』ではなく『Like』止まりということです。

「好きだけど付き合えない。

だから友達でいよう」ならいざ知らず、「付き合えないけど好き。

だからやらせて」と言い出したら危険信号。

体を許したとしても遊びの関係になるだけです。 (さらに…)

本当に“今”だけ「彼女はいらない」の?

037_R

男性がよく使う「今、彼女はいらないんだ」という言葉には、いくつかの解釈があります。

1つは言葉通り、恋愛にかまけていられない時期にいるからです。

資格取得、昇進試験、大きな商談がまとまるかなど、人生の勝負がかかっている時期に「彼女はいらない」と思う男性はいます。2つ目は、過去の恋愛で傷ついている場合です。

「こんなに辛い気持ちになるなら、恋愛なんてしない」と、少々悲観的になることさえあります。

3つ目は、今付き合っている彼女と別れる予感がある場合。 (さらに…)

甘え上手は『かわいい』

038_R

甘えてくれない女性には、男性は物足りなさを感じます。

理由は、男性も甘えたい願望があるからです。

女性の方から甘えてくれないと、多くの男性は甘えられません。

女性が自分からえっちに誘うのが苦手なのと同じです。

女性が極端に甘え下手ですと、男性は物足りない気持ちに負けて浮気に走ることもあります。

また、男性は『甘え下手』な女性を、大雑把で繊細さに欠ける『がさつな女』と誤解することがあります。 (さらに…)

タイミングを間違えると逆効果

039_R

好きな人に気持ちを伝えたいと思うのは、当然の流れです。

でも、時にそのストレートな思いは『重い』と受け取られかねません。

一度か二度、食事をしただけなのに、料理を作って押しかけてきたという実例もあります。

手料理は恋愛が始まった後なら彼を喜ばせる材料ですが、微妙な関係の時に行うと、男性は恐れをなしてしまいます。 (さらに…)

どんな男も『遊び』を卒業する

040_R

若い頃、特定の相手を作らず、遊び歩いていた男性も、あるきっかけでパタッと遊びを止めることがあります。

『最愛の女性』に出会ったことが一番大きな理由です。

「本当に大切にしたい」「失いたくないと切実に思う」相手に出会った時、心を入れ替えます。

また、最愛の女性をたった1回の出来心で失ってしまった場合も、それ以降遊びを止めます。

つまり、どんな遊び人でも遊びを卒業する瞬間が必ずやってくるのです。 (さらに…)

男友達にどこまで話す?

041_R

一般に、男同士で恋愛話はあまりしないと女性には思われがちですが、実際には親しい友達にはプライベートな話をよくしています。

「誰にも言うなよ!」と釘を刺しつつ、新しい女性関係の話をするのです。

しかし、誰にでも話すわけではなく、あくまでごく少数の『親しい』友達に限ります。

もし彼と付き合い始めたとして、自分との関係をあまり口外して欲しくない場合には、先に釘を刺しておきましょう。 (さらに…)

彼が浮気をしない付き合い方

042_R

浮気は男性の本性、本能といわれています。

実行に写さないだけで、どんな男性にも浮気願望があるもので、『理性』で抑えているかいないかの違いです。

一途な男性もいますし、彼女と週2回以上えっちしている場合、他の女性と浮気をするのは体力的、精力的にも困難です。

しかし、10代~20代前半の男性は別です。

「もてたい=えっちしたい」という気持ちが強く、数を競う仲間もいます。

しかし、20代半ばを過ぎるとセックスへの執着が弱くなり、ある程度の年齢になると落ち着いてきます。 (さらに…)

『本気の一目惚れ』と『遊びの口説き』

045_R

その日会ったばかりで「好きだ」と迫られたことはありませんか?

もし、その言葉が本気なら新しい恋のチャンスかもしれません。

ただし、単なる口説き文句の可能性もあります。

本気の一目惚れと遊びの口説きには、いくつか違いがあります。

口説く前に名刺をくれましたか?

携帯番号やメールアドレスを教えてくれましたか?

あなたのこれからの都合を聞いてくれましたか?

そうした誠意がないのに、なし崩しで「好きだ」「付き合いたい」「お泊まりしよう」などといってきたら危険信号。 (さらに…)

男の本気が分かるのはえっちよりキス

046_R

なんとも思っていなかった相手に突然キスされたら、誰だってその意味を考えてしまうでしょう。

「もしかして、私のこと好きなの?」では、彼はあなたのことをどう思っているのでしょうか。

大前提として、男性は“なんとなく”も含めた『好き』な相手にだけ、自分からキスしたいと思います。

なんとも思っていない女性にキスをすることはまずありません。

ですから、好意を持っていることは確かです。 (さらに…)

メールで『本音』は読めない

047_R

男性のメールが短いのには、悪気はありません。

忙しい合間を縫って返信するため、短くなるだけです。

要件しか書かれていないメールに、彼の本心が表われているかのように思ってしまいますが、決してあなたに冷たいわけでも、他に女がいるわけでもありません。

ほとんどの男性は、感情表現をメールに打つことが苦手です。

男性にとってメールは、意思疎通のツール以外の何物でもなく、単なる『伝達手段』に過ぎません。 (さらに…)

ほろ酔いの電話は『脈あり』?

048_R

夜、「そろそろ寝よう」と思っていた頃に彼から電話。

特にこれといった用事もないのに話が弾み、ちょっと長電話に……相手の男性本人も気づいていないかもしれませんが、確実にあなたに好意を持っています。

ただ、その好意はまだ浅く、広いものです。

「私に気がある?」と思うのは早計です。

しかし、恋の予感に繋がる気持ちを多少なりとも持っていることは間違いありません。

大切なポイントは、「(酔っていても)意識がある状態で電話をかけてきた」こと。 (さらに…)

「君といるとホッとする」の“落とし穴”

049_R

もし、気になる男性に「君といるとホッとする」「安心する」と言われたら、『癒しの存在=彼にとって一番の女性』と解釈したくなるでしょう。

しかし、はっきりとした『好き』という気持ちがないことが多いのです。

自分の気持ちを真剣に考えている場合もあれば、単に遊びや体目的の場合もあります。

また、彼女にするほどの好意ではない場合にも使われます。

曖昧な関係を求めているからこそ、「好きだ」「付き合いたい」という直接的な言い方ではなく、「癒される」といった曖昧な表現になるのです。

おいしい思いや楽しい思いはしたいけれど、縛られたくないし縛りたくもない。 (さらに…)

彼女や妻の愚痴をこぼす男

050_R

2人きりになった時、深刻な顔で「最近彼女が冷たい」などと相談してくる男性がいます。

あなたを仲のよい友達と思っているから、心を許しているのでしょうか?

「気を引きたいの?」と思っても無理はありません。

理由はいくつか考えられます。

1つは、彼が自分の辛い状態を誰かに分かって欲しい時。 (さらに…)

「彼女と別れるかも」の心中は…

001_R

男性が「今の彼女と別れるかもしれない」と口にする時、2つのケースが考えられます。

1つは、今の彼女を愛しているけれど、彼女から傷つく言葉を言われたり、ケンカ中だったりなど、一時的に彼女への愛から逃げている状態。

つまり、好きだけど自分を傷つけた彼女を心の中から閉め出し、敵視することで心の傷を和らげているのです。

この場合、本当は彼女のことが好きなので、彼女が彼に謝り、「よりを戻そう」と言ったら元の鞘に収まるでしょう。

支えが欲しくて、あなたを話し相手に選んだのかもしれません。 (さらに…)

これだけは覚えておきたいトーク

002_R

男性が自分の恋愛に関する話をするのは、少なくとも仕事や社交辞令以上の親近感を持っているからです。

プライベートで付き合うつもりのない人には話しません。

ただ、あなたに友達以上の気持ちを感じているとは限りません。

単純に『遠い存在ではない』ということです。

この先、恋愛関係になるかもしれません。 (さらに…)

ボディタッチは『親しくなりたい』のサイン

003_R

「いきなり肩を抱かれた」「さりげなく背中や手を触ってきた」という経験はありませんか?

飲み会や会社の打ち上げでそんなことをしても、まったくいやらしさを感じさせない男性と、ちょっと指先が触れただけで「気持ち悪い」と感じさせる男性がいますが、どちらのパターンも、男性は親しくなりたいと思わない女性にはまず触れません。

少しでも距離を縮めたいから触れてくるのです。

ただし、『親しくなる』という感情には『Love』も『Like』も含まれます。

そして、この先から恋に発展するか、友情どまりかに分かれます。 (さらに…)

付き合ってもいないのに泊まりに誘う男

004_R

恋人同士なら「今日、うちに来ない?」というやり取りは普通ですが、時に男性は付き合っているわけでもないのに、女性を誘うことがあります。

基本的に2つの理由が考えられます。

1つは「まだまだ話し足りないから、家でもっと話したい」という意味合い。

十分に相手を吟味した結果、『自分のテリトリー=自分の家』に踏み込ませることを許可したことになります。

つまり、少なくとも人間的にあなたを信用しているわけです。 (さらに…)

酔った時の『口説き』は99%信じるな

005_R

お酒の席で、女性に甘い言葉をかける男性がいますが、「好き」「愛している」という恋愛感情を伴っていない場合が多いです。

お酒が入ると、男性は女性の肌が恋しくなるもので、その欲望のままに女性に触れてきたり、言葉巧みに接近してきたりするのです。

もちろん、酔った男性の言動が100%信用できないわけではありません。

お酒の力を借りて告白しようとする場合もありますが、これは稀です。 (さらに…)

本当の恋愛となる“ナンパ”とは

006_R

一口にナンパと言っても多種多様なので、一概に「ナンパをする男は軽い」とはいえません。

ナンパから真剣な恋愛関係となったら、それも出会いの1つです。

可能性の1つして選択肢に入れておきましょう。

ただし、ナンパをそのまま信用してはいけない場合もあります。

たとえば、出会ってすぐ「かわいいね」「きれいだ」「付き合おう」と言う男性。 (さらに…)

女性から連絡しないと恋は発展しない?

007_R

一度デートしてからというもの、相手から何の連絡もない。

そんな時「彼に嫌われてしまったのでは……」と不安になるでしょう。

この場合、男性にはいくつかの事情が考えられます。

一番多いのは、デートであまり会話が弾まず、居心地が悪かったと感じている場合です。

また、あなたが彼と思い描いていたような女性とは違っていたということもあります。

「イメージと違っていたから、もう会わなくていいかな」と感じた場合です。

残念に思うかもしれませんが、人付き合いの中では仕方のないことです。 (さらに…)

突然メールが来なくなった!

008_R

ちょくちょくデートやメールのやり取りをしていた彼が、ある時を境に返事が来なくなったということがあります。

いい方に考えれば、病気やケガで入院してしまったとかで、連絡したくてもできない状態があります。

そうでないのなら、次のような状態であることを受け入れなければなりません。

「ちょっといいかな」と思っていたけれど、今は離れたい、距離を置きたいと考えています。

または、新しい彼女や好きな人ができて、そちらに乗り換えたいのかもしれません。 (さらに…)

遠距離恋愛を成功させるために

009_R

銀行、保険会社、メーカー、商社、警察、自衛隊……転勤(転属)の可能性がある職業は多いものです。

そして、男性は遠方への移動が決まった途端、気になっていた女性に告白することがあります。

「遠距離恋愛になるのに、どうして告白するの?」と戸惑うかもしれません。

でも、男性は女性ほど遠距離恋愛を深刻に考えていない場合が多いのです。

「別れる結果になっても、それはそれで仕方ない」と思っている場合もあれば、「ここできちんと告白しておかないと、後悔する」と、その場の気持ちを優先している場合もあります。 (さらに…)

別れた彼との再会

010_R

恋人との別れは、切なく、大きな喪失感を感じますが、時間とともに薄らいでいきます。

久々に再開した彼が、突然キスをしてきたら、女性の心は揺れ動くでしょう。

この場合、彼にはいくつかの心理が働いています。

1つは単純に人肌が恋しくなっている時。付き合っている時は無意識のうちにあなたに甘えていたのでしょう。

別れてから本音をさらけ出せる相手が周りにいなくて、寂しさを感じていたのです。

あなたに久しぶりに会って、つい甘えたい気持ちが生まれたと考えられます。

2つ目は、懐かしい愛しさを感じた時。 (さらに…)

男女の友情という“微妙”な関係

011_R

男性の言う『女友達』の定義は、女性にはなかなか理解しがたいものです。

果たして、『男女の友情』というのは成立するのでしょうか。

1つ有力な説があります。

「男性は、一見興味がないように見える相手でも、心のどこかで『女性』として見ているからこそ、友達になれる」というもの。

ただし、表面的には分からず、自分でも意識していないくらい潜在的なものです。 (さらに…)

男性に言ってはいけないセリフ

012_R

男性と女性とでは、傷つく『ツボ』が違います。

たとえ悪気がなくとも、些細な言葉がきっかけで別れに繋がることも。

一見、男性はタフで無骨で鈍感な生き物ですが、ある部分では女性以上に繊細で、脆い一面を持っています。

一番傷つくのは、好きな相手に浮気をされた時です。

常に浮気願望を持っている男性が、女性に浮気をされて傷つくとは、なんて勝手なんだと思われるでしょうが、男とは『そういうもの』なのです。

また、浮気までは行かないまでも、女性に昔の彼の話をされると、デリケートか部分が刺激されます。 (さらに…)

男性は『2人の記念日』をこう考えている

013_R

一般に、女性の方が記念日やイベントを重視します。

基本的に男性は、『自分の彼女』という認識がしっかりできていれば、誕生日やイベントを一緒に過ごし、お互いの時間を大切にしようとします。

ただ、記念日に対する男女の『温度差』があるため、女性には記念日に無頓着に感じてしまうのです。

しかし、そのことで「愛情や思いやりが足りない」と思うのは早すぎます。

まず、どこまでを『記念日』にするかを考えましょう。

『結婚記念日』なら、さすがに男性も心に留めますが、『交際○ヶ月記念』まで細かいものは覚えていません。

『交際1周年』でも怪しいでしょう。 (さらに…)

なかなか会えない彼の心を離さないために

014_R

女性はどんなに忙しくても、恋人のことを忘れることはありません。

男性に関しては、業種や職種によっても異なりますが、恋人のことを振り替える余裕がないほど、仕事に熱中している人が確実にいます。

仕事に追われ、恋人に連絡すらできないことは多々あります。

しかし、余裕ができれば恋人のことを思い出すでしょうし、仕事の合間に心のどこかであなたのことを考えているでしょう。

強い絆があればなおさらです。 (さらに…)

仕事から恋へ『変換』させたい!

015_R

仕事で失敗した時は優しくフォローしてくれる。

他の女の子よりも話しかけられる回数が多い。

明らかに好意を持っているようなのに、恋のアクションは一切なし。彼は一体どう思っているのでしょう。

『仕事と恋愛』をきっちり切り離している男性はかなり多くいます。

それは、仕事上での自分の評価をとても気にするからです。

恋愛によって自分の評価が下がるようなリスクをできるだけ避けたいのです。

社内恋愛が知られ、その後別れた場合、社内の評価が下がったり、出世に響いたりしかねません。

しかも、同じ部署や上司と部下という関係だったら、仕事を非常に進めにくくなります。 (さらに…)

メールで“彼の気持ち”は読めない

016_R

「プライベートでメールを打つのは面倒」と感じている男性は多いようです。

男の手は携帯電話やスマートフォンでメールを打つには大きすぎるという声もあります。

携帯メールのレスポンスが遅い男性でも、パソコンのメールなら返信が早いパターンもあります。

仕事上パソコンを使い慣れていることもありますが、携帯やスマホに比べて文字が打ちやすいことも一因です。

パソコンで打った彼のメールが長めということはありませんか?

その場合、携帯やスマホで文字を打つのが面倒なタイプです。

あなたへの気持ちがないわけではありません。

パソコンのメールに連絡してみましょう。

早く返事が来るかもしれません。 (さらに…)

女は『上書き』男は『各個』

017_R

彼の過去の女性関係は、できることなら知りたくないけれど、知っておきたい……。

男性にとって過去の恋愛は、どのようなものなのでしょうか?

一般的に、女性よりも男性の方が過去を引きずるといわれています。

男性にとって過去の恋愛は美しいものです。

「過ぎ去った出来事に過ぎない」と分かっていても、心の中に美しい姿で残っています。

これは女性には理解しがたいかもしれません。

『女の恋は上書き保存。男の恋は名前を付けて各個保存』これは非常に本質を突いています。

女性は過去の恋の上に新しい恋を重ねていくので、前の恋はどんどん消えていきます。

ところが、男性の恋は1つ1つの恋をそれぞれ保存していくので、決して消えることはありません。 (さらに…)

男と『風俗』

018_R

大半の女性は、彼が「風俗に行く」行為は『浮気』と同義と考えているのではないでしょうか。

女性は気持ちが全く伴わないえっちをしようとは思わないものです。

お金だけの繋がりで、感情もなくえっちをする経済システムが成り立っていること自体、認められないかもしれません。

たとえビジネスライクであろうと、他の女性と体の関係を結んだ=浮気と捉えるからです。

しかし、男性と女性とでは心も体も構造が違います。 (さらに…)

『浮気』が『本気』に変わる時

019_R

人の心は、頭で考えるだけでは推し量れません。

男性の浮気が本気になる可能性は少なからずあります。

それは、あなたと浮気相手を比較して、相手にあなたの持つ欠点がなく(少なく)、あなたにはない長所をたくさん持っている場合です。

最初は顔や体に惹かれたとしても、あなた以上の魅力と性格を持っている浮気相手と良好な関係が続くと、相手への思いの方が大きくなることがあります。

そうなると『浮気』ではなく『本気』です。 (さらに…)

『どちらも本命』の心理

020_R

「浮気なんてしません」と言ってくれたら許すのに、どうして「どちらとも同じくらい好き」と平気で言えるのか。

冗談でなく、彼は『両方とも好き』と思っているから。

体目的だけでなく精神的部分でも大切だと考えているのです。

たとえば、あなたは姉御系で、強く凛々しいイメージ。

もう1人は癒し系で、何でも話を聞いてくれるイメージ。

あなたには癒しは求められず、また後者には凛々しさを求めることはできません。

でも、2人と同時に付き合えば、欠けている部分を補える。 (さらに…)

“さりげなく”彼をおしゃれにさせる

021_R

交際をする上で、外見の印象は非常に重要です。

中でもファッションは、身体的な特徴とは違い、少し気を使うだけでも大きく変わってきます。

あなたが上手にアドバイスできれば、彼を格好良く見せられるだけでなく、他の人からの評価もアップします。

ただし、多くの男性はプライドが高い生き物ですから、上手に盛り上げて自発的にファッションを買えるよう仕向けることが大切です。

具体的には「その服ダサい!」「その組み合わせはないわ」など、攻撃的な言葉は使わず、「こうすると、今よりもっとよくなるよ」という表現を使ってうまく教育するのです。

また、「そのタートルネックの上に、茶色のマフラーをかけるといいかもね」など、具体的にアドバイスするのも効果的です。

思いも寄らない着こなしを教わったことで、あなたに感謝するはずです。 (さらに…)

自分から告白しない男性に「好き」と言わせたい

022_R

今まで眼中になかったタイプの男性に突然アプローチされた後、だんだん彼のことが気になり、「付き合ってもいいかな」という気持ちになったことはありませんか?

こうした心理は女性だけとは限りません。

自分を好きでいてくれる、もしくは自分のことが好きなのかもと気づいてから相手を好きになるという男性は多いものです。

中には、自分に好意を寄せてくれる女性しか好きにならないという人もいます。

これまで、自分から告白したことがない男性や、女性にもてた経験がない男性に多く、「傷つきたくない」という防衛本能が働き、相手の好意を確認してからでないと恋に踏み切れないのです。 (さらに…)

『同棲』という選択

023_R

お互いの生活ペースや価値観、相手との相性を知るには、一緒に暮らすが手っ取り早い方法です。

男性にとって、同棲はどのような意味を持つのでしょうか。

基本的に入籍を決断するよいタイミングになります。

同棲開始にあたって親の了承を得る必要がありますが、その際「同棲するなら、籍だけでも入れなさい」「一度挨拶に来なさい」と言われることがあります。

そしてその時に、「結婚して身を固めよう」と彼が入籍に踏み切るのです。

また、女性の方が同棲したいと考えていて、同棲を機に入籍を考える場合もあります。 (さらに…)

男の愛情は“徐々に”冷める

024_R

男性の気持ちが一気に冷めることは稀です。

ちょっとくらい嫌なことがあっても、そこはご愛嬌ということで目をつぶりますが、少しずつ積み重なっていくことで、気持ちは徐々に冷めていきます。

その原因として、まず『ケンカ』があります。

どうでもいいようなケンカを毎日~毎週繰り返すうちに、だんだん気持ちが冷め、最終的に別れを切り出すことがあります。

『雨降って地固まる』と考えている女性は、特に注意が必要です。

あなたはケンカするごとに愛情が深まると思うかもしれませんが、彼の中では煩わしさが募るばかりかもしれません。

ケンカというマイナスの時間はなるべく持たず、冷静に話し合って解決しましょう。 (さらに…)

プラスにもマイナスにもなる『女の涙』

025_R

『男は女の涙に弱い』そんな印象がありますが、時と場合によります。

「泣かれると弱いんだよなあ」という発言もあれば、「あいつに泣かれちゃって。いやあ、重かった」という発言も。

同じ『泣く』でも、プラスとマイナスがあるのです。 (さらに…)

男は人脈を広げたがる

026_R

「2人きりの時間が長いと、自分の世界が狭くなりそう」男性がこのような発言をするのは、まず『自分の面子』が大事だからです。

彼女と一緒の時間が長いと新しい人脈を広げることができないし、今までの友達との付き合いも制限されます。

大抵の男性はそんな状態を好みません。

魅力的な男性であれば、恋愛の他にも仕事や趣味仲間との付き合いも大事にするもの。

話のネタが乏しく、つまらない人間と思われたくないのです。

10代~20代は特に、『小さくまとまった奴』と思われるのを嫌います。 (さらに…)

『会えなくても平気』な彼の心理

027_R

何故男性は彼女と会えなくても平気なのでしょう。

これは、「あなたに対する気持ちがあるかどうか」によります。

それを見極めるポイントは2つです。

1つは、他に好きな女性がいないかどうか。

方法としては、彼の友達と仲良くなって、彼の友達から真相を聞き出してみましょう。

彼とその友達が『ぐる』な場合、なかなか本当のことは言わないでしょうが、時間をかけて聞き出してみることです。

もし、他に彼女がいた場合は、潔く身を引きましょう。 (さらに…)

長続きする年の差カップルとは?

028_R

年上と付き合う場合と年下と付き合う場合とでは、気をつけることも変わってきます。

まず年上の方ですが、自分の方が年上であることを強く意識するタイプと、年の差を全く気にしないタイプがいます。

後者のタイプであれば、何も心配することはありません。

前者の場合、「大人の男として恥ずかしくない振る舞いをしなくては」とがんばっているものです。

彼が精神的に疲れてしまわないよう、そっと気配りをしてあげましょう。 (さらに…)

『俺の彼女』として紹介して欲しい

029_R

彼のことをもっと知りたくて、彼の男友達に聞いてみたいと思っても、彼はなかなか「俺の彼女」と紹介してくれない……彼があなたを『彼女』として友達に紹介してくれない理由は、いくつかあります。

1つ目は、厳しい理由になりますが、あなたが『本命』でない場合。

『本命』が見つかる、もしくは落とすまでの『つなぎ』として付き合っている女性が、自分の友達と仲良くなるのを男性は好みません。

「彼ってどんな人?」「他に彼女とかいない?」と、探りを入れられる心配があるからです。

さらに度が越すと、「本当のことを教えて!」としつこく問い詰め、友達に迷惑をかけることにもなりかねません。

「あいつは女にだらしない」という悪い噂が流れることもあります。 (さらに…)

好きだからこその『ケンカ腰』

030_R

話していると、すぐ怒ったり突っかかったりとケンカ腰になる男性。

女性は「怒らせた? それとも本当は好きではない?」と不安になり、愛情を疑ってしまうこともあるでしょう。

しかし、きつい態度をとるのは、あなたと彼の距離がとても近い証拠なのです。

ケンカ腰になる理由は2つあります。

1つは、あなたが彼との会話のリズムをうまく掴んでいないこと。

彼が望まないリアクションをしたり、彼の心地よくないテンポで会話をしているからです。 (さらに…)