男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

愛される女性が口にするコトバ

愛される女性が口にするコトバ

このエントリーをはてなブックマークに追加

044_R

男性から見て、彼女にしたい女性、結婚したい女性、というのは、純粋な女性です。

これは、若い女性を求めているということではありません。

年齢に関係なく、かわいらしさやけなげさを持つ女性が好感を持たれます。

セクシーな女性や小悪魔的な魅力のある女性のことを好きな男性もたくさんいるでしょう。

けれども口説きたい女性と、いつもそばにいてほしい女性とは、男性からしたら別なのです。

男性が“大切にしたい人”として女性に求めるかわいらしさやけなげさというのは、どのようなことなのでしょうか。

たとえば、道端に咲いている花を見て、「きれいな花。」と何気なく言ったとしたら、その瞬間に男性はあなたに対してかわいらしさを感じます。

ばかばかしいことのようですけれど、よく考えてみると男性というのはそのようなことをあまり言いません。

ですから、男性が自分ならば見過ごしがちな道端の花に対して、目に留めて、美しいと感じるその感性に、女性らしさや純粋さを感じるのです。

極端な話ですが、見たものをただコトバとして口に出すだけで、男性の心に響くものがあるはずです。

「すごくきれいな空だね。」「わぁ、おいしそうなケーキ!」「あの犬かわいいね。」「あの赤ちゃん笑ってるよ。かわいいね。」など、あえていえば男性があまり口にしないような内容で、女性が言うとかわいらしさを感じるようなものは、感性のままにコトバにしていってください。

なんでもかんでも言えばいいというものではありませんが、女性が多く持つ“目の前にあるものをいつくしむ”という感性を大切にして、純粋にコトバにすればいいと思います。

男性にとっては、自分にはなかなかない感覚だからこそ、女性のそのようなコトバに感動するのかもしれません。

他に、男性が女性に対してかわいさやけなげさを感じるコトバとして「緊張しちゃう。」というのがあります。

たとえば、「私、○○さんの前だとなぜだかとっても緊張しちゃいます。」とか、ちょっとお洒落なレストランでの食事の約束をしたときに、「何着て行ったらいいの~?緊張しちゃう~。」などと言われると、男性は単純に喜ぶのです。

「明日会えるのが楽しみです。でも、すごく緊張しちゃってるから、うまくしゃべれないかも。」「会社では誰とでも普通に話せるのに、あなたの前だと緊張しちゃってうまく話せないの。」など、コトバにしてもメールを送ってもかまいません。

「緊張しなくて大丈夫だよ。」と言いながら、“女性を緊張させてしまうオレ”というプライドがくすぐられて気分がよくなるのです。

女性にとってはあまり愉快でないかもしれませんが、男性の、理想とする女性像の中には“料理上手な女性”というのが根強くあります。

料理は女が作るもの、というような偏見を持つ男性は、昔とくらべて徐々に減ってきていますが、それでも女性には料理上手であってほしい、という気持ちが、男性の中には多かれ少なかれあるようです。

別に人に自慢できるほどの料理上手でなくともかまいませんし、フランス料理店のメニューに出てくるような「○○風△△ソテーの××ソース添え」などのような料理を求めているわけでもありません。

パスタ、カレー、サラダ、野菜炒め、など、普段作っているもので十分です。

「料理したりするの?」などと聞かれたら、普段から結構凝った料理を作っているのであればそれをそのまま答えればいいですし、普段それほどやっていないとしても「作りますよ。冷蔵庫の中のものをちゃちゃっと炒める程度ですけどね。」、と言えば、それだけで好印象です。

ほとんどしないのであれば、たとえ本心とは別であったとしても、「これから少しずつ覚えていきます。」とか「がんばって作ってみようかな。」というように、とりあえずやる気をみせることです。

「この前、筑前煮作ったんだけど、味が濃くなりすぎちゃって…。」とか「パン作りに挑戦したんだけど、失敗しちゃった。」などの、料理の失敗談も、男性からは悪いイメージとはなりません。

むしろかわいく感じるものです。

必要以上に手の込んだものが作れたり、特別に料理上手である必要はないのです。

難しく考えないで、気軽に料理のことを話題にすればいいと思います。

女性でも心当たりがあるでしょうけれども、たいていの男性が好みの女優やアイドルがいるものです。

ただし、おそらくは深い意味はありません。

軽い気持ちで何気なく「○○って、ファンなんだよな。」「△△ってかわいいよな。」と言うだけのことです。

男性がこのようなことを言ったときに、深く考えてしまって「私より○○のほうが好きなの?」とか「私の前でそんなこと言うのって失礼じゃない!?」などと真剣に怒ってはいけません。

「メイクがバッチリだから、かわいく見えるだけじゃん。」とか、「男の人って、こういう子が好きだよねー。」といやみっぽく言うのもバツです。

相手に合わせたいがために、無理して「そうだよねー。私も大好き。」などと一緒に喜ぶ必要もありません。

ベターな反応としては、軽く受け流すことです。

男性にとっては、女優やアイドルは女性といえども車とかラーメンなどと同じランクであり、単に“自分の好きなもの”であって、彼らはそれについて“語りたい”のです。

深い意味があることは、まず、ありません。

男性の“語りたい”気持ちを遮ることはいけませんが、大きなリアクションで賛同したりする必要はありません。

とにかく、“語らせて”あげてください。

「へー、そうなんだー。」と受け流し、最終的には「すごい好きなんだね。」と温かく包み込んであげましょう。

女優やアイドルに限らず、男性が他の女性のことを言ったときでも、変に過剰反応をすることなく、ただ軽く受け流せばいいのです。

どうしても受け流せないのなら、「ちょっと妬けちゃうな。」と、かわいくやきもちをやく程度にしておきましょう。

他にも、男性と女性の心理的な違いで、 “会いたい願望”の強さの違いがあるようです。

恋人に会いたい、好きな人に会いたい、というのは自然な感情ですから、男性も女性も持つものですが、男性の場合はその“感情”よりもスケジュール調整が優先されてしまうところがあります。

「今週は仕事が忙しいから無理だよ。」とか「○○が△△で××だから…。」と理由をくどくど説明しながら、会えないことを女性に納得させようとしたりします。

女性の場合は、単に相手に会いたい、顔が見たいという気持ちももちろんあるのですが、相手が“会ってくれる”という事実が大切なような気がします。

相手のスケジュールの中で、自分が一番優先されている、という事実が大切なのであって、そのことで愛情を測ろうとしているところが少なからずあるのではないでしょうか。

このような心理的な違いがあるので、女性としては、会えないときに「なんで会えないの?」「私と会えなくても寂しくないんだ。」「私のこと、その程度しか好きじゃないんだ。」と相手を責めるような口調になってしまうことが多いのです。

もちろん男性だって、相手の女性に会いたくないわけではなく、むしろスケジュールが合えば会いたいですし、女性から会いたいと言われるのもうれしいものです。

けれども、責め口調で「なんで?」と詰め寄られたりすると、とても重たく感じてしまいます。

手かせ足かせをつけられて自由を奪われたような気になるのです。

「どうして会えないの?」「○○さんは私と会えなくても寂しくないんだね。」などと、しつこい態度をとってはいけません。

あまりしつこいと重すぎて、男性は逆に逃げたくなってしまいます。

会えないと言われたときに、相手に重たさを感じさせないように「そっか、会いたいけど、今週はがまんするね。」とあっさり引き下がりましょう。

「どうしてもダメ?」とか「少しだけなら無理?」などと、一押しくらいなら言ってもかまいませんが、しつこくせずに「がまんするね。」というのがポイントです。

男性は、「がまんするね。」でいじらしさやかわいらしさを感じて、次は絶対時間を取ろう、来週は絶対スケジュールを空けておこう、という気持ちが強くなるのです。

会いたい気持ちをきちんと示しつつ、責めたりしつこくしたりしないのが大切です。

女性はわがままな生き物である、とか、わがままは女の特権だ、などとよく言われますが、実際、ついわがままを言ってしまう女性は多いようです。

特につき合っている相手に対しては、自然にわがままなコトバや態度が出てしまったりします。

おそらく、わがままを言ってしまう多くの女性は、自分のわがままを自覚していると思います。

わかってはいるんだけれど、ついわがままを言ってしまう。

迷惑かけてしまう、と思ってはいても、自分は変わらずに相手に許容してもらうことばかりを期待している、という人が多いようです。

男性は、女性が多少わがままを言っても、許してくれています。

女の子なんだから許してあげようと思ってくれています。

ですが、たまにでもいいので、そのわがままなところを相手に謝りましょう。

「いつもわがままばっかり言ってごめんね。」と、真剣に伝えましょう。

「いつも彼にわがままばっかり言ってしまうんです。」という女性側の恋愛相談はよくあるのですが、そのような相談をするたいていの女性は謝っていないと言います。

結局、反省していないんだな、わがままを直す気はないんだなと思われてもしかたありません。

「わがまま言ってごめんね。」と、ひと言謝れるかどうかで、女性のイメージは全くちがったものになります。

誕生日やクリスマス、記念日などの機会に、好きだからつい甘えてしまうという反省の気持ちをコトバにして伝えてください。

女性は「わがまま言ってごめんね。」のひと言がなかなか言えないことが多いのですが、男性は「好き」という気持ちを言いません。

テレであったり、男が軽々しく口にするものじゃないというポリシーがあったり、あるいは、言わなくてもわかるよな、という思いがあるのです。

女性としては、「好き」というコトバを聞きたいものです。わかってはいても、コトバで表現してほしいですよね。

かといって、好きというコトバを言って言ってとせがんだり迫ったりしても、男性はますます口を閉ざしてしまいます。

男性に「好き」というコトバを言ってもらうには、責めるのではなく、女性が「好き」というコトバひとつでどんなに喜ぶのかということをわかってもらうようにするのが早道です。

「好きって言ってくれるとすごく安心するんだよ。」とか「○○さんが私のことを大事に思ってくれているのはわかってるんだけど、やっぱりコトバに出してもらえるとうれしいんだよ。」などと、おねだりしてみるのもいいかもしれません。

また、めずらしく「好き」をコトバにして言ってくれたら、その瞬間を逃さないで「ありがとう。」「やっぱりうれしい。」「コトバに出してくれるとやっぱりちがうね。」「女の子は好きっていうコトバに弱いんだよ。」「好きって言われると、すごく安心する。」などと、伝えましょう。

私たちは、思っていることを素直にコトバにし伝えられなかったり、上手く表現できなくて嫌味や皮肉になってしまったりすることがよくあります。

そんなときに活用してほしいのが、『I(アイ)メッセージ』です。

『Iメッセージ』の“I”は“愛”ではなくて、私という意味の英語の“I”です。

主語を“私”にすることで、相手やそのときの状況について自分はどう感じているかを素直に相手に伝えるやり方です。

一方、『YOU(ユー)メッセージ』は主語を“あなた”にすることで、“あなた”のことを評価したり責めたりするようなニュアンスがあります。

たとえば、「ひどいこと言うんだね。」というのは『YOUメッセージ』です。これを『Iメッセージ』で言うと「そう言われたら、ショックだな。」という感じです。

「(おまえは)こんな時間まで、何してたんだ。」という『YOUメッセージ』は、『Iメッセージ』では「連絡もないし、(私は)ずっと心配してたんだよ。」となります。

『YOUメッセージ』でいう「何度言ったらわかるのかな。」は『Iメッセージ』では「大事なことだから、しっかり覚えてくださいね。」というところでしょうか。

このように、『YOUメッセージ』は、主語を“あなた”にすることで、相手を責めたり、上から評価するような言い方で、あなたのせいで私は不快になっているということを感情的に伝える言い方になっています。

これは、恋愛関係のみならず、夫婦間、親子の間、会社の同僚など、さまざまな人間関係において、気をつけたい話し方です。

子どもの帰宅がずいぶんと遅かったときに、開口一番「こんな時間まで何してたんだ!」というコトバをぶつけてしまうと、それはそのまま「おまえが悪い!」という非難の形で相手に届きます。

そうなると、売り言葉に買い言葉で「うるさい!」という返事が返ってくるかもしれません。

相手はコトバに含まれる非難や責めを、敏感に察知するものです。

そうなると素直に謝ることもできにくくなります。

悪循環ですね。

感情的になりそうな気持ちを抑えて「連絡ないから心配したよ。」と言えば、相手も「ごめんなさい。」というコトバが自然に出てくるものです。

つき合っていれば、相手を責めたくなるときもあるでしょうけれども、ネガティブな感情をなるべく『Iメッセージ』に変換してコトバにするように心がけてください。

『Iメッセージ』はポジティブな気持ちを伝えるときにも活用できます。

「私あなたのそのクセ好きだな。」とか「メールくれてすごくうれしかった。」など、いずれも“私”を主語にしたメッセージで、『Iメッセージ』にすると、素直に喜びを表しやすい傾向があります。

普段から意識して『Iメッセージ』を心がけるようにすることで、次第に自然に『Iメッセージ』で会話ができるようになると思います。

ぜひ、『Iメッセージ』を活用してください。

最後に、女性に限らず、愛される人がよく口にしているコトバというのは、「ありがとう」というコトバだと思います。

あまりにも平凡で、当たり前のようなひと言ですが、この平凡なひと言が素直に言えないばっかりに、うまくいかないこともたくさんあるのではないでしょうか。

実際、当たり前のこのひと言をあなたはどれくらい口にしていますか?

普段から「ありがとう」と言っているという場合でも、自分を顧みてみると、もっと言える場面があったのではないですか?

「ありがとう」は愛されるための究極のコトバです。

平凡な日常生活の中にでも、「ありがとう」が言える場面はいっぱいあるはずです。

身近にいすぎて、「ありがとう」を言いそびれていたり、言っていないことに気づいていないこともあるかもしれません。

気づいたときには「ありがとう」を言う機会を失くしてしまっているかもしれません。

後から後悔しないために、ささいなことにでも日頃からありがとうと思える気持ちを持ってください。

そしてそれをコトバにして、相手に伝えてください。

「メールしてくれてありがとう。」「会えてうれしい。ありがとう。」「いつもありがとうね。」、こんなふうに言ってくれる女性のことを、大切にしようと思わない男性はいないと思います。


«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です