男が離れられなくなる女性になるための恋愛の極意

女性が男性から見て、魅力的に見えるようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

『本命』になれない本当の理由

『本命』になれない本当の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

049_R

2人で遊びに行き、電話やメールのやり取りもある。周りから「仲がいいよね」と言われ、自分でもそう思っているけど、彼から「付き合おう」の一言は出てこない……男性が『本命の彼女』にするのをためらうのには、どんな理由があるのでしょう?

顔もスタイルも『好み』ではない

若い頃は「女は顔とスタイル」と言っていた男性も、歳を重ねると、顔だけではなく相手の内面を見た上で付き合うかどうかを見定めるようになります。

とはいっても、男性はどこか本能的に「自分の好みに合った相手と付き合いたい」と思っています。

見た目が好みと違いすぎる女性は、たとえどんなに話が合っても、恋人候補にはなかなかならないものです。

「第一印象はタイプでなかったけれど、話をするうちに惹かれていった」ということは、男性は格段に少ないようです。

最初に感じた見た目の印象や感覚に忠実なのです。

このこだわりは、女性にも通じるところがあります。

女性の場合、顔やスタイルより男性の肩書きや収入を重要視するところがあるでしょう。

これと似たようなものです。

ただ、全ての男性がモデル並みの容姿を求めているわけではありません。

モデルのような顔やスタイルでもないのに、すごくもてる女性がいますが、そういう人に共通する特徴は、

  • 自分から話題を発信できる
  • 会話がポジティブ
  • よく笑う
  • ユーモアセンスが高い
  • タフで男性的な一面がある
  • なんらかのコンプレックスを自分の力で乗り越えている
  • 自分が最も輝くファッションやメイクやヘアスタイルを知っている
  • 流行を適度に取り入れるアンテナを持っている

これらは、どれも全て後から身に付けた輝きです。男女には『外見の相性』があります。

魅力的で多くの女性からもてる男性が、外見を磨くことを放棄した女性を選ぶことはまずありません。

ですから、『魅力的な男性が好む女性像』を調べ、それに近づく努力をするのです。

輝いている女性とそうでない女性との差は、自分を華やかにデコレートしているかしていないかに過ぎないのです。

騙されたと思って『快活な性格』『華やかな美しさ』を身に付けて下さい。

2つの要素が恋愛だけでなく、人生に輝きをもたらしてくれます。

「どうせ変わらない」という思い込みの鎖を解き放ち、いろいろな自分を楽しんでみて下さい。

お金がかかる

「相手からごちそうされて当たり前」という気持ちがあるとすれば、それが恋の成就しない理由かもしれません。

お金がかかるように見える女性は、どんなに魅力的でも知らず知らずのうちに男性を遠ざけてしまいます。

「割り勘なんて、愛していない証拠」と思うのは大きな勘違いです。

もちろん、女性のせいだけではありません。

お金がないのに見栄を張って、勝手にごちそうをする男性にも責任があります。

最初はいいところを見せたくて、デートの度に全額払っても、「このまま毎日彼女の分まで払っていたら、お金がなくなってしまう」と焦りを感じ始めます。

「お金のかかる女性と結婚など考えられない」という結末にならないためには、初めてのデートの時、「どこに行きたい?」と聞かれたらお金のかからない場所をリクエストするのです。

もちろん、会計の時にはお金を出すようにしましょう。

また、2回目以降も相手の財布は期待せず、「一緒に楽しんでいるのだから、私も払うわ」と一部は払いましょう。

彼が「いいからおごらせてよ」と言ってきても、「いいの。そのお金は貯金に回して。こんなご時世、少しでも貯めておいた方がいいわ」と笑顔で言ってみましょう。

飲み会やデートの会計は『男性が払うもの』と思っている女性は、この考えを改めない限り、出会いはやってこないといっても過言ではないでしょう。

きちんと支払う意思を持った女性の方が、男性も誘いやすいのです。

会う回数もおのずと増え、恋に発展する可能性が高まります。

優秀な営業マンは、営業のためにできるだけクライアントを会う回数を増やそうとします。

恋の場合も同じで、気軽に会っているうちに距離が縮まり、「彼女のことが好きになっていたかも」という状況を作りましょう。

ところで、「女性も飲み代を払うべき」「自分も楽しんでいるのだから、デートの時もきちんとお金を出さないと」という、まともな金銭感覚を持っているのに、見た目があまりにも華やかなため、「僕の稼ぎでは、君にその生活を続けさせることができない」と、勝手に誤解されてしまうタイプがいます。

見た目で損をしているパターンに心当たりがある人は、「立ち飲み屋が好きです」など、自己紹介で庶民的な面を積極的にアピールしましょう。

親しみやすさを感じ、誘われやすい状態を作ることができます。

この場合も、お金を払う姿勢を見せましょう。

ファッションやメイクが古めかしい

多くの男性は、女性の最新メイクやファッションに疎いものです。

しかし、「なんか古めかしいな」「ちょっとファッションが流行遅れじゃないか?」という感覚は持ち合わせているもの。

もちろん、実際には口にする人はそういませんが、ただ黙って「一緒に歩きたくないな」と思っています。

もちろん、『ファッションに無頓着』な男性は、自分が服に感心がないですから、女性がどんな格好だろうが、どんなメイクだろうが全く気にしません。

ある程度、おしゃれに気を使う小ぎれいな男性がいいと思うなら、やはり古めかしいファッションやメイクは改めた方がいいでしょう。

『内面が大事』といっても、やはり現実的には限界があります。

男性が「一緒に歩きたくない」と感じる外見は、ヨレヨレのスーツで就職活動をするもの。

まずは、女性誌などで流行をチェックしましょう。

ワンポイントで構いませんので、今時のコーディネイトを取り入れてみて下さい。

「私の趣味じゃない」「みんなと同じ格好は嫌」というのは一旦脇に置き、新しい自分作りを楽しみましょう。

「自分には合わない」と思い込んでいた服が思いのほか似合った瞬間、新しい未来が広がる感覚があなたを包み込むはずです。

会話が弾まない

お互いに魅力を出し切っていないのに、気づかないまま別れてしまうのは勿体ないと思いませんか。

「最初は緊張して、話がすぐ終わってしまったけど、慣れてきたら話が長く盛り上がるようになった」というケースもよくあります。

しかし、中には状態がさらに悪化して、結局別れてしまうカップルがいるのも事実です。

「会話が噛み合わないというか、聞いていると眠くなる」という体験談も聞きます。

一生懸命歩み寄ろうとしたのですが、それだけ『会話が弾む』というのは難しく、付き合う上で大切なことなのです。

別れの理由に「会話が弾まないから」と実際に言うことは少なく、それを伝えないままサヨナラします。

女性は、本当の理由を知らないまま、毎回この悲劇を繰り返し、傷つくのです。

お笑い芸人のように、とまではやりすぎですが、まずは自分から話題を作ることです。

楽しく話そうという姿勢が大事なのです。

会話も一生懸命練習すればするほど、盛り上がるコツを掴むことができます。

どうしても苦手意識が消えない人は、『仕事』と思って取り組んでみましょう。

「とにかくやってみよう」という意識が湧いてくるはずです。

子どもをあやすようなつもりで話しかけてみて下さい。

相手の心に寄り添えば、必ず心のこもった会話ができます。

話は『上手い、下手』ではなく、真心がこもっているかどうかであり、温かみがある雰囲気に男性は惹かれるのです。

男性も優柔不断は好きではない

優柔不断な男は頼りなく思えるもの。

レストランでメニューを決められない男性の姿を見るだけで、『好き』という気持ちは萎えてしまいます。

そして、男性もまた、優柔不断な女性が苦手です。

度を超えた優柔不断さは恋愛感情に水を差します。

デートの行き先を決める時、自分の意見を言えない女性は、全般的に苦手なタイプといえるでしょう。

「自分の意思がないのか?」「俺といるのが嫌なのかな?」と勘ぐってしまいます。

大人の女性の魅力は、『決断力』と『意思表示』なしにはあり得ません。

まず、小さな決断をすることから始めましょう。

たとえば、カフェで2分以内にオーダーを決める、店に入るかどうか迷ったらまず入ってみる、などから始めるのです。

見た目はおっとりしていても、いざという時はテキパキ物事を進めたり、自分に意見を言ったりできるギャップが魅力となり、あなたをさらに輝かせてくれます。

一体何人の男性と遊んできたの?

「この人、素敵だな」という『恋の予感』が芽生えても、自らその芽を摘んでしまう女性がいます。

それは、「実はすごく遊んでいるのでは?」と相手に思わせてしまう女性です。

赤裸々に過去の恋愛を語ったり、周りから「あの子、いろいろな男性との噂が絶えないの」という話が聞こえたりすると、恋愛感情がストップしてしまうのです。

交際しているわけでもない相手と男女の関係になってしまう行為を繰り返していると、あなたの『恋愛キャリア』に汚点となって残ってしまい、どんな男性と付き合っても大切にされなくなってしまいます。

付き合えると思って体を許したのに、毎回付き合うには至らないという人も要注意です。

過去の男性が『一夜の関係』をばらせば、恋はなくなる可能性大です。

色恋の噂は、広まるのが早いもの。

大切な『彼氏候補』の耳に届いた瞬間、あなたの『女性』としての価値は大暴落です。

「前の恋愛も遊びだったわけじゃない。彼との関係を受け入れれば、私を好きになってくれると思ったし、上手くいくと思ったから」と考える女性がいますが、きちんとした恋愛の手順を踏まずに『見切り発車』してしまうと、『遊んでいる軽い女』というレッテルを貼られ、本命候補から外されてしまうのです。

サービス精神旺盛で、盛り上げ役の女性も気をつけましょう。

昔の遊びを『ネタ』にしてしまうと、恋を逃がす原因になるだけです。

話としていくら盛り上がったとしても、『恋人候補』から永遠に外されることになります。

男性は意外にロマンチストなところがあり、好きになる女性を神格化するものです。

『自分だけの女神』にはならないと感じた瞬間、その人を『恋人候補』から外してしまいます。

年齢が高そうに見える

晩婚化が進む日本ですが、男性の目から見ると、女性の年齢は気にならないというわけではありません。

独身男性は、年齢が高そうに見える女性は対象外になる傾向がありますが、『高そうに見える』女性であって、実年齢が高いというわけではありません。

見た目や内面が若々しく、美しいオーラを放っていればいいのです。

外見の美しさと、内面からにじみ出る美しさを持ち続けて欲しい、いい意味で男性を騙せばいいのです。

いつまでも美しい女性は、同年代の男性の希望にもなります。

「年のせいにしてはいられない」と発奮するのです。

本当に若返ることはできませんが、『見た目』はいくらでも若返ることができます。

男性が特に見ているのは、体型、体のハリ、髪のツヤ、前向きな口調、楽しそうな笑顔、ファッション、毎日どう暮らしているかということです。

多少のシワは、女性ほど気にしていません。

よく笑う女性であれば、「笑いジワが増えても当然だ」と考えます。

年齢不詳を目指し、世の男性の視線を集めましょう。

友人の『昔の彼女』

今、気になっている女性が、かつて自分の友達と付き合っていた時、「きちんと関係が終わっていれば問題ない」と考えるタイプと、「今は別れているとはいえ、友達と関係があった女性とは付き合えない」と考えるタイプがいます。

仮に、あるグループ内で誰かと付き合って別れた後、同じグループの男性と真剣に付き合いたいと思ったとして、付き合えるかどうかは彼が「自分の友達と付き合っていたことを許せるどうか」にかかっています。

「たとえ友達の元カノでも……」と思わせるにはどうしたらいいでしょう?

それは、元彼と別れたことに一切未練を感じていないことをアピールするのです。

「昔のことは忘れたわ。もちろん、付き合っていた時は真剣だったけど、残念ながら上手くいかなかったのよ」と、サバサバと話しましょう。

それだけで相手は「元彼に未練があるんじゃないかと思ったけど、そんなことはないな」と安心します。

逆に、少しでも言いよどんだり、未練が感じられたりすると、「あいつの影を追いかけているようなら、やめた方がいいかもしれない」と、諦める方向に傾きます。

とにかくいつもより強い女を演じましょう。

それでも、「知り合いの元カノと付き合うのは抵抗がある」と、相手が及び腰になっている場合はどうすればいいでしょう?

『奥の手』は、元彼と気になる相手、そしてあなたの3人で会話をすることです。

恋愛の話は忘れて、お茶を飲みながらその場を楽しみましょう。

あなたと元彼が『普通の友達』として話している姿を見ると、気になる相手のモヤモヤ感が晴れるはずです。

次に、盛り上がった頃に「今度○○くん(気になる相手)と付き合おうかな」と、元彼の前でおどけた感じでいってみましょう。

事前に元彼に根回しをして、2人の仲を取り持ってもらうという手もあります。

「いいんじゃないか」と元彼が言ってくれたら、相手の心に響き、「それもありかな」と前向きに考えてみるかもしれません。

ここは『お古』を掴んだと思わせないことが大切です。

やはり女性が元彼のことを完全に『過去のこと』として扱っていて、元彼も女性のことを『友達』として接している、『ただの友達』であることをしかり態度で見せることが大切です。

女性の年収もやっぱり気になる?

転職や会社の事情などで一時的に働いていない状態は仕方ありませんが、何年も無職状態が続くとなると、恋愛にも不利に働きます。

「どうやって生活しているの?」「人付き合いができない?」「そもそも働く意欲はあるのか?」と勘ぐってしまうからです。

たいした理由もないのに働いていない女性を見ると、気持ちがだんだん冷めてしまいます。

特に仕事人間志向の男性は、自分と同じように仕事をがんばることを楽しむ女性に魅力を感じるものです。

また、人並みの収入を稼いでいる男性でも、子どもを育てたり住宅ローンを払ったりするには、相手の収入がないと難しいと思っていることが多いです。

出産前後と子どもが小さいうちは育児に専念してもらっても、それ以外の時代は一緒に家計を支えてもらいたいのです。

働いていない、または年収が低すぎる女性は『結婚相手』の優先順位が低くなってしまいます。

雇用形態は正社員であろうがパートタイムであろうが構いませんが、とにかく働くこと、そして将来の目標を持つことです。

何を話していいか分からない

自分から話題を探し出すことが苦手な男性は、特に「何を話していいか分からない」という理由だけで付き合い自体をためらいます。

女性からすれば、口べたの言い訳にしか聞こえないかもしれません。

しかし、女性と向き合う度に「何を話せばいいんだろう?」と、真剣に焦る男性は実際にいます。

「生きる世界が全く違うから、歩み寄るための一言さえ思い浮かばない」と、極度の緊張状態に陥るのです。

女性に「どんなことに興味を持っているの?」などと質問すればいいと思うかもしれませんが、大半の男性は女性ほどコミュニケーション能力が発達していません。

話の接点すら探すことができないのです。

いくら話しても相手の反応が悪いと、「俺の話はつまらない?」と心配になり、どうすればいいか分からなくなってしまいます。

「話題にも困るのなら、付き合うのは難しいかもしれない」と、勝手に気持ちが萎えてしまうのです。

さて、あなたは相手の男性と話す時、言葉に気持ちはこもっていますか?

台詞に抑揚はありますか?

あなたも積極的に会話に参加しようとしていますか?

笑顔で聞いていますか?

1つでもできていないと思ったら、『何を話したら盛り上がるのかが分からない相手』と思われているかもしれません。

今からでも話し方を変えてみましょう。

まずは、積極的に自分の『好きなこと』を口にすること。

食べ物、テレビ、スポーツ、場所、趣味など。

男女を問わず、自分の興味のあることや好きなことを話している時の顔は、誰も笑顔で、活き活きとしています。

逆に、嫌いなものについて話をしていると、顔が曇ることが多いものです。

好きな人にはいい顔を見せたいものです。

そして相手も、あなたの好きなことやものを知ることで親しみを覚え、距離が縮まりやすくなります。

「この人はこんなことに興味があるのか」「このメーカーの食べ物が好きなのか」などが分かれば、彼も話題を出しやすくなります。

男性は言葉や感情表現が上手くないということを理解した上で、自分の好きなものを積極的に伝える努力をしましょう。

心の奥で何を考えているのか分からない女性って?

何回会っても、いろいろ話していても、ふとした仕草や言葉から、「本当は何を考えているんだろう?」と不安にさせる女性がいます。

「それって、かなり無駄だよね」「意味ないよね」などとマイナスの合いの手を打ってしまう人で、本人に自覚がないことが多いです。

また、一緒にいる時にしょっちゅう携帯メールを打つ人や、友達からの電話に延々と楽しそうに受け答えしている人も、同じような印象を与えます。

「本当は、一緒にいてもつまらないのかな」と勘ぐってしまうのです。

また、一度話したことをすっかり忘れ、もう一度同じ内容を話す女性もそうです。

「内容を忘れてしまうなんて、彼女にとっては大して意味ではないんだな」と思わせてしまうのです。

こうしたことが積み重なることで『脈なし』と判断され、告白する前に勝手に諦めてしまうのです。

男性は、「この子は自分のことを気に入っている」「好意を持たれているかもしれない」と、少しでも確信できることがないと告白できないものです。

告白して恋が破れるのが嫌。傷つくのが嫌。

だから確信が欲しいのです。

『分かりにくい女性』と『臆病な男性』との間に、恋愛関係はなかなか成り立ちません。

一旦不安に駆られると、男性はあり得ないくらいに慎重になります。

何度もデートに誘うのに1年も告白しなかったり、着信履歴だけ残して返事があるかどうかで脈があるかどうかを測ったりします。

そうこうしているうちに女性の方が苛立ちだし、「彼とは脈なしね。諦めて次の恋を探すわ」と、勝手に匙を投げてしまうケースも珍しくありません。

男性としては、気になるけれど相手の心か分からないから、どう踏み込むべきか躊躇しているだけなのです。

折角のチャンスをフイにするのはもったいなくありませんか?

この事態を避けるには、少し勇気を出して「もし、私みたいな人が彼女だったら、相手は何を考えているか分からないような感じで嫌かな?」と、ストレートに聞いてみましょう。

「時々そう思う時もあるかな。自分に自信がなくなるんだよね」と、正直に答えてくれるかもしれません。

その瞬間から、分かりやすい女性を目指しましょう。

一緒にいる時にメールを打ったり、他の人の電話に出たりしない、また、否定的な発言ばかりしないことを心がけましょう。

男性は「君が何を考えているか分からない」「俺のこと、騙してないよね?」などとはなかなか聞けません。

だからこそ、敢えてあなたから質問しましょう。

自分を変える絶好のチャンスとなります。

プライドが高そう

とてもきれいで仕事ができるのに、『なぜか出会いがない』と嘆く女性がいます。

男性から見ると、「きれいだけど、なんかプライドが高そう」「俺なんて眼中にないだろうから、告白するだけ無駄」と勝手に諦めてしまうのです。

なかには、「彼女から人間的に温かさが感じられない」「わがままそう」「こちらの弱みを見せにくい」と勝手に思い込む人がいます。

もし、本当にプライドの高い女性なら仕方ありませんが、勝手に勘違いされて男性から敬遠されてしまうのは残念なこと。

たとえば、笑顔より真顔でいることが多い、用件だけ話して余計な話をしない、いつも忙しそう、着ている服が高そう……などに男性はひるみます。

さらに、高学歴・高収入だったり一流企業に勤めていたりすると、一層プライドが高いように思われて、2人でいてもゆったりなごむ時間が想像でないのです。

こうならないためにも、「ノリやツッコミにはいつでも受けて立ちます!」と言ってみましょう。

笑顔で言うこの一言が、男性を大いに安心させます。

誤解されそうかなと思ったら、自分から先手を打つことです。

男に求める『レベル』が高そう

『有名人や一流企業に勤める友人の話を頻繁にする』『「仕事ができる男が好き」という発言が多い』『要領の悪い男を馬鹿にする傾向がある』『いわゆるエリート出身が好き』『イケメンとしか付き合ったことがなかったり、元彼の容姿や社会的地位が高かったりする』『プライベートの仲間にもてそうな人が多い』以上に当てはまる女性は、男性に求める条件が高いと誤解されてしまいます。

もし、「求めるレベルはそんなに高くないのに」と思っているのなら、今までの行動習慣を少し変えてみましょう。

誰でも話しについていけるような、親しみやすい話題を口にします。

「肩書きを見せびらかせたり、お金があることを自慢したりするような人は苦手なの」と最初に言うのです。

さりげなく、「男性に求めるレベルは高くありません」ということをアピールしましょう。

自分自身が男性からどう見えているかを知りたい場合は、「私が求めるレベルって高い? 低い?」と、男友達や同僚に質問してみましょう。

男性の本音の中に、あなたが与える印象の真実が隠れているでしょう。

友達が少なそう

男性とは難しい性質で、『彼女になって欲しい』女性に友達が多すぎると、「放っておかれるかも」とやきもきするくせに、友達が少ない女性だと「少ないのは人間的魅力に欠けるから? それとも人と上手くやっていけないタイプ?」と想像して不安になってしまいます。

特に社交的なタイプは、『友達が少ない女性』をマイナス評価しがちです。

「自分の交友関係にヤキモチを妬かないか」「大人数で遊びに行った時、みんなと上手くやれるか?」さらに結婚を意識した場合、「家族や親戚と上手くやっていけるだろうか?」と心配になります。

友達が少ない女性には共通点があります。

物腰がぶっきらぼう、または表情に乏しい印象があります。

また、なんでも真に受けてしまう特徴があります。

過去に人付き合いが面倒に思えるような出来事があったもしれませんし、仕事や勉強に打ち込みすぎたために付き合いが少なくなってしまったという人もいます。

また、仕事や学校の空気が閉鎖的で、その雰囲気がいつの間にかうつってしまったパターンもあるようです。

もし、いい恋愛がしたい、彼氏が欲しいと思うなら、まず新しい友達を増やすことから始めましょう。

遠回りに思えるかもしれませんが、気持ちを共感したり、温かい心を感じたりすることが大切です。

友達を作らず、いきなり恋人を作る方が神業といえます。

時には衝突して揉まれながら、友達との良好な関係を築き、人を好きになる自分を体感し、人に好かれる自分に成長しましょう。

自分の友達と上手くやっていけない

付き合う相手には『自分の周りの人と上手くやって欲しい』と思っています。

同性の友達や家族、親戚などと打ち解けて話をしている姿を見るとホッとするものです。

「彼女なら、俺や友達と家族ともずっと仲良くやっていけるかもしれない」と、未来の姿を思い描くかもしれません。

逆に、自分の周りの人と仲良くなれなかったことが原因で別れるカップルもいます。

「自分の友達と受け解けられない人が、家族や親戚と打ち解けられるわけがない。それに一緒に楽しめないのはすごくつまらない」と、男性は考えます。

もちろん、初対面の人と話をするのが苦手な人も多いでしょう。

けれど、彼が一生懸命気を使っているのに、笑顔の1つも返さず、逆に困らせるようでは大人の女性とはいえません。

基本的には、彼の友達は受け入れましょう。

社交的な振る舞いができるほど、恋愛は有利になります。

男性にとって、友達も恋人も大切な存在です。

両者が仲良くなってくれるのは非常に嬉しいことなのです。

すぐ怒りそう

普段から怒ったり文句ばっかり言っている人は、眉間にシワが寄っていたり、眉毛がへの字になったいたりするもの。

そういう部分を男性は意外と見抜いてきます。

「彼の前ではにこやかに……」と取り繕っても、思わぬところでボロが出ます。

特に『語尾』から「この人は攻撃的だ」と察知するのです。

たとえば、周囲の人間関係のトラブルについて話をしている時、「それってムカつくよね」「そんなの、うまくいくわけない」「ざまあみろだわ」「私の知ったことじゃないわ」などと強い口調で言い、顔全体に『怒気』が現れています。

「出会って日も浅いのに、こんなに『怒りグセ』が現れるのだから、付き合ったら大変なことになる」と、警戒するのは当然です。

また、はっきりものを言った直後も「自分の意見を言えるのはいいけど、ケンカ腰過ぎるのはよくないよな」と感じさせてしまいます。

これまで自分のことを『怒りっぽい』と思い込んできた人は少し注意が必要です。

普段の口癖や声のトーンを、少し緩やかにしてみましょう。

まず深呼吸して、ゆっくり会話する習慣を付けましょう。

それだけで落ち着いた、話がしやすい女性に変わっていきます。

魅力がちょっと足りない

男性が女性に求める『セクシーさ』とはどんなものでしょうか?

恋愛に必要なセクシーさとは、テレビで見るような妖艶なエロスではありません。

そこはかとなく感じる『女っぽさ』のことです。

もちろん、美しいファッション、メイク、ボディライン、ヘアスタイルもセクシーさには不可欠ですが、それより強力なのが、さりげなく表われるしなやかな所作です。

露出度が高い服を着ているわけでもなければ、挑発しているようなわけでもない、歌舞伎の女形のような立ち振る舞いにこそ、『女らしさ』『女性の色気』を感じるのです。

その所作は、いつも素敵な男性から見られていることを意識することによって身に付きます。

相手から見て『美しい立ち振る舞い』を自分でイメージして動くと、その意識がいつの間にか無意識でできるようになった時、女性は『品のあるセクシーさ』を身に付けるのです。

女性が本来持っている魅力を引き出して、もっと輝けば、恋はもっと上手くいくはずです。

「そういうのは自分の性に合わない」「男に媚びているようで嫌」と思う人もいるでしょう。

しかし、男性はセクシーさが足りない女性を見ると、「恋人とは見られない」と心の中で除外してしまいます。

女性が不潔そうな人や頼りない人を「この男は恋人にはできない」と心の中で判断するのと同じです。

目に見える努力をした分だけ、セクシーさは確実に身に付きます。

大切なのは品のあるセクシーさ。

それが恋愛のチャンスを高めるのです。

かわいらしい部分が見つからない

『かわいらしさ』といっても、子どもや赤ちゃん、ペットに対して感じるものではなく、『可愛げ』のことです。

女性でも男性に対して、「彼は年上だけど、時々子どもみたいなところがかわいい」とか思うように、男性も女性が楽しそうにはしゃいだり、感情を高揚させて楽しく会話したりする瞬間を『かわいい』と感じます。

つまり『無邪気』なところに惹かれるのです。

普段は大人でクールなのに、時折見せる表情にふと抜けたところが見えるというギャップに弱いのです。

では、どのような時に無邪気に見えるのでしょう。

それは自分のすごく好きなものや人を想像し、それについて身振り手振りを交えながら一生懸命話す時です。

できるだけ「好き」「素晴らしい」「感動する」などを使いましょう。

これらの言葉を発するうちに、あなたの表情は実に嬉しそうになり、気分も高まっていくはずです。

縛られそう。問い詰められそう

過去の恋愛で、彼氏を束縛したことがありますか?

もしくは束縛する方だと思いますか?

男性は束縛されたくない生き物です。

なので、「この女性と付き合うと、何かと詮索されそう」という雰囲気を感じると、途端に逃げたくなるのです。

なぜ女性は束縛したがるかというと、1つは心配性であることが考えられます。

なかなか相手を信じ切れない、離れていることに対する不安が人より強く感じるようです。

育った環境や裏切られた経験が原因でトラウマになっていることもあります。

もう1つは、相手に不安になるような言動をされたことが原因と考えられます。

新しい恋に向き合う時、そのクセは一度リセットしましょう。

「男はみんな信じられない」と思っているとしたら、まずその思い込みを捨てること。

「束縛しないと気が済まない」というオーラを漂わせてはいけません。

過去の恋愛の話になり、「なぜ別れたの?」と聞かれ、「毎日電話をくれないと嫌だから」「仕事で忙しいという言い訳は許さない」「女友達とは一切の縁を切って欲しい」「やましくないなら、携帯を見られても問題ないはず」などと口走っていませんか?

これらの言葉を聞くと、男性は「付き合ったら大変そう」あるいは「とてもじゃないが俺は付き合えきれない」と感じてしまいます。

過去の恋愛、特に別れた原因を話す時は十分気をつけましょう。

笑顔を見たことがほとんどない

女性を笑わせるのは、男性にとって大きな喜びであり、生き甲斐です。

会話しながら笑ってもらえると、手応えを感じることが多いようです。

なので笑顔が全くない、笑おうともしない女性を見ると不安になります。

感情移入せずに人と接することは、ある意味社会生活では必要でしょう。

しかし、プライベートまでそれを通すのは考えものです。

「いつもニコニコ笑っているキャラじゃないし」「別に楽しくないのに、笑えない」と思うかもしれませんが、男性に『笑顔がない人』『笑顔がぎこちない』と思われるのは、恋には圧倒的不利になります。

たとえば、男性が声をかけたいと思った時、むすっとした女性と楽しそうに笑っている女性だったら、後者の女性でしょう。

笑った顔には人を引き寄せる力があります。

無理に笑う必要はありませんが、もっと心を自由にして、楽しいことには敏感に反応するようにしたら、自然と笑顔になっていくはずです。

お腹の底から話をして、心から笑い合える友達と話す時間を持つよう心がけましょう。

そして何か『楽しい』と思えることを見つけましょう。

それらに打ち込むことで自然に笑顔が浮かんでくるはず。

柔らかな笑顔を見た男性は、「もっと一緒にいたい」と思うはずです。

仕事はできそうだけど、怖い

キャリアがあって、見た目も悪くないのに、なぜか近寄りがたい雰囲気を漂わせ、一定の距離までしか男性を近づけない女性がいます。

このタイプは、どこか命令口調だったり、なんでも効率で考え、無駄が嫌いだったり、遊びを楽しむ『余裕』がなかったりという特徴があるようです。

仕事で才能を発揮するのはいいですが、プライベートでもその調子だと、恋愛には不利です。

「やっぱり仕事ができる男がいいわ」「ただ笑っているだけの女って、頭が悪そう」などと言い出したら要注意。

もちろん、仕事でがんばっている女性のことを男性は好ましく思います。

けれど、プライベートでも仕事の緊張感や威圧感を漂わせるのはタブーです。

そうならないよう、オン・オフの切り替えをしっかり行いましょう。

まず、プライベートでは声を1トーン高くし、仕事の時よりも少しゆっくり食ましてみましょう。

あなたの、どこかゴツゴツと角張った雰囲気が取り除かれると、今度は男性が男性らしい言動をするようになります。

最初は「照れくさい」と思うかもしれませんが、一度『女らしい』言動が上手くいくと、次からは同じような言葉の使い方になってくるはずです。

そこからあなたの魅力がみるみる輝き出します。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です