男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

ランチョン・テクニック

ランチョン・テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチョン・テクニック

アメリカのビジネスマンは、クライアントと洒落たレストランでランチを共にしながら、ビジネスの話をする人が多いようですが、この“ランチョン・テクニック”は心理学的にも有効な方法で、食事を楽しみながらの交渉は成功しやすいとされています。

美味しいものを食べるというのは、誰でも心地よいことで、一緒に体験した相手に対しては、好感度が上がります。

さらに、相手の意見にも共感を覚えやすくなり、説得に応じやすくなるようです。

ある事柄についての評論文を、一方のグループには軽食を提供しながら読ませ、もう一方には飲食させずに読ませてみる実験を行ったところ、前者のグループの方が論文に対して賛同する人が圧倒的に多かったそうです。

また違う実験では、室温、湿度ともに快適な部屋と、室温も湿度も不快に感じる状態の部屋でそれぞれ被験者たちに同じ作業をさせてみたところ、快適な部屋で作業をしたグループは、不快な部屋のグループ同士の評価と比べ、お互い好意的な評価をしたものが多かったそうです。

これらの実験結果からも分かるように、一緒に食事をしたり、快適な気分を味わったりすることは、相手に対してこう好意的な評価に繋がります。

もちろん、この手法はビジネスシーンだけで有効というわけではありません。

「快適な空間」での「心地よい体験」は、共にいる相手の印象をよくします。

つまり美しい風景が見えるレストランや好みのBGMがかかっているカフェでコーヒーを飲む、といった体験を共有することでも、恋愛感情が盛り上がる効果が期待できるわけです。

さらに、飲食中は説得に応じやすくなる、との事実もあります。

お目当ての相手を口説くには、雰囲気のよいレストランで美味しい食事をごちそうするのが何よりの作戦ということで、高級レストランを予約して女性をごちそうすると、途端に好意的に接してくれるようになるのは、「高いご飯をおごってくれたから」だけではない……はずです。


« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です