男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

彼女との別れを決めた理由

彼女との別れを決めた理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

050_R

『大ゲンカをした』『他に好きな人ができた』などの目立った原因ではなく、突然別れを切り出されて驚いたという例は意外と多いものです。

なぜ男性は『別れ』を決意したのでしょう。

会話が膨らまない

特に険悪だったわけでも、別れの予感があったわけでもないのに、彼から別れを告げられた経験はありませんか?

思い返してみると、2人で会話している時、話題を作るのはもっぱら彼ではありませんでしたか?

会話中に、彼が「それで結論は?」と言ったり、貧乏ゆすりしたりのようなことはありませんでしたか?

彼があなたと別れた本当の理由は、「彼女と一緒にいても、会話が今ひとつ盛り上がらないので、面白くない」からかもしれません。

ある男性は、こう言っています。

「彼女といるより、友達といる方が元気をもらえるし、会話も楽しい。彼女とのデートが終わると、正直ホッとしてしまうところがあった。それを冷静に考えた時、『自分は彼女に体の関係だけを求めているのかもしれない』と思ってしまった。『好き』という気持ちがどこかに行ってしまったことに気づき、別れることにしたんだ」

男性にこんなことを言わせないためには、どうすればいいでしょうか。

それは、もっと自分から話題を提供すること。

お笑い芸人のように盛り上げろというわけではありません。

「ちょっと面白いな」と思わせるようなことを一度やってみましょう。

お笑い番組を見て、「どういうタイミングでギャグを入れているか」「どんな言い方をしているか」を研究してみるのもいいでしょう。

「この人となんだか笑いが絶えなくて楽しい」と思える時間を過ごすと、彼は「また彼女と話がしたいな」と思うようになるでしょう。

ケンカの最中に『話題』があっちこっち飛びまくる

男性の場合、恋人とのケンカは問題を2人できちんと解決していくための『話し合いの場』です。

「ケンカは感情のぶつけ合いだ! 腹が立つから、相手に非を認めさせたい! 土下座させて、私の意見を通したい!」と考えている人は危険です。

このスタンスで男性と向き合い続けると、男性が気持ちの糸が切れ、修復不可能な関係に陥ることがあるからです。

「もし結婚したら、今より深い問題だった出てくるかもしれないのに、今からこんな調子では、問題解決の話し合いは無理そうだな」と思ってしまいます。

まともに話し合えないと分かった瞬間、「じゃあ、言いたいことを紙に書いて、あとで渡して」と言う男性もいます。

これは彼に思いやりがないわけでも、愛情が冷めたわけでもありません。

「感情的になられては話し合いにならない」「何が言いたいのかが分からない」と困惑しているのです。

『雨降って地固まる』ということわざがありますが、使い方によってはケンカは2人の仲をより強固なものにするチャンスでもあります。

ですから、自分の意見ばかり感情に任せて叫ぶたくなる気持ちをちょっと抑え、「彼はどんなことを考えているのか」「どうすれば2人の関係がもっとうまくいくようになるか」などを考えながら、できるだけ冷静に話をすれば、ケンカの勢いで別れてしまったという事態は避けられるはずです。

姐御肌なのはいいが、知ったかぶりなのはちょっと

昔と比べて、女性の方が年上というカップルも珍しくありません。

姐御肌で頼りなる女性は、同棲だけでなく男性からも憧れの存在になることもあります。

しかし、それも度が過ぎると摩擦が生じてしまいます。

女性が知らず知らずのうちに『上から目線』でものを言い、男性を傷つけてしまうケースです。

『上から目線』の言い方に慣れてしまうと、どんどん遠慮がなくなって、「俺のこと、バカにしているのか!?」と勘違いさせてしまう場合もあります。

次第に、明るくて話を聞いてくれる他の女性や友達に心が傾く男性も少なくありません。

また、「なんでも自信たっぷりに批評するけど、自分だけの判断基準でものを言っていて、実は世間知らずだ」と感じている男性もいます。

頭ごなしに説教するものの、微妙に世間とずれている『知ったかぶり』です。

男性とは、女性の前では格好良くありたいもの。

それを「それは知っている」「それは難しいんじゃない?」などと否定されると、プライドの行き場がなくなってしまいます。

ストレートな言い方をするのではなく、「確かにそんな考え方もあるわね」と一旦受け入れ、「こういう考え方もあるかもよ」と、オブラートに包むような言い方を心がけましょう。

これができるだけでも改善はだいぶ改善します。

同じ姐御肌でも、「しょうがないわね。なんでも聞いて」という母性的な一面を見せることで男性の心は安定し、「この人についていきたい」と思うものかもしれません。

紹介したり、連れて行ったりする気になれない

「付き合っている相手がきれいだと、いろいろな人に紹介したくなるし、いろいろ場所に連れて行きたくなる」男性は意外と多いものです。

社交的、どこにでもついて来たがるといった理由もありますが、「彼女がきれいだから」という理由が多いようで、やはり『きれいな彼女』を自慢したいのでしょう。

ここで重要なことがあります。

外見の美しさは、生まれつきのものではありません。

整形手術をしなくてもヘアスタイルやメイク、ファッション、笑顔などで『いい女の外見』は作れます。

その形は時代ごとにいくつも存在することを男性は理解しています。

そういう外見をしている女性を『いい女』のカテゴリに当てはめるのです。

まずは『いい女』になるための研究をして、自分をアレンジしてみましょう。

土台がきちんとできていると、『肯定的な口グセ』『話題を切り出す自主性』『大人のマナー』『ツッコミどころのある性格』『嫌味のないさわやかな知性』などが生きてきます。

ここで1つ言えることがあります。

彼の友人、知人とより面識が多い方が別れにくいということです。

『しがらみ』を作っておくことで、彼は別れを切り出しにくくなります。

友人、知人の間で騒ぎになりますし、別れた原因をいちいち説明しなければなりません。

自分が悪者になるのは避けたいでしょう。

彼の友人や知人に社交的な性格をアピールするだけでなく、『人前に出しても恥ずかしくない』よう、外見にもちょっと気を配ること。

付き合ったからといって、すぐ気を抜いてはいけません。

出会いを探している時以上に、外見には気を使いましょう。

そんな少しの努力が、彼の知り合いに紹介してもらえるかどうかのカギとなるからです。

彼の周りに知り合いがいないと、関係も断ち切りやすくなります。

そうならないためにも『誰にも紹介したくなる外見』を心がけ、周囲の人たちとの接点を作りましょう。

縛りや問い詰めが許容範囲をオーバーしている

必要以上に相手を問い詰めたり、拘束したりすると、四六時中生活指導の先生に監視されているような、濡れ衣で痛くもない腹を探られるような心境になります。

最初のうちは、この窮屈さも『恋人ができた勲章』として楽しみ、誇らしく思います。

しかし、自分が悪いことをしているような錯覚を覚えてしまいます。

『釈明』のために使っている労力や時間の方が、『楽しい』と思うことより勝り、「会う度に謝ったり、弁解するのは嫌だ」と気づき、その状態から逃げだそうとし始めます。

女性からすると、「束縛するのは愛情の証」と思うかもしれません。

しかし、男性にとっては「そんなに信用されていない?」と考えてしまうのです。

実は、どこかで相手を信じ切れていないのではないですか?

過度な詮索や束縛は、別れを早めてしまいます。

「そんなに束縛しないで」と彼が訴える度にケンカになっていたら赤信号です。

もし、今の恋愛を長続きさせたいと思っているのなら、もう少し彼を信用しましょう。

恋愛に依存せず、楽しく過ごせる方法が他に見つけられたら、束縛も緩むでしょう。

金銭感覚が合わない

金銭感覚は、恋愛や結婚においてとても重要です。

お金の使い方が合わないと、終わってしまう関係は世の中にたくさんあります。

女性の年収が低くても、きちんと働いているのであれば、そこに幻滅する男性は少ないです。

それより、お金のあるなしに関わらず「自分のために男性がお金を使うのは当たり前」と思っている女性に幻滅します。

男性の年収がそれほどないことが分かった途端、「お金ないの?」と引いてしまう女性がいたり、何かの記念日でもないのに男性のおごりで払う気が全くない女性がいたりしますが、バブル時代に男性からおごってもらうことに慣れてしまった世代に多い傾向です。

そして彼は、「自分には、毎回彼女の分まで支払う経済力はない。

だから、自分は恋人には相応しくない」と思い、恋愛をあっさり諦めてしまうのです。

また、「いつもおごってもらって当然と考えるのはなんて、まるで『たかり屋』だ」と別れる決意をする場合もあります。

男性が『金銭感覚の違い』で別れを考えるのは、無言で「あなたにはそれぐらいしか支払えないの?」というプレッシャーを感じた瞬間です。

これまでどんなに魅力的に映っていても、一気に色あせてしまいます。

そんな瞬間を作らないためには、「自分の分は自分で払う」ことを心がけること。

このことで金銭感覚のすれ違いはほとんど解消されます。

目標がなく、メリハリのない毎日を送っている

人は、行動を共にする相手の影響を受けやすいもので、メリハリのない毎日を送る相手との時間は物足りなく感じます。

最初は「穏やかでいいな」と思っても、そのままだと退屈になっていきます。

「穏やかで落ち着く」というメリットが「単調で飽きる」というデメリットになってしまうのです。

そうならないためには、新しい習慣を身に付けましょう。

「目標を持って毎日を過ごす人は、学ぶこともあって刺激になるな」と、他の女性に目が向かないようにするのです。

仕事の話をして、「へー、すごいね」としか返事しないような女性は飽きる、という話を聞きます。

自分の専門外のことを聞かされても分からないのは当然ですが、「自分の専門分野に置き換えたら、こういうことなのかな?」とか「もっと詳しく知りたい」といった返事が返ってくると、男性は話し甲斐を感じるものです。

また、付き合っているうちにだんだん太っていく女性はごめんこうむりたいのが、男性の『本音』。

『よりよく生きようとしない』女性は幻滅されます。心当たりのある人は、ほんの少し『前向きに生きる』姿を見せるようにしましょう。

それだけであなたのイメージは随分と変わります。

彼女としてはいいけど…

男性が「彼女として付き合うのはいいけど、生涯のパートナーには向かない」と判断し、別れを告げるのはどういう場合でしょうか?

1つは、「あまりに個性的すぎて、一時的に付き合うのはいいけど、一生は付き合えないと思った」ケース。

恋愛は刺激的な方が楽しいかもしれないけど、家族として一生を過ごすことを考えた場合、難しいと判断したのです。

明るくて楽しいけれど、あまりにも世間知らずだったり、わがままで周囲の人に信頼されていなかったりする場合などが当てはまります。

他には、約束の時間を守らない、言葉遣いが乱暴など、彼女としては許せるけど、妻や同棲相手など、毎日一緒に暮らすとなると許せないと感じることを頻繁に目にした時、「ずっと一緒にいる相手ではない」と思ってしまうのです。

特に自分の親や親戚とのトラブルが容易に想像できてしまうと大きなマイナスです。

それから、結婚話が出た途端にすぐ仕事を辞めてしまう女性を重荷に感じてしまうこともあるようです。

共働きだと思っていたのに、話がこじれて別れにいたるケースです。

結婚に対する考え方は十人十色。友達の延長のような関係を望むこともあれば、『家と家の繋がり』を重要視することもあります。

ですから、結婚を考える場合、交際中からさりげなく「結婚についてどう思っているか」「結婚後も女性に働いてもらいたいか」などを聞き出しておきましょう。

*遊び相手としか思えない

「自分は違う!」という声が聞こえてきそうですが、男性というのは本能的で、かつ自分の都合のいいように物事を解釈する傾向があります。

「体の関係は持ったけど、『付き合う』とは言っていない」と、女性が傷ついてもどこ吹く風です。

一方で、『小悪魔』的な女性を好きになると、女性の浮気さえも「自分の包容力が試されている」と自分に都合がいいように解釈するのです。

どんなに女性が他の男性の影をちらつかせようとも、『惚れた弱み』から女性を思う心までは揺らぎません。

約束を破られようが、お金を貢がされようが、自尊心を傷つけられ、怒りを抱きつつも「愛の試練だ。運命なのだ」と思って、一心に相手を追いかけるのです。

「いい加減、目を覚ませ!」とツッコミたくなるかもしれませんが、恋をしている時の男性は大抵こういうものです。

小悪魔的な、ちょっとわがままな方が女性はもてるといわれますが、肉体関係を複数の男性と簡単に結ぶ女性は違います。

「あいつは誰とでも寝るらしい」という噂が広がり、あらゆる男性から本命や結婚候補としては見てもらえなくなるだけです。

「私は真面目で堅実な人生を歩んでいる」という女性も油断は禁物。

「もっと積極的にならなきゃ」と出会いの場を求めたら、ブレーキをかけ忘れることがあるからです。

特に、男性との接触が少ない女子校出身、大学も真面目な人々に囲まれて過ごした女性がイメージチェンジしようとした瞬間に起こります。

口説かれてえっちすることを『もてる』と勘違いしたり、自分から誘惑して肉体関係を持つことを『積極的な恋愛』と勘違いしたりするのです。

これらは恋愛ではなく、男の性欲を満たす行為でしかありません。

また、真面目すぎて男性の言うことを鵜呑みにしたり、抱かれれば本命になれると信じ込んでいるパターンもあります。

真面目に向き合ったつもりでも『軽い女』のレッテルが貼られることがあるのです。

『簡単に抱ける女』と分かった途端、男性は『遊び相手』としてはいいが『彼女』にはしたくないと考えます。

他のオスの匂いが体中から立ち上る印象は、絶対に避けなければなりません。

口説かれることが『もてる』とは限らないことを覚えておきましょう。

色あせて見えるから

転職や異動などで働く環境が変わったら、周囲に魅力的な異性が増え、交際している相手が色あせて見えるようになった……これは実によくある『別れの理由』です。

職業に貴賎はありませんが、魅力的な出会いの多い職場とそうでない職場、いい相手と出会える仕事とそうではない仕事はあります。

このような環境の変化があった場合、恋人に色あせた印象を与えないためにはどうすればいいでしょうか。

それは、いくら周囲に新しい女性が現れようが、あなた自身が見劣りしないよう、常に自分を磨いて躍動し続けることです。

仕事で自分が磨かれた気がしないのは、『社会的意義』が感じられない時がほとんどです。

朝は5分早めに出勤して机の上を掃除するなど、意識を変化することで仕事は自分磨きの場所になります。

外見磨きは、多少の時間とお金を惜しまず行います。

エステやヘアサロンもいいですが、全身が映る大きめの鏡を買って、毎日自分の姿をチェックするのもいいでしょう。

それから、遊びのセンスも磨きます。

楽しくて美しいことに触れる行為です。

それをセンスのいい女性、あるいは男友達と一緒に楽しむことで、会話力がレベルアップします。

読書をしたり、料理をしたりも悪くはありませんが、どんどん外に出て刺激をうけること。

それが活き活きとした魅力になります。

彼がどんな環境に行こうとも、そこのいる女性に負けない!

その覚悟と実行を忘れないで下さい。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です