男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

付き合う前に出る言葉の意味

付き合う前に出る言葉の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

048_R

淡い期待を持たせるような一言を言ってくる男性は多いです。

しかし、それらを全て真に受けてしまうと、とんでもない『罠』にはまってしまいことも。

ここでは男性からの台詞の裏に潜む『本音』を紹介します。

「今、好きな人がいる」

『なんとなく気になる』人から、「今、好きな人がいるんだ」と言われたとします。

「好きな人がいる、ということは、まだ付き合ってはいないから、私にもチャンスがある?」と考えるかもしれません。

前向きに考えられるのはいいことです。

なぜなら、恋愛においてポジティブであることはプラスに働くことが多いからです。

しかし、このケースに限っては、残念ながらそういうわけにはいきません。

台詞に隠された意味は、「本命として付き合うのは無理」。彼に固執せず、新しい出会いを探した方が、心の傷は浅いでしょう。

無理やり『既成事実』を作ったとしても、そのようなことをしてしまった瞬間、寂しさを紛らわせたい時に呼ばれる『都合のいい女』になるだけです。

そんな『都合のいい女』になってしまった女性たちは、一様にこう言います。

「彼は私のことを好きだったとおもう。ただ、私に対する愛の量が少し足りなかった。もう少し愛してくれるよう私が努力すべきだった」と。

自分の力不足で彼を『もの』にできなかったと思い込んでいるのです。

しかし、この彼女たちは体の関係を持つ前から、『本命』になるべき道を通っていないのです。

確かに、彼からの愛情はゼロではなかったかもしれません。

でも、その愛情は女性たちが幸せになるには程遠いものだったのです。

「もしかしたら、振り向いてくれるのでは?」と一縷の望みを抱いてしまい、叶わぬ努力を続ける間も、彼に都合よく呼び出されてはいませんか?

では、なぜ男性はこのような言葉を言うのでしょう。

付き合うつもりがないのなら「付き合えない」と言ってくれた方がいいはずなのに。

ここにほんの少しの『優しさ』があります。

おそらく、その男性は過去に「嫌い」とはっきり言われた人です。

深く傷ついた目を他人に遭わせたくないために、傷つかず諦めてもらう方法を選んだのです。

あるいは、彼自身が片思いの相手に「好きな人がいる」と言われ、傷つくことなく諦められた経験があったので、その方法を使ったのかもしれません。

「好きな人」がいると言われたからといって、なし崩しで男女関係を結ぶのだけは避けて下さい。

その先に明るい未来はありません。

かといって、無理に彼との一切の縁を切る必要もありません。

彼は「恋人にはなれないけれど、友達としての関係は続けたい」という気持ちを持っています。

あなたはあなたで新しい恋を探し、残った労力で彼と友人関係を維持すればいいのです。

それが現時点であなたが幸せになれる最善の方法です。

「まずは友達として仲良く」

この台詞には、繊細な心遣いが隠されています。

「嫌いじゃないし、気が合う部分もある。

でも、今は恋愛感情が湧いてこない。

そのことをストレートに伝えたらかわいそうだ」同時に、仲間内で気まずくならなよう気遣った言葉でもあります。

完全に振られたわけではないので、落ち込む必要はありません。

この先も『友達』として仲良くできます。

この件がきっかけで、以前より気軽に話せる仲になることもあるでしょう。

一度誰かを好きになると、他の男性に気持ちが向かなくなってしまう女性もいると思います。

けれど、この場合は一途に待つことはおすすめしません。

『片思い』ですから、あなたが彼のことを思い詰めても結果は同じ。

ひどい時には、思いが強すぎて彼に引かれてしまうことだってあります。

「まず友達として仲良くしよう」と言われたら、苦しいかもしれませんが、彼への恋愛感情は一旦リセットしましょう。

この切り替えこそ、あなたがこれ以上傷つかないためのものです。

また、女性としての魅力を身に付け、最短で次の恋を見つける手段でもあります。

部屋にこもらず、仕事に逃げず、きれいに着飾って遊びましょう。

そして、新しい出会いを楽しみ、緊張感とワクワクを感じて下さい。

これこそが女子力増強の秘訣です。

そして、時々『あなたを振った彼』の前で立ち止まって下さい。

これは、『友達として語り合う』という意味です。

男性は、女子力上昇中の女性に心を奪われるもの。

あなたと話をする度にきれいになっていくあなたの姿に、必ず気づきます。

新しい出会いにときめき続け、遠くへ旅立とうとしているあなたを見て、彼の気持ちが変わってきます。

こうなると、リベンジが果たせるかもしれません。

胸の奥に残った悲しみやコンプレックスは、ときめくことでいつか『自信』に変わります。

そして、あなたに相応しい相手が現れる日も近づいてくるのです。

「お互い縛り合わないのなら、付き合うのもいいかも」

恋愛はしたくても、自分の生活を束縛されたくない男性は多いものです。

「付き合ってもいいけど、あれこれ縛られたり、詮索されたりするのは好きじゃないから」というようなことを言われて、「どういう意味?」と考えることもあるでしょう。

この場合、『彼を独占する』通常の恋人関係は望めないことをしっかり理解しましょう。

「そのうち独占してみせる!」と意気込まないことです。

『付き合う』とは、当然『男女の関係』になることを意味します。

男女の関係になった後も彼を縛ることなく、楽しく毎日を過ごせるかを、自分の心に確認しましょう。

「耐えられそうにない」と感じたら、そんな彼と付き合わない方が身のためです。

はっきりと相手に「普通のカップルのように、しっかり恋愛したいから、付き合えません」と伝えましょう。

長期的に考えれば、女を上げる一言になります。

『縛り合わない関係』を強調する相手は、あなたが束縛し合う恋を望まないのであれば、うってつけでしょう。

特に、恋愛より趣味や仕事が最優先の人には最適です。

ただし、常に彼が他に彼女を作ることができる状況にあるということを覚悟しておきましょう。

「『彼、彼女』という形にこだわる必要はない」

実際、この言葉を使って複数の女性と『恋愛ごっこ』を楽しんでいる男性がいました。

彼は気まぐれだけでなく、縛られるのも大嫌い。

女性からもてているという自覚もあり、飲み会に出席しては数ヶ月単位の短い恋を楽しんでいたそうです。

「たとえ浮気をしても許してね。他に彼女がいたり、奥さんがいたりしてもいいなら付き合うよ」という言葉も口にしていました。

この場合、女性の方も縛られなくて済みます。

他の男性とデートしようと何も言われません。

しかし、同時に『彼が浮気し放題』ということを意味します。

誕生日やクリスマスといった大事な日に一緒にいてくれる保証はなく、ましてや結婚を前提にした交際はとても望めません。

納得ずくで交際を続けるのなら、それもいいでしょう。

騙されたわけではないので、傷つくことはありません。

しかし、「いつか本命の彼女になれるはず」という期待を持つのはやめましょう。

このような始まりから本命の恋人同士になれる確率は極めて低いからです。

軽い気持ちで遊んでいるうちに、本気になって真剣に付き合うようになった例もなくはありませんが、それに賭けるくらいなら、もっと別の確実な出会いに目を向けるべきではないでしょうか?

真面目に付き合う相手を探しているのであれば、『彼、彼女』という形にこだわらないタイプの男性を本気で愛してはいけません。

「俺と短期間、遊びで付き合わない?」という誘いに過ぎないからです。

「昔の彼女がなかなか忘れられなくて」

女性は新しい恋人ができると、過去の恋愛遍歴を『上書き』して、記憶から消し去るといわれています。

一方、男性は恋愛遍歴をそれぞれ『別のフォルダ』に保存し、いつでも思い出せるようにしているといわれています。

「昔の彼女が忘れられない」と言う男性が、本当に過去の恋が忘れられず、苦しんでいるかというと、必ずしもそうとは限りません。

「前に付き合っていた彼女と同レベル以上の女性ないと付き合わない」という『本音』が隠されている場合があります。

このような台詞を言う男性は、大抵女性との出会いが多い、選ぶ余裕がある男性です。

そして彼らは昔の恋人を基準に、それを超える魅力を持った女性と付き合おうとし、女性を比較しているのです。

そして、自分に好意がある女性が前の彼女より総合的に劣っている場合、「昔の彼女のことが忘れられない」と言ってごまかすのです。

自分が彼の求めるレベルかどうかを知りたいなら、まず『元カノ』の写真を見せてもらいましょう。

「これくらいなら、ちょっとがんばれば超えられる」と思ったなら、努力すればいいでしょう。

けれど、「このレベルを超えるのは難しいかも」と思ったからといって、諦める必要はありません。

彼がどうして元カノを忘れられないのかを、相談に乗るふりをしながら元カノの性格や生き方、どこが魅力的だったかを詳しく聞き出しましょう。

彼が評価する点をあなたも磨けばいいのです。

生き方や気持ちの持ちようは、心がけによっていくらでも変えられます。

彼の心の『ツボ』を知り、学ぶことによって恋愛成就の可能性は高まります。

「俺の本性を知ったら、きっと離れてしまうよ」

一見、女性に去られてしまうのを怖がっているような言葉ですが、「この子はこだわりが強そうで、頑固な気がするから、付き合ったら大変そうだ」と勘ぐっている可能性があります。

あなたの強烈な性格やクセを見抜き、腰が引けているのです。

けれどストレートにはいえないので、先に踏み込めないのをあたかも『自分の欠点』のように伝え、これ以上近づけないようにするバリアを張っているのです。

ただ、『敬遠』のサインとは言い切れない場合もあります。

本気で付き合いたいと思っていることもあるので、ここで見誤ると折角の恋愛のチャンスがふいになってしまいます。

たとえば、次のようなことを言う場合は、「本気で付き合いたいけれど、どうしたらいいだろう?」と考えている状態です。

「俺には男友達が多く、付き合いも多い。だから付き合った相手は、いつも寂しがるんだ。俺にとって友達との付き合いも大切だから、なかなか譲れない」「仕事にのめり込むきらいがあるんだ。だから、仕事の話が多くてつまらない男だよ」「お酒を飲むと楽しくなって、つい盛り上げようとバカなことをしてしまうんだ。それが嫌な女性も多いよね」

いずれの場合も、『長所』ともとれる欠点をさらけ出しているところが特徴です。

一方、次のような場合は故意に嫌われようとしていることが多いです。

「だからやめた方がいいよ」と強調する場合、距離を置こうとしている証拠です。

「俺、ギャンブル止められないんだよね」「俺の浮気性、なかなか治らないんだよね。そんな男って無理だろう?」「結構時間にルーズだから、そういう男性はよくないでしょう?」

これらは明らかに、自分から嫌われようとしている発言です。

決して「私は彼の良さを分かっている」「悪いクセもいつか治るはず」と、思わないで下さい。

それは『都合のいい女』への道を進むだけです。

一旦冷静になって、距離を置きましょう。

「今は仕事が大事だから、誰とも付き合えない」

何かにつけて「仕事が一番」と言う男性がいます。

それを言葉通りに解釈してしまう女性も多いものです。

しかし、「仕事が大事だから、誰とも付き合えない」という台詞は、あまり恋愛対象とは見られない女性に対し、とっさに言うことが多いようです。

では、食事に誘ったり、告白したりした時に言われたらどうすればいいでしょうか?

ここは彼の仕事を応援するつもりで、小まめに連絡を取り続けましょう。

今、彼が『仕事』に一番興味を持っているのなら、『仕事への情熱』を共通の話題にしてしまうのです。

仕事の話をじっくり聞いたり、あるいはアイデアを出したりして、あなたも彼の仕事を好きになり、没頭し、その達成感を彼に伝えることが必要です。

価値観を共有すれば必ず距離が縮まります。

もし、仕事に没頭するのが難しければ、趣味でもボランティアでも何か一緒に打ち込めるものを見つけましょう。

『共通の話題で語り合える女友達』は非常に貴重な存在です。

ソウルメイトが高じて恋愛関係に発展する可能性も十分あります。

「ごめん。やっぱり忙しすぎて幸せにできないよ」

付き合ってはみたけれど、結局数週間で別れてしまったという女性は多いようです。

『忙しい』という理由だけで振られてしまい、恋愛恐怖症になる場合も。こんな時、男性は『息切れ状態』になっています。

仕事で頭と心がいっぱいで、疲れ切っているのです。

余裕がなく、好きな人にも優しくできなかったり、ちょっとしたわがままも不快に感じてしまったりします。

忙しくて、なかなか会えない状態の男性は、女性の寂しさを考えたり、察したりする余裕がありません。

そんな彼に「あなたの気持ちが分からない」「私って、あなたの何?」「今度はいつ会えるの?」などと聞くと、プレッシャーとなり、別れを考え始めるのです。

また、男は心のどこかで、自分の余裕のなさを責める気持ちがあります。

「こんな弱い自分を見せられない」と思うのです。

また、「たまの休みくらい、ゆっくり安らぎたいのに、なぜ毎回釈明したり、謝ったりしなければならないんだ?」という憤りも感じています。

あなたを唯一の安らぎと思うからこそ、会いたいと思うのです。

そんな時に責められると、ストレスが溜まるだけ。

「早いうちに別れた方が、彼女のためにもなるのでは」と、自分から別れを切り出すのです。

女性としては、ただ寂しいことを分かって欲しいのに、口にしたら関係が断ち切られてしまうのですから、溜まったものではありません。

このような悲劇を回避する方法があります。

それは、彼を『恋人』ではなく『友人』と認識してみるのです。

ただし、それはあなたの心の中だけのこと。

決して「別れよう」「友達に戻ろう」と言ってはいけません。

付き合っているけど『友達』という心理状態を作ると、あなたの心はかなり楽になります。

『彼氏』では許せないことでも、『友達』なら許せることはたくさんあります。

彼に対する態度も軟化するはずです。

彼のあなたの態度に「あれ? なんか穏やかになった」と感じるはず。

これは、仕事に悩殺されている彼とうまくやっていくための秘策です。

彼の生活が少し落ち着くまで、もう少し恋を根気よく育ててみましょう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です